転職を取り囲む状況は、政治によって左右されつつあります。

政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況について…

  • 最近の転職事情では、政治による影響が出始めています。現在の安倍政権によって、「アベノミクス」や三本の矢で経済政策が複数、展開されています。経済政策に連れ立って日銀の金融政策との相乗効果によって、財界・民間企業ともに今までにない社会的な変化が出つつあります。その変化を受け、民間企業では、若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「働き手が足りないこと」がかなり深刻化しています。なお、「外国人労働者」の総数を増やしていくつもりでいるつもりでいると現政権は語っています。日本国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした社会情勢の変化のなかで、国内の雇用や転職状況にも、大きな影響が出てくるのは仕方のないことだといえます。

    日本には古来より「石の上にも三年」という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。

  • 昔から日本には「石の上にも三年」といわれる諺もありますが、現在、「終身雇用制度」が過去の物となっている現在、定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」は決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。けれども、誰もが簡単に転職できる簡単に仕事を変えようとする行為はとても危険なことです。転職しようと考えるなら、まずは良いタイミングを図る必要があります。その基本として、現在の職場、自分の置かれている立場などについて、不満点を5~10個ほど、箇条書きにしてみましょう。こうした作業をしておくことによって、再就職に役立ちます。そして、未来の展望が拓けたのなら、迅速に、良い職を手に入れられるように取り組むことが大切です。

    転職の際に絶対に必要となってくる履歴書や職務経歴書に関しては・・

  • 転職の際に必ず書く履歴書や職務経歴書は、大体、手書きではなく、パソコンを使って作るのが一般的となっています。現代の日本社会では履歴書や職務経歴書についてはパソコンで書かれたものではなく手書きで作るのが一般常識だと考えられていることもよくありますが、それは新卒に関する就活やアルバイトの時に用意する履歴書であって、実際のところ、転職の際は履歴書は100%パソコンを使ってはいけないと言い切ることはできないのです。手書きの方を高く評価する場合もあるようですが、違う会社がどんどん多くなってきているので、パソコンで作った履歴書でもOKな場合は意外にもかなりあるのです。

    シフトの仕事に関する話なのですが、特定の曜日に働ける人を募集している求・・

  • シフトのある仕事についてです。決まった曜日に勤務できる人を募集している求人を頻繁に目にしますが、もしも応募しようと思っているなら休み方やシフトの出し方をあらかじめ聞いておいたほうが良いでしょう。それはなぜかというと、私は以前出産のため抜けた人の代理として正社員として仕事をすることになったのですが、そこでは、「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新人の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。産休に入った前任の女性が「土曜、日曜」に必ず出る人だったので、私自身も同じような人として扱われてしまいました。「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフトを変更してもらわなくてはならず、上の人に「代わりに出ていただけませんか?」と自分で交渉しないといけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日は私だけなんて・・・。思い返してみると腹が立ってきます。

    転職しようと考えている会社での見学に参加するとすごく参考になります。

  • 転職したいと考えている会社で会社見学しておけば、非常に勉強になります。とりわけ、「職人」さんがいる会社では、スキルを近くで見られるため、楽しくもなります。しかし、残念ながら「職人」がいる会社見学は、ほぼ見学者には、実際の働き方を見せないのが特徴です。例えると、ブルーワーカー(肉体労働)などのジャンルです。この業種では、個人のプライドが強いので入社後でなければ、本来の働き方が出ません。そのため、見学内容がそのまま仕事、と考えないことがとても大切です。また、見学の時に仕事体験できる会社は、問題があるので正直言って、言語道断です。雇用契約を結んでない人には仮に何かトラブルが発生しても、保障はありません。担当者から勧められてもやんわりと断るほうが良いでしょう。

