在職していた会社で反りが合わない上司に頭を抱え、結・・

在職していた会社で嫌な感じの上司の存在に嫌な気分にさせられ、…

初めて働いた会社で嫌な感じの上司に悩みを抱え、その結果我慢することができなくなり退職し、同じ畑の別の企業に転職をしました。転職先の会社では上との関係も良好で仕事ができとても満足のいく毎日でしたが、少しずつ会社の財務が悪化し、最後にはある会社に経営統合されることとなりました。偶然にも経営統合の相手はなんと前いた会社で、それどころか転職のきっかけとなった上司がまた私の上司となることに。いったいこれはどれほどご縁があるのでしょうか。当たり前ですが新たな転職活動を開始するつもりです。

現在の仕事に不満があり、転職サイトで自らにぴった…

今あなたが、「転職サイト」を利用して自身が新たなチャレンジのできる魅力的な仕事を探しているのなら、転職エージェントは絶対活用したほうがいいです。登録は簡単です。エージェントサービスに登録後紹介してくれる仕事というのは、一般的に公開されていないからです。誰もが見ることのできる求人情報とは異なります。なぜなら、比べようがないほどにたいへん質が高いといえます。そして、あなたに合ったものをピックアップし、調査しながら紹介してくれます。そういうわけで、あなたの希望のあなたの理想に近い業種の求人を教えてもらえる可能性があります。もし仮に同じ求人に行きつくとしても、あなたが自分で最初から調べる手間を考えれば、かなり効率的です。そのうえたいへん確実です。

転職を行う際、インターネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)…

転職するとき、ウェブを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)と呼ばれる業者に頼る方法もありますが、そういった業者に登録してその結果就職先が決まったとしても、失業保険を受け取ることはできないので要注意です。ハローワークを通さずに就職しても給付対象とならないので後々、後悔しないようにしたいものです。他方、ハローワークにより斡旋してもらって就職したのなら、就業のための準備費用として一時金が支給されます。ウェブで集客している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ斡旋の報酬として企業から紹介料をもらうだけで、失業保険などの手続きはしてもらえません。この点について理解していないと、失業中にお金がもらえなくなるため、そうならないように注意しましょう。

今、私は派遣会社に登録して働いています。

このところ私は派遣会社を通じて働いています。ウェブサイトを見ていてなんとなく自分に向いていそうな仕事を見つけ応募したい旨を伝えたところ「そのお仕事はもうすでに別の方で話が進んでいます」と断られ一時的にサイトからも仕事の情報を閲覧できなくなるのですが、その翌日に閲覧すると情報が閲覧可能になっています。ということは結局は私だとよくないのだっていうことですよね。そうであるならばカドが立たない程で正直に言ってくれれば助かるのですが、なかなかそうもいかないでしょうか。そうでなければ存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?

世の中は変化していてスマホを使えばネット上には、今・・

近頃PCやスマホは便利でインターネットのエリアには、いわゆる転職系のサイトが多くて困るくらいいっぱい存在しています。そのいっぱいのサイトから自分自身が欲している転職先を見つけたいなら、とりあえず情報を集めることから始めましょう。こんなサイトを上手く利用することで効率的かつ満足度の高い転職を叶えられます。最新情報が満載で、頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される「転職サイト」もありますが、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。はじめは、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますから類似サイトと比較しながらしっかり確かめてみましょう。

最初に転職を行うのであれば、注意すべきことはどうして現在の仕事を去るのか…

初めて転職する場合、注意すべきことはどうして今の仕事を辞めなければいけないのかをはっきりしておくことだと考えられます。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておくべきでしょう。問題改善が見込める会社を決めていきましょう。既卒者の転職活動は、大学等での就職活動とは違い、現在の仕事を続けながら就職活動を続けるので、時間・体力に余裕がないと難航します。したがって明確な理由がないまま転職活動をすれば、途中で行き詰まってしまう場合があります。「どうしても転職したい!」「現状を変えたい!」という強固な情熱がないのであれば、転職活動にゴーサインを出すことはやめておくことをおすすめします。

あたらしい職場で自身のこれまでのスキルが生かせれ・・

新たな職場でこれまでに培われてきたキャリア・スキルを生かせたら、即戦力として周囲から評価されて、割と早く仕事場で存在感を得られるでしょう。雇い主としても即戦力となる人材は常に欲しがるので、時期さえあえば、うまく事が運びやすいといえます。更にかつての仕事内容と同じ内容であれば転職自体はすんなりいくはずです。但し、そこそこ能力があるといっても大手企業の事務職系や公務員(国家・地方ともに)の募集については、いつの世になっても、中々の難関となることを覚悟しておきましょう。

転社を繰り返さないための打開策が一つだけあります。

転職を度々しないための対策は、とてもシンプルです。スキルアップもそうですが、メンタル面を鍛えると、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。現在は、インターネットを使って精神面を鍛えるのには良い情報はいつでも知ることができます。また、意外と思われるかもしれませんが、転職とは違う行動をすることもメンタル面を強化することができます。たとえば「海外に行くこと」です。海外旅行に行くと、言葉も文化も日本のそれとは全く異なるので、とにかく刺激が山ほどあるのです。ですから、帰国してからも心境の変化が生じるはずです。日本に戻ってくると、自分のこれまでの視野の狭さに驚き、「世間の小ささ」というものを思い知らされることになります。その気持ちを携え、面接に向かうと、自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。ただし、退職間もないあいだは、精神的に弱っている人が多いので適度に休んで、回復したあとで行動するようにしましょう。

