転職候補に挙がっている会社で見学などがあるとかなり参考になります。

転職しようと考えている会社で見学などがあれば、良い勉強になります。

  • 転職したい会社での見学に参加するとすごく勉強になります。会社見学できる会社の中でもとくに、技術を必要とされる業種なら、スキルを間近で見られるのでワクワクします。が、「職人」がいる会社見学は、見学者には高確率で、いつも通りの働き方を見せてはくれないものです。もっとも顕著なのは、ずばり、ブルーワーカーなどの業種です。この業種では、癖の強い人が多いので実際に入社しないと、本当の働き方が出ません。ですから、仕事=見学で知った内容と考えないことがたいへん重要なのです。それに加えて、見学の時に仕事体験させてくれる会社はとても危険ですから言語道断といえます。入社していない人には何かあっても、それに対する保証がないため、仕事体験ができる、と言われても丁寧に断るのが無難です。

  • 転職をする際に閲覧する募集要項は、目安として書いてある、とい…

  • 仕事を探している際に閲覧する募集要項の情報というのは、目安として書かれている、という確率もあり得ます。ですから、載っている内容はすべて正しいことだとは迂闊に信頼しないほうが良いでしょう。その中でも特に生活に大きくかかわってくる報酬面に関しては、一般的なのか?最低金額であるのか?最高額の給料なのか?という見極めができる転職者は少なく、自分で適当に判断してしまうと、悔いが残ることになりかねません。という訳で、嫌な思いをしないために、募集要項に関しては、参考程度に考えて、そのような重要な内容は会社に直接確認を取ってみた方が好ましいでしょう。

  • 転職をする際は、予め、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を見たりし・・

  • 転職活動を始めるとき、あらかじめ、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはウェブ上の求人情報を閲覧したりしてその会社のことを調査するのですが、とはいっても、その会社がサイトや求人票に情報を出す際は、コンサルタントからアドバイスを受けている場合が少なくありません。コンサルタントは、会社にマイナスになる情報を隠す傾向があります。仮に公表したとしても差しさわりのない表現をします。そのような類の社員の声や社長のインタビューについては、それをすべて事実だと捉えるのではなく、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。言葉を額面通りに受け止めてしまうと、「聞いていた話とまったく違う・・・」と後々、後悔するおそれがあります。たちの悪い会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後は言いがかりをつけて辞めさせないようにするかを考えている。この種のブラック企業には注意が必要です。

  • 友人や知人からの紹介によって転職する先を探す人もいるでしょう。

  • 知人からの紹介によって転職先を見つけている最中の人もいるでしょう。…が、転職の先の労働環境やそれから労働条件といったポイントを知っている人からの口コミだけを判断してしまうと後々面倒なことになるおそれがあります。そういうわけはそういう口コミ情報は主観が入ってしまうからです。つまり友人にとって、ベストな職場環境だとしても、あなたの価値観に照らし合わせたときには、イマイチな環境なのかもしれません。またその逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミだけに頼らずに、自分自身の決断を信じるしかありません。

  • 長年にわたって接客業で勤務していたのですが、年齢を重ねると…

  • ずっと接客関係で務めていたのですが、年齢を重ねると共に立ったままの仕事は体力的にハードなため、事務系のお仕事への転職を目標にして活動をしました。事務未経験だとけっこう厳しくて、だから接客の要素もある受付兼医療事務をしようと思い資格も合格して個人の医院に転職しました。周りはベテランである先輩パートさんばかりで人間関係も難しい。夜間のシフトばかり押し付けられ、接客業で働いていた頃よりも家に帰る時間が遅くなってしまいましたが、最初の頃はキャリアを作る時期だと諦めて頑張ります。