    職を変えようとしようとしている時に気にかける募集内容に関して…

  • 転職を考えている際に目を光らせる求人情報に関しては、参考程度に載っている確率も少なくはありません。そのため、記載されている内容は何もかもが正確な情報だとは思わない方が賢明です。中でもとりわけ報酬の額などにおいては、一般的な額なのか?最低限なのか?一番高い給料なのか?というような判断ができないことが多く、自分で勝手に決め込んでしまうと、悔いが残る可能性もあります。それゆえ、そんな風にならないためにも、求人情報に関しては、参考程度に考えて、そういったたいへん重要なことは会社側に直に問い合わせるのが妥当でしょう。

    転職活動の際は、最初に、ネット上の求人サイトを見たりし・・

  • 転職活動を始める場合、まず、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を見たりして転職候補先の会社を調査するでしょう。しかし、当該会社が情報を載せるにあたっては、コンサルタントからアドバイスを受けている可能性が高いです。コンサルタントは、会社の利益にならない情報を隠すプロでもあります。たとえ公開する場合でも曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。その類の会社紹介や社長の意見や社員のインタビュー情報などは、馬鹿正直に信じるのではなく、参考程度に聞いておいた方がいいでしょう。もしも心地よいフレーズを鵜呑みにしてしまったら、予想とは全く違うとあとでガッカリすることになりかねません。悪意ある会社は、素直な人間を取り込み、その後は、イチャモンをつけながら退社させないように謀っています。いわゆるブラック企業に多い例です。

    人からの紹介を通じて転職の先を見つけている最中の人もいるでしょう。

  • 知人からの紹介によって転職先を探す人もいるでしょう。…が、転職した先の労働環境やその他の労働条件といったポイントを知っている人の口コミを判断するのはあまり面倒なことになるかもしれません。というのはそういう口コミというのは客観性に乏しいからです。要するに知人にとって、かなり良い働く場所に映っても、あなたには、イライラするだけの場合だってあるのです。その逆も然りです。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミのみで判断せずに、自分の決断を信じるしかありません。

    長く接客業で仕事をしてきましたが、歳をとるにつれて立ったままで行なわなければいけない仕…

  • 長きにわたって接客関係で勤務してきましたが、年齢を重ねるにつれて立ったままで行なわなければいけない仕事は体力的にハードなため、座り仕事である事務系のお仕事へ転職することを考えて活動しました。事務の経験がないとけっこう厳しく、だから接客の経験が役に立つ受付兼医療事務をしようと資格も取り個人医院に転職することができました。周囲は超ベテランの先輩パートさんばかりで人間関係においても複雑。夜間のシフトばっかり押し付けられて、接客業をしていた時よりも帰宅時間も遅いのですが、最初はキャリアを作る時期だと思って我慢します。

    再就職の面接でほとんど投げかけられる質問が以前勤務していたところを退職し…

  • 転職で面接で決まっているかのように尋ねられることが以前勤務していたところを辞めた理由についてですが、この質問に答える時には辞めた会社にスポットを当てない方が賢明です。辞めるに至った経緯を的にしてしまうとほぼ確実にマイナス面を含んだ話になってしまいますから。どういう風に面接を進めていけば良いかと言うと、前の会社を辞職したのはこの会社にどうしても入りたかった理由があるという話の中身に持っていくべきであり、今面接に来ている会社の方に話の内容をもっていくべきなのです。転職理由でも、面接を行っている会社の話であればマイナス面を隠し積極性を前面に押し出した前職を辞めた理由に聞こえます。

    転職をするための活動を効率的にやっていくには、まず常・・

  • 転職のための活動を行う際は、最初に何よりも内心が静かであることを重要視したいものです。まだ会社を辞めないで転職のための活動をするのであれば、あまり気にしなくても良いとは思いますが、退職の後に行う際は、やはり内心が焦りが出てしまいます。その点を踏まえ、冷静に活動を続けましょう。将来、自身でやってみたい仕事や、理想とする職場のイメージをハッキリさせておきましょう。そのイメージを希望する職場と比較してみて、それらが矛盾していないか、徹底的に見極めてみてください。この手間を掛けることで満足いく転職が実現します。

