世の中は変化していてスマホを使えばわかるけどネットのエリアには…

どうもスマートフォンは便利でネットの世界では、「転職に関するサイト」に類するもの…

今ではパソコンやスマホを使えばネット上では、いわゆる「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものが多くて困るくらい存在しています。サイトを見て自分自身に見合った転職先と思えるのを探すためにも、とりあえず情報収集をしましょう。サイトをうまく使いこなすことで、効率的かつ満足度の高い転職先を探せます。転職情報が満載で、客観性と正確性を持ち合わせた優良なサイトがある一方で、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。利用して間もない頃は、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますから他と比べつつ、しっかりチェックしてみましょう。

人生で初めて転職をするにあたって、重要なのはなぜ現在の仕事を去らなければいけないの…

はじめて転職をする場合、注意しなければいけないのはなぜ現在の仕事を辞めたいかをハッキリしておく必要があります。その理由こそが根本問題なので、考えておくのが無難でしょう。その後現在の問題を解消できそうな企業を決定していってください。転職活動は、大学等での就職活動とは性質が大きく異なり、働きながら転職活動をしていくため、時間の調整能力も、気力・体力も必要です。それがために問題の明確化ができていない状態で転職をしようとしたら、途中で挫折してしまうおそれがあります。「必ず転職したい!」「現状をなんとか変えたい!」という熱い気持ちがないのであれば、転職活動の開始は辞めておくのが賢明です。

新しい職場で、それまでに培われてきた資格やキャリアを最大限に活用できれば、…

新たな勤め先でこれまでに培ってきたスキル・キャリア生かせれば、即戦力として認知され、早々に職場にも馴染めるはずです。それはつまり会社サイドしても、そういった即戦力となる人材は常に必要なので、タイミングさえ良ければ、簡単だといえます。加えて過去の仕事内容と近い仕事内容なら見込みは十分にあります。但し、即戦力となる基準があなたにあっても大手の事務仕事や、公務員は時代や景気に左右されることなく相当な競争率になる可能性が高いと見ておきましょう。

転社を繰り返す日々を止めるための打開策が一つだけあります。

転職を繰り返さないためにすることは一つだけです。仕事面のスキルアップもそうですが、精神的なスキルを磨くと転職を繰り返すことがなくなります。現在はインターネットがいつでも使えるので、精神面を鍛えるための自己啓発系の情報はいつでも知ることができます。そんな、時に転職とは関係なさそうなことでも、メンタル面を鍛えられます。その行動とは、ズバリ海外旅行です。海外に行くと、文化、言語、生活様式など、違うことばかりなので、どの瞬間も勉強になります。なので、帰国してからも心境の変化が生じるはずです。帰国すると、自分のこれまでの視野の狭さに驚き、「世間の小ささ」というものをしみじみと感じることができます。その気持ちのまま転職先を探し直ぐに面接に行くと、これまでとは違って自信満々に自己アピールができるはず。しかし、退職直後は精神的に弱くなりがちなので、適度に休んで、回復したあとで行動するようにしましょう。

就労中には、可能であれば、周囲にバレないように(私の転職活動では…

雇用期間中は、できたら、周囲に悟られないよう、(私の経験談ですが)雇用中に転身の考えだけをはじめの時期に周りの人に知らせたことがあります。にもかかわらず、その顎、求人サイトを散々探してみたのですが、悲しいことに転職先のあても、タイミングも無計画なまま進めていたので、やみくもに時間だけが経過してしまいました。そしてその傍ら、社内では業務の引き継ぎや手続き、私自身の退職の日程などが確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で就職先を探していく」という、本末転倒な状況で会社を去ることになりました。そして、予定は思うようにはいかず、失職期間を経験したのち、次の就業先を探すことになりました。

