転職する時に行われる面接のときにする腕時計に関しては…

再就職の面接のときに着用していく腕時計の事についてです…

転職する時に行われる面接を受ける時につけていく腕時計の事ですが、目を惹くタイプの腕時計はつけないほうが好ましいです。この場合の、目立つ意味は見るからに高価なものだったり、それとは真逆でチープなものの印象を与えるとか、そういう両極端な意味で目を惹く、ということで理解しておいてください。面接のときにつけていく腕時計においてもポジション的にはネクタイやスーツと同様にとらえふさわしいものをチョイスするほうが良い印象を与えてくれます。けれども、自身の年齢にあったものというのもとても肝心であって、新卒で受けた面接のときに用意した腕時計よりはわずかでも値段が高い腕時計にした方が好ましいということは言えます。

転職の間は、つい時間が有り余っている分、緊張感のない、だれた生活になりやすいですよね。

転職期間中は、どうしても、時間に余裕があるため、気が緩んでしまい、緊張感のない、ダラケタ生活になってしまいます。しかしながら、そんな風な生活をしないことがお勧めです。というのは、緊張感のない、だれた生活を続けると、「メンタル面」も不健全な状態になるからです。気づけば、仕事をしようとする意欲がなくなり、お金が回らなくなって困ることにもなるでしょう。このように、仕事も生活も悪いほうに進んでしまい、転職先を見付けることが困難になってしまいます。次の仕事を決められなくなるのは、給料を最優先に考えてしまうからです。もらえるお金を第一に転職先を探すことになるとやりがいを求めて転職しようと思っていたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。というワケで、お金に縛られない生活をするためにも、だらけきった生活は、(転職活動中には)不必要です。

最近、インターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社も増加しています。

今日はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティングの専門業者もたくさんあります。特許を取ったことのある人は、連絡を受ける可能性が高くなります。彼らは、特許申請をした人、研究開発で論文を提出した実績のある人や、メディアで話題になった人など、何らかのインパクトを残した人を対象に、電話やメールを用いてコンタクトを取り、ヘッドハンティング用のネタにしています。仮に、あなたがヘッドハンティングと思しき誘いを受けた場合は、そうなったきっかけを考えてみてください。ときとして、ヘッドハンティングと称して、登録料を請求する業者もあるらしいですが、そのような会社は高い確率で詐欺ですから騙されてはいけません。報酬は登録している会社が払うので転職希望者がお金を出すことはまずありません。

数年前の求人誌では、雇いたい人の「性別」まで当然のように記載されていました。

今までは求人誌では、雇用主が必要とする人材の「性別」まできちんと明記されていました。けれども1985年に男女雇用機会均等法ができたことによって、採用において、男女の差別がしてはいけない事が決まり、募集要項の詳細に「性別」が記載されなくなりました。とはいえ、募集を出す企業側としては、実際はどちらが希望と言う想いがあるはずです。そのため、実際は男性希望の会社に募集に女性がやってきたり、女性が必要な案件に男性が応募してきたり、といったトラブルもひとごとではないのです。もし、「女性が活躍できる職場です」の記載がある場合、希望しているのは女性だと解釈しておいた方が良いといえます。

就職活動において、年収は極めて重要なポイントです。

転職活動の中の話題に上がるのが年収です。面接の際、大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。本当にもらっている年収よりも多めに申告し、多額の年収を獲得しようと試みても、無駄でしょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要なため、たとえ一時的に騙せたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、遅かれ早かれウソはバレてしまうからです。最悪の場合、トラブルに発展することもあるので、現在の会社での年収を正直に伝え、それに釣り合った希望年収を設定するのが一番良いです。ちなみに、年収300万の人が転職後にいきなり500万円になる可能性はほとんど場合ありえません。もし、現在が430万円の年収であれば、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくことをおすすめします。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなり、入社できたのを退職しなければならないという事態になることを招きかねません。

