求人に関係する情報を見る際、「オフィス系の仕事をしたい」と考えている人ほど…

求人を見るとき、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思っている人・・

求人に関係する情報をチェックする場合、デスクワークがしたいからと、製造業をチェックしていなかったりします。そのような人の多くは「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と誤解しているのです。実際に、製造業での求人であっても現場作業者だけでなく、総務・経理と言ったスタッフや購買、営業管理などの「事務系」に分類される役職も相当数あります。ですが、製造業の勤務場所はオフィス街のような環境とは違います。ですから、そういった点が受け入れられないと感じる人もいるでしょう。でも、自身のこだわりを捨ててみることで意外な発見があったり、スキルアップのチャンスがあるかもしれません。

今年中に転職活動をする人のなかで、次の仕事をする前にまだ期間があるのなら、…

近いうちに転職活動をする人のなかで、次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は、忘れずに「失業手当」をもらっておきましょう。この手当ては現在の会社側がきちんと雇用保険を払っているところであれば、手続きをすれば必ず誰でも失業手当を受け取れます。また、手続きに関しては「ハローワーク」で行います。しかし自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、企業の都合での退職や、残業時間によっては、日数をおかずすぐに受け取れる可能性もあります。このとき、受け取れる「失業手当」の額は、会社で最後に受け取った月の近々の給料がもとになって失業手当の金額を計算するので勤めているる会社に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、なるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

転職活動における最後に残る難関として、「今勤務している企業をいかにして辞めるか」という問題があります。

転職活動をする際の最後にクリアしなければいけない問題として、今の会社の退職があります。転職先の会社が決定したとしても、現在働いている会社が、あなたを離したくないと引き留めしてくる可能性があります。そうなった場合、「ゼッタイに退職する」という強い信念を持つことが必要といえます。仮に会社に残るように説得されて、一時的に残ったとしても、一時辞めたいと思った会社は、結局は関係が終わることになります。会社の規定をチェックし、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を用意しましょう。そして、決定権のある上司と談判し、退職を考え直す可能性はありませんと、(毅然とした態度で)伝えましょう。円満退職をすること、これも転職活動において重要なポイントになってきます。

生涯初の失業保険をもらうときに、何もしなくても受け取れると考えている・・

初めて「失業保険」を受けるとき、じっとしていれば受け取れると考えている人が大部分ですが、それは誤解です。実は、失業保険をきちんともらうためには、「就職活動」をしていることが必須で、加えて、月に一回以上はハローワークに行く必要があります。1ヶ月スパンで担当者に求職活動の状況を報告して真摯に仕事を探していると判断されれば翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。その反対に、真剣に仕事を探そうとしていないとみなされたり、月に一度のスタッフとの面談に不参加なときは、情け無用で給付を一時停止したり、ときには以降の給付資格を失うことになるのでそうならないために注意してください。

以前の私は、求人情報は「転職サイト」よりも、いつも「ハローワーク」に相談していました。

今まで私は、「転職サイト」を活用するより、「ハローワーク」を活用していました。どうしてかというと、大きな「転職サイト」は、なぜか都心の求人しかないからです。であったので、求人情報をリサーチする際は、「ハローワーク」のみ使っていました。求人募集をする多少給料や労働条件で差がありますが、地域に密着した企業も多くあり、自分に適した職が探しやすくなります。しかし、「ハローワークはなんか地味だなぁ」と誤解している人が多いとは思います。思いもよらず、良い求人情報もそれなりに掲載されているため、近いうちに転職を考えている人はハローワークへ1度行って、確認してみるのもアリだと思います。大手転職サイトみたいに執拗な電話・メールが頻繁に送られてくる心配もありません。

転職先を選ぶとき、仕事におけるやりがいアップと一…

転職先を探すにあたって、やりがいを考慮することも重要だけどそれだけでなく給料が増えることも大事なポイントになりますから「年収比較サイト」というところに登録してあらかじめ研究をしています。全く同じ会社でしかも同一の職種、経歴であるにも関わらず人によって無視できないほどの幅があることも多くあって、正直に言えば面接を受けた時に質問したことがあります。面接官もそのサイトをチェックしていたようで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた人について誰なのかそこそこは予想がついてるんですけどね、おそらく見栄をはっているのでしょう。低い方の収入だと思ってください」とのことでした。

転職サイトは大きなサイトの方が掲載される企業も多いた…

転職サイトはよく知られたサイトの方が掲載される企業も豊富なため、関心のある2つか3つの会社を、とりあえずメンバー登録した上で、希望する勤務地や収入について条件を設定しておき、あとは条件に適合する求人情報が自動的に通知されるように設定しておくと情報収集が容易になります。ですが、はじめは登録するのに少しばかり時間がかかるので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を準備して、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。登録を行う初回時、多少時間がかかることから、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、その後は、新着情報だけチェックすれば良いので、最初にしっかり準備することをお勧めします。

ある古物商の会社で書類審査を通過し相手方から面接の日時を指定してもらいました。

ある古物商の人員募集にて、書類選考をクリアしました。2、3日して担当者から、面接予定日を連絡してもらいました。しかしながら、当日、指定場所まで行ってみると、手違いがあったのか相手が面接の用意を全くしていませんでした。しばらく待つと、責任者らしき人が面接に応じてくれましたが、始終驚くほど面倒くさそうな態度を見せてやっとのことで面接が終了しました。しかし、予定日を過ぎても結果連絡が一切なく、気になったので、自ら問い合わせてみると、「結果は郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待ちましたが、ですが、これも来ず、そこでふたたび、連絡をした結果、どういうことなのか、「残念ですが不採用とします」、と勝手に電話を切られました。呆れ果てて絶句してしまったのですが、正直なところ、不採用で良かったと思っています。