先週転職活動の一環として人材紹介会社に登録に行きました。

先週転職の準備をしておこうと人材会社へ登録に行きました。登録するときのカウンセリングをするために現れた担当の方がどうも新入社員のようで、私が話したことの半分も理解ができていない模様。それでいて「キャリアデザインが甘すぎますね」とか「きちんと自分の強みと弱みを知っておくことが必要です」とか、私のことをすべて理解しているかのように偉そうに話すので非常に嫌な気分になりました。カウンセリングを担当する人は多少は社会人経験がある方にしてほしいものです。

転職を進めるには、それなりの準備は不可欠です。

転職する場合、然るべき準備は不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、そのなかでも、目に見える「ファッション」は誰しも気を遣う部分ではないでしょうか。しかし、最近の採用面接に関しては形式ばらない服装が良い会社もあるので、スーツで決めて面接に出向かなくても良いでしょう。創業したての新規の会社などは、フレクシブルな考えなので私服で面接をした方が、良い印象を持ってもらえます。正装でないので、ざっくばらんに会話できるのも魅力のひとつです。また、私服であれば面接中に、洋服について、話もしやすいです。ですから、担当者に気に入らえるチャンスを作れます。ということから、これから転職は会社の設立した年で決めることが、(ベンチャー系の)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

クールビズ(軽装)の格好をして転職の面接会場に行こうとする際には・・

クールビズのスタイルで転職の面接会場に行こうとする際には、さすがにジャケットは着込まなくても安心であると間違いなくわかるのですが、ネクタイはつけている方が好印象を与えてくれます。タイもジャケット同様になしで良いとする会社もある場合もあるにはあります。ですが、ネクタイについてはクールビズだろうと必ず着用するべきだと思っている会社が一定数存在します。それゆえに、例えクールビズが許可されていてもネクタイにおいてはしてから行った方がベストだということは知っておいてそんはありません。

もしあなたが再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Iターン」といった具合に…

あなたが再就職を視野に入れたとき、U・J・Iターンで都市部から地方に移住した上で転職したい、と考えている方が、ここ最近増加しています。ここ最近は転職サイトを見れば、国内全エリアの求人も閲覧できるようになっています。ですが、地方での求人については、都市部のそれよりも内容が薄く、数も少ないのが痛いところでもあります。といった問題があるので、求人情報サイトだけに集中するとなかなか難しいかもしれません。「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトもきちんと確認しておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」など、行政が主催する就業サポートの関連情報も見逃しがないようにしましょう。

転職の際に外せない企業の面接に関して、多数のひとが思い違いをしているので…

転職のための面接での多数のひとが思い違いをしているのですがあからさまな猫をかぶることです。するとそれがそのまま逆効果になる可能性があります。そうなる前に思い切って面接の際は「給与」などの、通常であればかなり質問しづらいことを勇気を持って率直に訊いておくと、自分のためになります。意外に思うかもしれませんが、「面接の段階でそういった質問をすると面接結果に悪い結果になるのではないか」と危惧するかもしれませんが、しかしながら面接官に良い印象を持ってもらえる可能性が高いといいます。こういった労働環境やお金に関連する疑問点は、実際には、多くの人が知りたいと思っています。しかしながら、不採用を恐れるあまり、なかなか聞きづらいのも事実です。それをあなたが勇気を出して質問をすることで、「勇気のある人だな」ということで自己アピールになるのです。

きちんと失業保険を給付してもらうためには、客観的な意味で、職を探している姿勢を見せる必要があります。

現実に失業保険の給付を受けるためには、職を探していることを理解してもらわなければいけません。でも、「会社から解放されたし、しばらくは働かずにゆっくりしたい」と考えるのが正直なところでしょう。なので、きちんと働き先を探しているように見せることができるので教えておきます。月に一回ハローワークに行って担当職員と面談するのは当然ながら必要として、求人票の閲覧は最低限やっておく必要があります。本腰を入れて探す気力がないときは、「求人票」を軽く見て、ハローワークスタッフとの面談のときに、「労働条件のいい仕事や自分の能力を生かせる仕事や、希望する求人が残念なことにありませんでした」と、相手に告げて、次の機会まで待つという方法もあります。