転職先を探している間は、自分の好きなことに打ち込んだり、…

転職期間中は、「趣味」に没頭することに加え、体力の低下を招かないようにしておくと良いでしょう。いざ仕事を再始動したとき、趣味に夢中になっていたことで気付かない間に集中する力がアップします。加えて、体力アップが図れていることで、一緒に働く人たちと比べると疲れない体になっているということを認識することができます。ということで、退職してからの生活は、興味のあることに没頭することと、体力アップをしておくことをしておくのがおすすめです。再就職先が決まり、その会社であなたと共通の趣味の方と出会えれば、会話が盛り上がるので、これまでやってみたかった物事に挑戦してみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。

ほんの2,3ヶ月まえに、転職したばかりというのに、わずかしかたっていない・・

ほんの2ヶ月まえに、転職したばかりであるにもかかわらず、わずかしかたっていないのに退職届を提出する人が思いの外少なくないのです。何故かと考えてみると私の考えではリフレッシュな気持ちで仕事環境を見つけたというのに、「自分自身の思っていた職場とおかしいと思うほどギャップがあって幻滅した」「会社のルールにどうしても慣れなかった」という理由で別の仕事を探すことが多いようです。可能ならこのような失敗を繰り返さないために、とにかく事前の情報集めをまじめにやっておかなくてはなりません。通勤時間、給与システム、など調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

仮にあなたが、転職の決心を固めたなら、完全に会社の人間・・

もしも、現職からの転業を決意したなら、周囲の人間にはその気持ちを知られないように、首尾よく転職活動を進めていき、転職先が決まっていない間は、可能な限り会社内の人に気づかれないようにいつもどおり仕事をするのがとてもいいです。転職先が決まっていない間、この状態を維持していれば、最悪希望に知った転職先を容易に見つからなくても、転身を延長しながら、今の職を続けることも何も問題ありません。そうではなくて、うっかり、「転職するつもりでいる」と話してしまうと、周りの人は、それに合わせて対応します。おまけに「辞めるつもりです」と言った場合、周囲には「あの人はもうじき退職する」と広まります。しかし、転職したい思いが消えて、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、同僚たちは、「一度は退職しようとした人」ということで立場が悪くなると感じるリスクが高いです。

求人に関係する情報を見る際、「事務系の仕事をしたい」と思う人ほど、…

求人誌を見る場合、「事務系の仕事をしたい」と思っている人ほどはなから製造業の項目を読み飛ばしていたりするものですが、そういったことをしている人は、「製造業での求人募集は、現場の製造マンだけ募集している」と勘違いしているケースもあります。現に、製造業での求人募集でも、人事、経理、総務といった従業員募集をはじめ、資材、購買、営業管理といった「オフィス系」に準ずる部門もとても多いです。とはいえ、製造業の職場はオフィス街から離れているので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その箇所がマイナスと感じるかもしれません。とはいえ、自身のこだわりを捨ててみることで思いがけないチャンスにつながる可能性があるかもしれないのです。

今から転職活動をしていく人で、次の仕事をする前に期間があるのな・・

今から転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでに期間がある場合は、「失業手当」をもらっておいた方がお得です。あなたが働いている会社側で雇用保険を払っているところであれば、申請をすれば誰しも失業手当を受け取れます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、現在の企業の都合の退職、残業時間の内容次第ですぐに受け取れることもあります。もらえる失業手当の金額は会社の仕事を辞めた月の給料をもとに支給する額を計算されるため、勤めている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

転職活動をする際の最後に残る厄介な難問として、「現職の退職」があげられるのではないでしょうか。

転職活動をする際の最後の難関として、今勤めている会社の退職があります。転職先の会社から採用の内定をゲットしても、現在勤務中の企業が退職を引き留めるというのもよくあることです。そうなってしまった場合、絶対に退職する、という強固な気持ちを維持することが大事といえます。引き留められ、一時的に残ったとしても、一度辞めたいと考えた会社は結局、辞めることとなります。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を作成しておきます。その後、決定権を持つ上司と直接、話し合い、「退職に関しての交渉はご遠慮ください」と遠慮せずに伝えます。円満退社になるよう心掛けるのも就職活動において必要でしょう。