  • 再就職時の面接で高確率で質問されるのが前の職を辞職…

  • 転職する場合の面接で絶対に尋ねられるのは職場を辞めた原因ですが、この質問になった場合には話の内容を辞めた会社のことにしない方が安全です。退職理由を的に絞り話が進むと絶対に悪い印象を与える要素を取り込んだ話題になってしまうので。どのように話せばいいかと言えば、どうして以前働いていた会社を辞めたのかという事をこちらの会社になにがなんでも入社したかった理由があるという話題に向けていくということで、自分が入りたい会社に内容を傾けていきましょう。自分が行きたい会社の話になるのでマイナス面を消し好印象の退職理由に聞こえます。

  • 転職をするための活動を成功させるには、まず常に心のうち…

  • 転職をするための活動を行う際は、まず必ず自分の内心が慌てないことを大切にしましょう。まだ辞めないで転職活動される場合は、それほどにはそうでもありませんが、退職したら行う場合、心が焦りがちになってしまいます。なので、冷静に転職活動を続けるのを忘れてはなりません。将来、あなた自身でしてみたい仕事や、理想とする職場の雰囲気を明瞭にしてみましょう。そのイメージを実際の職場とのそれらが合致してるか、落ち着いてしっかりと考えてみてください。そうすることで、良い転職先が容易に見つかるはずです。

  • 転職の際、「派遣社員」を選択予定の方にチェックしていただきた…

  • 転職する場合、「派遣社員」を選択予定の方にぜひ注意して欲しいことが数点あります。まずはじめに派遣社員に対して、「電話対応」「お茶出し」「その他雑用」のような業務内容を想像する方が少なくないとは思います。はじめは私自身もまさにそう思っていました。現在働いている職場に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募したときに「担当してもらう業務は電話対応になります」と派遣会社から伝えてもらっていました。ところが、いざ業務に掛かると、「電話対応」とともに、退職した正社員の業務の穴埋め役となるよう、頼まれました。いつも毎回振り回されますし、当初の説明とは異なる内容ばかりなのでとても困惑しています。今は、ひたすら「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

  • 現代では、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件違反などが厳しく取り締まられたり…

  • 近時は、ブラック企業がメディアで取り上げられたりして、労働条件に関する取り締まりが強くなったり、悪質な経営をしていると社名を公表されたりと、厳罰を処する流れにありますが、まだまだ完璧ではないのが現状です。したがって、面接で見破る必要があります。とりあえず、求人票等に書かれている労働条件を覚えておき、ひとつひとつの項目について、堂々と質問してみることです。ブラック企業であれば、記載情報に「ウソ」だったら返答が曖昧になります。その場では答えられないなどはぐらかされるはずです。とりわけ給与や残業や休日に対しては、質問を続けていく中で、渋い表情を見せることが多いです。それでも質問を止めずにいると、ふてくされたかのような態度を見せるので、そこで相手のウソを確信できます。このような会社は、嘘をつく体質であると考えられるので、「何か引っかかる」と思ったなら、それ以上関係を持たないことが無難だと思います。

  • 安定的な暮らしを願い正規社員として働こうと思っている・・

  • より安定した人生を手に入れるべく正規の社員として働こうと考えている人はかなりいらっしゃる、というのが現実です。だが、いくら頑張っても正社員としての転身が現実化しない可能性もあります。非正社員の求人情報が目につくのに正社員の求人以外はスルーしてエントリーしない人も少なくないでしょう。仮に、中々正社員としての転職が難しいのなら、非正規雇用者の求人募集も選択肢に加えてみましょう。契約社員を募集している会社であっても、会社に貢献する度合いが高ければ、2,3年で正規雇用へのキャリアアップを狙えることもあるんです。ですので採用面接時に、こういった可能性を尋ねておけば、今後の役に立ちます。