転職するため仕事探しをするときに特に注意したほうがよい求人内容…

転職活動中に特に注意したほうがよい募集内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料がよく、拘束時間が長いというものです。このような案件は、給料に『みなし残業代』を含んで算出しているケースがたいへん多いです。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ30時間、45時間といった感じで求人の記載内容に時間が書いてあります。毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、給料形態に残業代を組み込む、といったものになります。(なお、これは違法ではありません)仮に『みなし残業代20時間込』という記載は「記載時間分の残業代を含めると、この給料です」という意味になります。ですが、悪質な求人情報では告知しておくべき『みなし』を意図的に表記してないこともあるのでよく気を付けてください。

転職する場合は面接を受けることがほとんどです。

転職のための面接では注意しておくべきポイントがあります。人事担当から「転職の理由は何ですか?」といった形で、質問されるのはほぼ間違いありません。このときに、どれだけあなたが正しくとも、前の職場の人づきあいや働く環境に関しての愚痴を絡めた返事は、なるべくやめておきましょう。なぜなら、こういった話をしてしまうと、採用の条件としては厳しく、転職のチャンスを棒に振ってしまいます。そのため面接では「前向き」な人物であると印象づけるのがかなり大事で、あくまでも「新しい職場で、これまでの自分のキャリアをしっかり生かし、会社にも充分に貢献していこうと思います。」といったような未来形での話ぶりが好印象となります。

今後転職活動をされるなら、気になった求人(もしくは業…

転職活動をしているなら、良いと思う求人(OR 職種)を見つけたときに100%「〇〇業、ブラック、デメリット」とインターネットで検索してみましょう。求人票・転職エージェントでは、まずその業界に関するマイナス面などはアドバイスはないものと思っていてください。もしも、ブラック案件が蔓延している業種なら、ネット検索を活用することでいとも簡単に実態を知ることができます。そのような手間を惜しんで会社に入ると、あとから落胆してしまう可能性もあります。その求人が出ている理由が「内容がきつく、スタッフの出入りが激しい」というケースが多くを占めるため、目に留まった業種について、しっかり調べた上で応募しましょう。

転職エージェントに一旦登録すると、電話やメール連絡が何回も入ります。

「転職エージェント」は、一度登録すると、電話やメール連絡が頻繁に入ります。これについて初めて利用する人はかなりビックリすると思います。転職エージェントは転職させることが業務ですので、非常に積極的にアプローチしてきます。中でも大手エージェントは、転職を成功へと導くことで企業から報酬がもらえるシステムであることから、転職希望者の都合うんぬんよりも企業の都合を優先させることが珍しくありません。さらに、彼らは、契約数を増加させたいがために、内定を得た瞬間に、入社するよう後押ししてくることが多いです。対抗策として自身の気持ちを明確にしておき、安易な妥協をしないように気を付けることが必要です。

女性が転職する場合、数年前と現在とでは少し違ってきている点があります。

女性が転職する場合、セクハラが社会問題となっている現代では若干、違いがあります。かつては面接の際に、結婚の予定や出産後の方針などについて、質問されることがありました。ですが、最近では、こういったデリケートな内容は、セクハラに該当するかもしれないので聞かない企業、が増加傾向にあります。名の知れた大企業ほど、タブーとして全面的に避ける傾向にあります。そうではあるものの実際、会社側としては、〇か×の2択でなく、その女性の生き方、結婚した後も働きたい、出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを当然、知っておきたいと思っているはずです。自らの人生設計を知っておいてもらうためにも、自己PRや志望の動機と併せて表現することで、面接官のモヤモヤも解消できると考えます。たとえ、聞かれてない箇所についても、あなたの側から気遣いつつ、話をしておくのが良いでしょう。