    転職する場合、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方・・

  • 転職を、「派遣社員」を選択予定の方にぜひチェックしてもらいたい箇所がいくつかあります。一般的に派遣に関しては、電話対応、お茶出しなどの雑務、雑用等をのような仕事内容をなんとなく考える人が多いはずです。実は私自身もそう思ってました。今の会社に入るまでは「派遣社員」の募集に応募したときに「電話対応がメインです」と入社前に説明を受けてもいたので安心しきっていました。ところが、実際に業務に掛かると、まさか「電話対応」とともに、足りない正社員の業務の穴埋め役となるよう、指示されました。的確に動けるわけもなく、当初の説明とは全く違うのでかなりきついです。とりあえず、派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

    最近では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようにな・・

  • 現在、ブラック企業がメディアで取り上げられたりして、労働条件違反の取り締まりがきびしくなったり、悪質な企業は公表されたりと、罰則も強化されていますが、まだ完璧とは言い難い状況です。それゆえ、面接で見破る必要があります。はじめに、求人票などに記載された労働条件をチェックし、それらを使ってあれこれ質問してみましょう。「ブラック企業」と対峙している場合には、質問したことが嘘であった場合、不自然な返答になったり、「その場でははっきり答えられない」と逃げるような姿勢になることが多くあります。とりわけ「休日」「残業」「給与」に関しては、質問してみると、渋い表情を見せることが多いです。それでも食い下がっていくと、ふてくされたような態度を見せはじめるので、ブラック企業だと見破ることができます。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、何か違和感を感じたら、入社は止めるべきです。

    安定的な生活を欲しがって「正社員」として働こうと考えている・・

  • 安定的な生活を希望して正規社員として働くことを意識している人が少なくない、というのが現状です。だが、即戦力として働けるように資格を取得するなどしてかなり頑張っても、中々正社員として雇い入れてもらうことが叶わないケースも少なくはいはずです。非正社員の求人はかなりあるのに正社員の求人以外は気にも留めずエントリーしない人も少なくないでしょう。万一あなたが中々正社員として雇ってもらうのが厳しい場面に遭遇したのなら、派遣社員に応募することも視野に入れてみてください。契約社員の募集を掛けている企業でも、会社に貢献する度合いが高ければ、2,3年で正社員への転身ができることもあるからです。採用面接の際に、「正社員登用」の可能性があるかどうかを聞いておくのも後々の役に立ちます。

    自分自身の好きなことを仕事にしたいという風に思っている方は気をつけた方が良いです。

  • 自分自身の大好き、を仕事にしたいと思っている人は気をつけた方が良いです。これは、私の体験に基づいたことなのですが、私自身、食べることが本当に好きだったのですが、それが高じて飲食の世界で働いていた期間があります。そのお店での仕事内容は、その飲食店で私が担当していた仕事内容は、シンプルな盛り付けやホール業務です。この仕事内容については、不満もありませんでしたし楽しんで仕事ができていました。けれども、人間関係のいざこざにすごく疲れてしまったのです。ということが理由で、仕事をやめることにしたのですが、その結果、あんなに好きだった食べることやそのレストランで提供されていた食べ物すら嫌になり、その系列の飲食店は現在も行くことができません。当時の店の匂いを思い出すだけで辛くなります。仕事に就いた当初、大好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。自分の得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいと夢見るのは本当にステキだと思います。しかし、「好き」のレベルはどの程度のものなのか、改めて問いただした上で行動するべきです。

    職場環境のせいで精神的にまいってしまい職場を変えなくてはいけない状況にまで悪化したなら…

  • 職場環境が原因で回復が難しいほど精神的に苦しくなり、職場を変えなくてはいけなくなってしまった時には、相談するのは会社でなく自身の家族と相談し、会社を辞めるかどうか判断した方が良いです。なぜそのほうが良いのかというと、仕事をするということはあなた自身のためでもありますが、身内の問題でもあります。毎月、納得のいく報酬が良いからといって、心的ダメージを負ってしまうほど、無理しながら仕事をするのは良いとは言えません。今の時代は、金銭的な豊かさよりも、仕事のしやすさを優先する生き方も認められつつあります。あなたの身内とともに、あなた自らの心と体も大切にしましょう。