在職中には、できるだけ周囲が気づかないように、(私のと…

就労中はできれば同僚に悟られないよう、(自身の例ですが)在職中に転職したいという意思表示だけを活動初期の段階で周りの人間に知らせたことがありました。が、その後に求人情報を散々あれこれ見ていったものの、結局転職先も仕事を変えるタイミングさえも何も煮詰まっていないままダラダラと時間だけが経過してしまいました。挙句の果てにはその一方、会社の方も業務の引き継ぎ予定や手続き、私の退職日などが続々と確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、就職先を見付ける」という、お粗末な展開を迎えました。予定は噛み合うこともなく、失職期間を経たあと、次の就職先を探すハメになりました。

先日転職のために人材紹介会社に登録に行きました。

数日前新しい仕事先を探すために人材バンクへ登録をしに行きました。そこで登録するときのカウンセリングの際に現れた担当者がどうも会社に入って間もない社員のようで、私の説明の2分の1もわかっていない感じでした。それでいて「キャリアデザインがまだまだですね」とか「きちんと自分の強みを明確化する必要性があります」等、知ったかぶりに横柄に言い散らかすので非常にイラつきました。カウンセラーはいくらか能力のある人にするべきだと思います。

転職活動にあたってそれなりに準備をしなくてはなりません。

転職活動を進めるには、それなりの準備はやらなくてはいけません。一言で準備といってもたくさんありますが、とりわけ「服装」を気にしている人は多いはずです。ただ、昨今の、採用面接では形式ばらない服装がOKな会社があるので、ビジネススーツで面接に臨まなくても良いケースもあります。とくに会社の創設して間もない企業などは、厳格なルールもないことが多く、スーツでいかないほうが相手先に良い印象をあたえます。また、正装ではないので、ざっくばらんに話ができるメリットも。そうして、私服だと時には面接時に服装について、話が広がることもありますから、もしかしたら担当者と仲良くなれる期待ができます。というワケで、これから転職にトライするなら「創業年数」をチェックしてみて、(ベンチャー系企業相手の)面接時には正装はせずに私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

クールビズの格好で転職の面接場に出向く際には、さすがにジャケットまで・・

クールビズ(軽装)のスタイルで再就職の面接に行く際には、いくらなんでもジャケットは着用しなくても良いと間違いなく言い切ることができるわけです。ですが、ネクタイに関してはつけて行った方が好印象を与えてくれます。ネクタイもジャケットと一緒でなくてもOKだと認めている企業もあるとは思います。ですが、ことネクタイにおいては例えクールビズが推奨されていても着用するべきだと考えている会社がいくつか存在します。なので、例えクールビズが指定されていてもネクタイを必ず着用してから面接に行った方が安心だということはお知らせしておきます。

もしもあなたが転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Iターン」において…

もしあなたが再就職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において大都会から地方に移住しつつ、転職したいと興味を持っている人も、実践している人も増えています。一昔前とは違い転職サイトを見れば、郊外や地方の求人もいつでもアクセスできます。けれども、地方での求人情報では、どうしても都市部よりも少ないのが欠点といえます。なので、求人情報サイトを使用するのは当たり前ですが、求人情報サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」などのサイトもまめに確認してみてください。そうした機関の就業サポートの関連情報も注視しておきましょう。

転職活動中の面接では、よく思い違いがあるのですが採用をされたいあまり過…

転職時の会社の面接に関して、多数の人が考え違いをしているのですが採用を勝ち取りたいあまりあからさまな猫かぶりをすることです。すると正直なところ逆効果です。そうなる前に思い切って面接時は、「給与」といったような、普通であればちょっと聞きにくいことも思い切って聞いた方が絶対に自分のためになります。信じがたいかもしれませんが、「そんな無神経なそういった内容を無神経に尋ねたら、選考結果に良い結果が期待できないのではないか」と気にする人もいるかもしれませんが、しかしながら、意外なことに、良い結果をもたらすことは結果的には少なくないようです。この手の「お金」や「労働環境」に関連する内容は、仕事をするとなれば、多くの人が知りたい内容なはずです。その反面、多くの人が気を遣ってなかなか聞きづらいのも事実です。けれど、あえて踏み込んでおいたほうが、「こいつは他と違う」ということで格好の自己アピールとなるのです。

失業保険の給付は、職探しをしていることを理解してもらわなければいけません。

失業保険を毎月、給付してもらうには、職を見つけようとしていることを理解してもらわなければいけません。とはいっても、現実的には「会社に行かなくてもいいし、少しの間でもゆっくりしたい」と考えるのが正直なところでしょう。しっかり職を探しているように見せかける方法があるので紹介します。毎月の「ハローワーク」での面談は言うまでもなく必要ですが、その場にて、求人票を見ることは最低限やっておく必要があります。本気で探す気持ちがないときは、「求人票」を軽く見て、ハローワークスタッフとの面談のときに、「労働条件のいい仕事や自分がやっていけそうな仕事が残念ながら無かった」と、相手に告げて、次の機会を探すという方法もあります。

就職活動をする場合に注意すべき求人内容は、そこまできつそうな仕事内容ではないのに給料が高く、…

就職活動をする場合に特に注意したほうがよい求人内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高めで、拘束される時間が長めというものです。こういった求人内容の場合、給料に『みなし残業代』を含んでいるケースが多々見受けられるます。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので30時間・45時間という風に(時間は例えです)求人の記載内容に時間が併記してあります。毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、事前に給料に残業代を組み込むというシステムになります。(ちなみに、これは違法ではありません)もし求人に『みなし残業代25時間込』という記載は「記載時間分の残業代も含めてこれだけの給料になります」という意味になるわけです。でも、悪質な求人には『みなし』を表記していないこともあるので気をつけておきましょう。