過去に失業保険を受けた経験のない人は、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える…

生まれて初めて失業保険の給付を受けるケースでは、じっとしていれば受け取れると考えている人がとても多いですが、それは誤解です。実際には、もらうためには、職探しを行っていなければならず、月に一回以上はハローワークに行く必要があります。毎月職員と就職活動の状況やきちんと活動をしているかを勘案して、本気で仕事を探していることを理解してもらえれば次の月の給付を受けとることができるという仕組みです。仮に、真剣に仕事を探そうとしていないとみなされたり、月に一度の職員との面談に参加しない場合は、有無を言わさずに給付をストップされたり、ケースによっては以降の給付資格を失うことになるので十分注意しましょう。

これまでは「転職サイト」で職を探すより、いつも「ハローワーク」に相談していました。

かつての私は、「転職サイト」を活用するより、いつも「ハローワーク」で探していました。どうしてかというと、大手の転職サイトはなぜか都心部の求人募集ばかり掲載しているからです。なので、転職時はいつも「ハローワーク」を使っていました。やっぱり、掲載されているいくらか給料などの労働条件も若干見劣りはしますが、昔から地域に根ざした情報が自分に適した職が探しやすくなります。また、「ハローワークってなんだか古臭いイメージがある」と感じている方も多少いるかもしれません。でも、思いがけず理想の企業もあるかもしれないのでもし転職を予定しているのなら、ハローワークに行って相談してみてください。大手転職サイトのように大量のニュースレターが来ることもありません。

転職先を決める際、むろん仕事のやりがいアップも大事だ…

転職を行うならば、当然仕事のやりがいのアップと共にさらに年収のアップも大きなポイントになるから「年収比較サイト」というところに登録していろいろと調査をしています。同一の会社でそして同じ職種、経歴であるにも関わらずずいぶん人によって違いがある場合も多くて、ぶっちゃけて言うと面接で質問したことがあります。面接をした方も同じサイトを見ていたようで「高い収入で書いているのは、書いた人物について予想がついているのですが、多分良いように見せようとしてるんですよ。低い方の収入だと考えておいてください」とのことでした。

転職サイトは、大手が運営しているものであるほど多くの求人情報が掲載されているため、…

転職サイトは大きなサイトであるほど掲載される転職情報がたくさんあるため、感じがよさそうな2つか3つの会社を、ともかくサイトに登録した上で、勤務地・年収などにチェックマークを入れて、次に条件に適合する案件が自動的に通知されるように設定しておくと簡単に転職に関する情報収集を行うことができるようになります。しかしながら、最初は登録するのに幾分か労力を要するので、登録前に履歴書と職務経歴書をきちんと準備し、そのコピー&ペーストをする形で登録すると便利です。初めの登録のときは時間が少し掛かりますし、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、その後は、新着情報だけチェックすれば良いので、最初の準備に手を抜かないことを心がけるのが無難です。

ある古物商の人員募集にて、書類選考をクリアしました。その・・

とある古物商にて、書類審査を通過しました。すぐに面接の日時について相手方から連絡をもらい、ところが、当日、時間通りに指定場所まで行ってみると、行き違いがあったのか相手の面接の準備が全くできていない状況だとわかりました。しばらく待たされたのち、所長らしき人物が面接に応じてくれましたが、最初から最後まで、たいへんにけだるい表情を見せ、淡々と面接を終えました。けれども、予定日を過ぎても結果連絡が一切なく、しびれを切らし、こちらから問い合わせると「郵送で本日送付しました」と告げられました。心待ちにしていたのですが、ですが、これも来ず、そこで改めて電話した結果、驚くことに、「今回は見送らせてもらいました」とそう言われてすぐ、電話が切られてしまいました。呆れすぎて言葉も出ませんでしたが、内心、採用されなくて良かったと思っています。