今の時代は株や不動産投資等の不労所得で生活資金を得た…

この頃では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で生活資金を得たり…

  • 今のご時世では、株式・不動産投資の不労所得、または個人事業や起業を目指す人も増えています。そのような社会的変化もあり、「雇用されて働くこと以外は不安定であぶない」といった考えも過去のものとなりつつあります。高度経済成長の頃には、将来が不安定な自営業者よりも雇用されて働くほうがずっと堅実であり、人が生きていくうえでもっとも正しい道としてまたそれが決まり切ったことであるかのように社会に認識されていました。しかし、そのような社会全体が等しく成長する時代は終わり、現在は、「成熟期」と表現されています。将来は、機械化、自動化が進んで社会においては人手が不要となる時代が到来すると言われています。

  • 派遣会社に登録して働く人が近頃は増えてきています・・

  • 派遣会社を利用して働く人が最近では増えてきていますが、派遣先が派遣会社に支払う時間当たりの報酬がいくらで、そのうちどれだけがあなたに入るのかを可能な限り面接時に質問しておいた方が良いです。派遣業は人材を希望する企業に派遣して、その見返りとして、手数料を徴収するシステムで運営していますが、現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしている場合が少なくありません。5割以上の額を還元しているのであれば、比較的よいのですが、中には開示すらされない派遣業者も多く、悪い派遣業者では、7割も自身の懐に入れ、3割しか労働者に還元しない場合も多くあります。面接の際にきちんと返答しない会社は、不都合な点を隠す体質であることが少なくないので、なるべくその派遣会社で働くことを断念するのが賢明です。

  • 転職活動を行うのに、まず働いている会社の退社手続きを終えてから…

  • 転職を考え始めたときに、まず現在働いている会社を完全に辞めてからという方もいますが、そのような場合今度のボーナスの時期を気にかけておきましょう。社員にボーナスを支給する会社は星の数ほどありますが、社員にボーナスを支給する会社の場合には、ボーナスをもらえる時がもうちょっとならば、ボーナスをもらった後で退職するというやり方も悪くないです。ボーナスは結構大金なので、もらっておかないともったいないとも考えることもできるでしょうから、退職の時には会社がボーナスを支給する時期について確認するのを怠らないようにするのが損をしません。

  • 違った会社につきたいと転職をしようとがんばっている場合…

  • 新しい職場がいいと転職をする活動をする人というのは、「できるだけ早く、内定(採用通知)を手に入れたい」と思ってしまうものです。が、その気持ちが強くて内定通知を欲しいばかり、自身の能力について、嘘の申告をしたり、また対称的に自分を安売りしてしまう言動はできるだけしないようにしましょう。焦る気持ちは抑え、冷静に客観視しつつ、あなたに適した職場を探すことに専念することが重要なのです。これまでの経歴が生きるように、さらには、今後のキャリアアップが実現できる職場を賢く探していきましょう。

  • 転職する際に行われる面接で使う腕時計のことなのです・・

  • 再就職する時に行われる面接で着用する腕時計については、目立つものは避けたほうが最善です。この場合の、目立つは高そうなデザインだったり、それとは真逆で安物の腕時計に見えてしまうとか、そういう意味であって真逆の目を惹く、ということで頭に入れておいてください。面接時の腕時計というのはポジション的にはネクタイやスーツと一緒の考え方で、面接するにふさわしい無難なものをつけて行った方が悪い印象にはなりません。ただ、自分の年齢に適しているということも外せない条件で、新卒で受けた面接のときに準備した腕時計よりは多少なりとも高いものにした方が良いということは言えます。

  • 転職するための期間中は、どうしても、時間に余裕がある分・・

  • 転職を決めるあいだは、知らず知らずのうちに時間が有り余っている分、緊張感がなくなり、ダラダラと過ごしてしまいがちです。・・であったとしても、そんな生活をしないことがお勧めです。不思議なもので、緊張感のない、ダラけた生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、「精神的」も不健全な状態になるからです。気づけば、働く気力がなくなり、お金に困る事態となりかねません。そんな状態になると、仕事も生活も悪いほうに進んでしまい、再就職先がきちんと見つけられなくなります。将来の決断ができないのは、給料を一番に考えてしまうためです。もらえるお金を第一に考えざるを得ない状況ではキャリアアップのために転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。というワケで、お金に縛られない生活を始める為にダラけるような生活は止めておきましょう。

  • 今日はウェブ上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの専門会社をよく見かけるようになりました。

  • 最近はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティング会社も増えてきました。あなたに特許権取得の経験があるなら、連絡が来る可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を取った人のほかに、研究開発で論文を発表した経験がある人や、新聞で紹介された人など、何らかの実績も持つ人に狙いを定めて、電話やメールで連絡を取り、ヘッドハンティング用のネタにしています。仮にあなたが、ヘッドハンティングと思しき勧誘をされたなら、心当たりがないか考えてみましょう。かなりレアなケースでは、ヘッドハンティング名目として、登録料を請求する会社もあるらしいですが、そのような会社は間違いなくイカサマなので、注意しましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者が負担するものではありません。

  • 前の求人情報に募集条件の中に「性別」が、明記されていました。

  • 今までは求人誌では、募集条件の中に「性別」について、書かれているのがほとんどでした。けれども「男女雇用機会均等法」ができたことによって、雇用時、男女差別がないようにしないといけないという決まりになり、応募条件の中身に「性別」が記載されなくなりました。そのような変化があったのですが、募集を出す企業側としては、男性・女性どちらでも等しく採用するとは限らないのです。現実に、男手が希望の会社に女性が応募してきたり、その反対に女性が欲しいのに、男性が応募してきたり、といったトラブルも他人事ではありません。仮に、「女性が活躍できる仕事場です」とアピールする案件では、雇用側が「女性」を必要としている、と認識したほうが良いでしょう。