私が転職を考えていた時期にかなり複数の人材紹介会社に登録していました。

キャリアップしたいと思い割とたくさんの人材紹介会社に登録していました。その際に思ったこと、それは転職アドバイザーのレベルに関してもまちまちで大体の場合、いまいちだと感じる人でした。私にとっては、とても大切なことことだからもっと情熱をもってに向き合ってほしいという考えが積もって、それがきっかけとなり私はキャリアカウンセラーになりたいと考えるようになりました。資格を取得できるまでには経済的な負担にもなりました。また資格取得のための勉強の面もとても大変なわけですが、求職中の方から頼みとされるように頑張っています。

派遣会社での仕事が決まりました。

派遣会社でのお仕事が決まりました。仕事の最初の日に派遣会社で営業を担当している人と派遣先の会社近くのコンビニエンスストアで落ち合うと約束をしていたのですが、彼がなぜか約束した店の前にいないから中にいるのだろうと考え店の中に入ってみると、担当者は雑誌売り場の所でしゃがみ込んで卑猥なグラビアページを開いて見ているのを発見しました。こんな人に担当されるなんて絶対嫌だと思って、声もかけずに気付かれないように店内から出て即刻派遣会社へ辞退する旨の連絡を入れました。

転業を検討しているのなら、多種多様な企業の情報を調べたり比較したりしてお…

再就職を念頭に置いているなら様々な企業を普段からチェックすることが、転職先を大いに選択しやすくなるでしょう。今現在の仕事に満足していないケースでは、転職活動を開始したとき、どこの企業もいいように映ってしまいます。そんな状況に陥ると、どの企業を選択するべきか、迷いが出てしまい判断を間違えてしまいかねません。そうすると、最終的には短い期間で退職しなくてはならなくなるので、事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておくのがベストです。方法としては、企業の雇用面だけを見るのではなく、その企業の「取引先」も気にしてみましょう。透明性を重視する企業は、取引している会社の情報を公開していますし、反対にそういった企業ではない場合、宣伝に力を入れる傾向があるので、チェックをする目安になります。さらに、会社によって個人グループに入っているものもあったりするので、グループ名をチェックして内容を把握しておくのも良いと思います。

転職の時に行われる面接時にクールビズで来てくださ・・

転職の時に行われる面接時に会社側からクールビズでもOKとと記載されている場合もあるようです。しかし、クールビズで行くのは良くない印象を与えるのではないか?と考える人がいます。そのような考えを背負いこんでいる人たちにアドバイスしておきたいのは、クールビズでも良いとされている面接時は言われた内容をそのまま守った方が良いです。色々考えすぎて、夏の暑いときにしっかりとスーツを着用すると面接担当者に暑苦しいと思われますから、クールビズでも大丈夫ですよと記載されていたらクールビズで大丈夫なのです。

在職していた会社で意地の悪い上司に困ってしまい、ついに…

昔務めていた会社で性格のきつい上司に憂鬱な気分にさせられ、とうとうやる気がなくなってその会社を退職し、同業者の他の会社へ変えました。居心地よく仕事ができとても満足していましたが、だんだんと会社の売り上げが減少しついにはとある会社に経営統合されることになったのです。そしてその経営統合先の会社が驚くなかれ以前勤務していた会社で、それどころかまったく反りが合わない上司がまた私の上司となることになりました。こういう悪いめぐり合わせとは、どれだけご縁があるのでしょうか。言うまでもありませんがまた転職活動をし始めています。

現在の仕事に不安があり、転職サイトを活用して自分の働き方に近い条・・

あなたがもし転職サイトを活用して自らが新たなチャレンジのできる働いてみたいと思えるような仕事を探しているならば、転職エージェントは絶対活用したほうがいいです。登録は簡単です。エージェントサービスの登録のあとそこで紹介される求人情報は、一般的に公開されていないからです。誰でもチェックできる公開求人とは異なります。それは、どう比べても、比べ物にならないレベルでかなり質が高いといえます。かつ、あなたの希望にふさわしいものを調査しつつ、紹介してくれます。だから、あなたの理想とする職種の求人にめぐり逢えることが多々あります。仮に、同一の求人を見つけたとしても、あなたが一人の力で最初から調べる手間を考えれば、とても効率がいい。そのうえ使ってみる価値はあります。

新しい仕事を探す際、ウェブ上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント・・

転職をするに際しては、インターネット上で就職斡旋してくれる「エージェント」を利用するケースもありますが、たとえそこに登録し新しい仕事を見つけることができたとしても、失業保険の給付にはつながらないので気を付けましょう。ハローワーク以外の機関を使って就職が決まったとしても失業保険は給付されないので後々、後悔しないようにしたいものです。これと異なり、「ハローワーク」によって斡旋してもらって就職したときは、就業用の準備金として「一時金」を受け取れたりもします。ネット上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。ただ彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るだけであり、失業保険の手続きは取ってくれません。これについて理解していないと、失業中にお金をもらえない状況になるので、気をつけておきましょう。

このところ私は派遣会社を通じて働いています。

今、私は派遣会社に登録をしています。サイトの中でふと自分に向いていそうな仕事を見つけ出し応募しようとしたところ「その仕事はもうすでに他の方が採用されました」と返答され瞬間的にサイト上から仕事の情報が見えなくなるのですが、なぜか翌日にそのページを見ると再びその求人募集が掲載されています。これって結局私ではダメだって意味ですよね。それであるならば最初からカドが立たない程度に正直に伝えてくれれあありがたいのですが、なかなかそうもいかないでしょうか。それとももしかして偽の仕事なのでしょうか?