  • 自分の得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている人は気をつけた方が良いです。

  • 自分の大好きな分野の仕事に就きたいと思っている人は気をつけた方が良いです。これは、私が経験したことなのですが、私は、もともと食べることが本当に大好きだったのですが、それが理由で、以前は、飲食の世界で仕事をしていた時期があります。そのお店での仕事内容は、そのレストランで私が担当していた業務内容は、シンプルな盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容に関しては、嫌なこともありませんでしたし楽しんで働いていたのですが、人間関係で嫌になってしまいました。ということが引き金となって仕事をやめたのですが、その影響で、好きだった食べることやそのレストランでメニューとして扱っていた食べ物すら嫌になってしまい、似たような飲食店はしばらく経った今も行けません。当時の店のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。この仕事に就いたばかりの頃は、好きだったことがキライになるとは思いませんでした。自分の得意なことや好きなことを仕事にしたいと夢をみるのは本当に素敵だとは思います。しかし、あなたの「好き」のレベルはどの程度のものなのか、じっくり自分自身に問いただした上で行動するべきです。

  • 働く中で精神的な負担がかなり増え、職場を変えなくてはいけない状況になったのなら、…

  • 仕事をするにあたり、精神的に苦痛を感じてしまい、転職を考えざるを得ない状況にまで悪化したなら、会社と相談ではなく自身の家族と話し合い、退職するか判断しておいた方が良いでしょう。それは、働くのは自身のためでもありますが、同時に家族の問題でもあるのです。毎月、納得のいく高い給料を得たからといって、精神的ダメージを負ってしまうまで無理して働くのは良い状況とはいえません。今の時代は、働きやすいことを大事にしていっても良いはずです。ですから気に病むことなく、あなたの家族とともに、あなた自らの心と体の健康を考えていきましょう。

  • ここ最近は、株・不動産投資といった、不労所得を得たり・・

  • ここ最近は、株・不動産投資といった、不労所得を得たり、起業で頑張っている人も増えています。そのような世の中の変化もあり、「起業することは怖い」というわけではなくなってきているようです。1960年代ごろの高度経済成長を遂げている最中には、将来的に不安定な個人事業で生きるよりも組織の一員として働くほうが将来が安定していて、人生の花形として、またそれが自然のことのように広く世の中に浸透していました。しかし、そんな時代は終わり、今は、「成熟期」という風にも表現します。機械化、自動化が進んで多くの仕事で人の手を必要としなくなる時代がやってくる、とも言われています。

  • 派遣会社に登録して働いている人が近時は増加する傾向にあります。

  • 派遣会社に会員登録して仕事をする人が最近では多くなってきています。派遣社員として働く予定があるなら、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、そのうちの何割が自分に入るのかを可能な限り面接の際に質問しましょう。派遣業は、労働力を欲する企業に人材を派遣し、その見返りに、手数料をもらうシステムで運営していますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしている場合がほとんどです。5割以上が労働者に支払われていればまだいい会社なのですが、中には開示すらしない派遣会社も少なくなく、悪い派遣業者では、2割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにすることもあり得ます。面接時、丁寧に返答してくれない派遣業者は、いろいろ不都合なことは隠す体質であることが多いので、なるたけ違う派遣業者を利用されることを推奨します。

  • 転職活動をスタートするときに、とにかく今の会社を退職して・・

  • 転職を考え始めたときに、会社を辞めてからという考えを持っている人もいるようですが、そうならばボーナスの支給日について確かめておきましょう。社員にボーナスを支給する企業はたくさんありますけど、社員にボーナスが出る場合には、ボーナスをゲットできる日が近づいているのであれば、ボーナスが支給された後で辞める意向を伝えるという考えも悪くないです。ボーナスは結構たくさん入るので、もらわないのはもったいないとも明らかなわけですから、退職をする際にはボーナスの時期を知っておくほうが良いです。

  • もっと良い会社につきたいと転職をする活動をする場・・

  • 今と違った会社がいいと転職希望者の大半は、「一刻も早く採用通知がものにしたい」と思っているものです。ですが、そういう気持ちで通知を欲しいばかりに、自分の能力について、嘘の申告をしたり、あるいはその反対に自分を過小評価するかのようなことは、ぜったいに避けましょう。そうではなくて、焦る気持ちをグッとおしころして、落ちついて自分にピッタリな職場を探すことに意識を向けましょう。これまでの経歴を生かしつつ、加えて、今後のキャリアアップが見込める職場を賢く選択してみましょう。