  • 就職活動において、年収はとても重要な要素です。

  • 転職活動の中の話題に上がるのが年収です。面接では、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。現実の年収を上回る額をもらっていると偽り、高額な年収を獲得しようとしても、無駄でしょう。結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、仮に一度は信じてもらえたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局は虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現在の年収を正確に伝え、それに見合う希望年収額を設定しておくのが無難です。例をあげれば、現在の年収が400万円の人が、急に年収500万になるようなことはほとんど無い、と見ておくべきです。仮に、現在の年収が430万円としたら、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくとよいでしょう。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなって、せっかく入社したのにすぐに退職せざるを得なくなる恐れもあるので、気をつけましょう。

  • 転職期間中は、「趣味」に没頭することに加え、体力を損なわない様にす・・

  • 転職期間中には、自分の好きなことに時間を使うほか、体力を損なわない生活を習慣化しておくと良いです。勤務先が見つかり、いざ仕事を再開した際に、趣味に興じていたことで無意識のうちに集中する力が高められます。また体力アップが図れていることで、その場の社員と比べると疲れない身体になっている、と認識することができます。そのため、退職後は自分が興味のあることに没頭することと、体力アップをしておくことをしておいて損はありません。もしも、その職場であなたと共通の趣味の方と知り合えたのなら、話題に花が咲くので、これまでやってみたかった物事に挑戦してみるのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

  • ほんの3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというの…

  • 数ヶ月ほどまえに、転職をやっとしたというのに、何ヶ月もたっていないのに辞めてしまうことを決断する人がとても多かったりします。何故そうかと考えてみると私の思うところをいうと自分自身に合った職場を手に入れたものの、「自分の期待していた仕事とかなり違っていた」「会社のルールに慣れなかった」といったことで別の仕事を探すみたいです。可能ならばこういった転職における失敗を繰り返さないために、やはり、前もっての情報収集を徹底しなくてはなりません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場独自のルール、通勤時間、など事前にチェックしておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。

  • 例えば、転業の決めたのであれば、あくまで一緒に働く人に・・

  • もし、転職の決意したなら、徹底的に同僚にはひそかにその気持ちを知られないように、首尾よく活動していき、転身先が決まらないうちは、あくまで周囲に気づかれないようにいつもと同じように業務をこなしていくのがもっとも良い形といえます。転職先が決まっていない間、その点を心にとめておけば、仮に働き先がすぐに見付けることができなくても、転身を延ばしつつ、現職にそれまで通りに継続してもできます。そうではなくて、ついうっかり「転職するつもりでいる」と口を滑らせてしまうと、同僚はその言葉に合わせた態度を態度をし出します。おまけに周囲に「辞めるつもりです」と言った場合、会社内では「あの人はもうじき辞める」と広まります。その後で転職したい思いがなくなり、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と釈明しても、会社内の人たちは、「一度は辞めようとした人」ということで在籍しているあいだ、肩身の狭い思いををするおそれもあります。

  • 求人サイトを見る際、事務系の仕事がしたいからと、はなから製造業を見逃してしまっています…

  • 求人に関する情報をチェックする場合、「デスクワークがしたい」という人は、製造業の項目を読み飛ばしていたりするものです。そういった人の多くは「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と早合点していることが少なくありません。現に、製造業での求人であっても製造マンだけでなく経理、総務、人事などのスタッフ募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「事務系」に属する仕事もかなり存在します。しかしながら、製造業の勤め先はビジネス街から外れたエリアにあります。ですから、アフターファイブを楽しみたいと考えている人にはその点がデメリットに映る人もいるかもしれません。ただし、自分のこだわりを捨ててみることで素晴らしい人との出会いによって、将来をより良いものにしてくれる可能性もあるのです。

  • 転職活動を始める際に次の仕事をする前にまだ期間があるのなら・・

  • 年内中に転職予定がある人で、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は、忘れずに失業手当をもらうことをおススメします。失業手当は勤めている所属する会社がきちんと「雇用保険」を支払っているのなら、申請をすれば失業手当を誰でも受け取ることができます。手続きは「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、場合よっては会社都合や残業時間によっては日数をおかず即、受け取ることが出来たりもします。さらに「失業手当」の金額は、辞めた月の近々の給料がもとになって支給する額を算出されるので、働いている会社に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、なるべく「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

  • 転職活動における最後に残る難関として、現在勤務している会社の退職があります。

  • 転職活動をする際の最後に残る厄介な難問として、今勤務している企業からの退職があげられます。転職先の会社を見つけたとしても、現在働いている会社が退職を慰留しようとするはずです。もしそうなってしまったら、障害を乗り越えて退職する、という強い意思を保つことが重要です。仮に会社に残るように説得されて、一時的にとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社は、最終的には辞めることになるでしょう。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届を記入しておきます。それから、決定権を持つ上司と相談し、「退職にあたって、いかなる交渉も受け付けません」と毅然とした態度で伝えましょう。「円満退社」でこれまでのキャリアに別れを告げるのも転職活動において大切な要素となってきます。

  • 生まれて初めて失業保険の給付を受けるときに、給付されるのを待っているだけでいいと考えている人が…

  • 生まれて初めて失業保険の給付を受ける際に、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている人がとても多いですが、それは正しくありません。現実には、きちんと仕事探しを行っていなければならず、加えて、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。毎月職員に就職活動の状況をきちんと説明してきちんと就職活動をしていることを信じてもらえれば翌月、保険が下りる仕組みになっています。また、きちんと就職活動に取り組んでいないと判断されたり、毎月のスタッフとの面談に不参加なときは、有無を言わさずに給付をストップされたり、以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、それを防ぐために十分気を付けましょう。