昨今では、株・不動産投資の不労所得のほか、自営業や起業で頑張っている人も増えています。

今のご時世では、株式・不動産投資などの不労所得、あるいは…

近年では、株・不動産投資をはじめとした不労所得や起業を目指す人も増えています。そういった変化に伴い、「自営業は不安定だし危険」といったこれまでの見解も変わりつつあるようです。高度経済成長時代には、将来的に不安定な自営業や株式よりも組織の一員のほうが大いに安定性にすぐれており、人が生きていくうえでもっとも正しい道として広く世の中に浸透していました。しかし、そのような時代は過ぎ去り、現代では「成熟期」という名がいわれます。将来的にはコンピューターの進化につれて、機械化や自動化が加速し、社会においては人手が必要なくなると言われています。

派遣会社に登録し、働く人が一昔前の規制緩和以降、多くなってきています。

働くのに派遣会社に登録する人が近頃は増えてきていますが、派遣先が派遣会社に支払う時間当たりの報酬がいくらで、そのうちの何割が自分に入るのかを極力面接時に質問しておきましょう。派遣会社は、社員を必要な会社に派遣してその見返りとして、手数料を徴収するシステムです。現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースが多いです。50%以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらしないところも少なくなく、悪質な業者の場合、労働者に2割しか還元しなかった、ということも少なくありません。なお、面接の際にきちんと答えてもらえないような会社は、色々と不都合なことは隠そうとする可能性が高いのでできることなら違う派遣業者を利用されることをおすすめします。

転職活動をスタートするときに、まずは今勤務している会社を辞職した後で…

転職活動を行う際に、まずは今の会社を辞職した後でという考えを持っている人もいるようですが、今の職場を辞めてから新しい会社を探そうとするときには会社がいつボーナスを支給するかを気にかけておきましょう。社員にボーナスを出す企業はたくさんありますけど、社員にボーナスを出す会社の場合には、ボーナスの支給の日まで少ししかないのなら、ボーナスをもらってから退職届を提出するというやり方も賢い方法です。ボーナスは少々多くの額が入るはずなので、もらわないのはもったいないともはっきりと言うことができますから、職場を変えようと思い始めたらボーナスが入る日をまず第一に確かめておくと賢い方法です。

今と違った会社がいいと転職活動をしているときの場合には…

いい企業の社員になりたいと転職活動中のときの場合には「ちょっとでも早く内定(採用通知)が手に入れたい」と思っているはずです。ですが、そのために良い知らせほしさのばかりに、自分自身の能力を高く偽ったり、また対称的に過小評価につながる言動はできるだけ避けるべきです。焦る気持ちをこらえて、冷静に、そして客観的に、自分にピッタリな職場を探すことに集中しましょう。これまでのキャリアを活用できるように、加えて、今後のキャリアアップが見込める職場を賢く探していきましょう。

転職する際に行われる面接につけていく腕時計については、…

再就職する時に行われる面接を受けるときにする腕時計の事ですが、ビジネスの場らしからぬ派手すぎるものは着用しないほうが安全です。この場合の目立つ腕時計とは高そうなデザインだったり、といった意味合いだけではなく反対に、明らかに安物の腕時計に見られてしまうとか、そういった正反対の意味で目立つ、ということで覚えておいてください。再就職の面接のときにつける腕時計についてもポジション的にはネクタイやスーツと一緒の考え方で、無難なものをつけて行った方が良い印象を与えてくれます。とはいっても、自分の年齢に適している腕時計ということも大切なことで、新卒の頃に準備したものよりはほんのちょっとでも高価なものにした方が好ましいということは言えます。

転職期間ではついつい時間がある分、気が緩んでしま…

転職期間中は、知らず知らずのうちに時間が有り余っている分、だれた生活になりやすいですよね。・・であったとしても、そんな風な生活を習慣にしてしまうのはかなりキケンです。なぜかというと、気の緩んだ、ダラダラとした生活が当たり前になると、「精神的」も不健全な状態になるからです。なので、いつの間にか働く意欲がなくなり、生活が苦しくなり困る状況にも・・・。そうなると、すべてにおいて悪循環になり、次の勤め先を見付けることが難しくなってしまいます。再就職先をハッキリ決められないのは、給料を最優先に考えるためです。給料を第一に転職先を探すことになると仕事内容を重視して転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。ということで、お金に縛られない生活をしていく上で、だらけきった生活は、止めておきましょう。

近年はウェブ上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの会社もたくさんあります。

最近はネット上では、「就職斡旋エージェント」や、「ヘッドハンティング」を専門に行う会社も増えています。特許を取ったことのある人は、ヘッドハンティングされやすくなります。彼らは、特許権を獲得した人に限らず、「研究開発」における論文を出した人や、雑誌で紹介されている人など、何かで有名な人をターゲットに、電話やメールを用いて接触し、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。もしも、あなたがヘッドハンティングの匂いがする誘いを受けた際には、自身の過去を振り返って、「キッカケ」を考えてみましょう。ときとして、ヘッドハンティングと称して、登録料を請求する業者もあるらしいですが、そういったものは言うまでもなく詐欺といえるので相手しないのが無難です。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者が負担するものではありません。

一昔前の求人誌では、募集条件の中に「性別」が、記載されているのが普通でした。

以前の求人情報には、募集要項の中に「性別」まで、記載されているのが一般的でした。しかし今現在では、男女雇用機会均等法によって、雇用時、男女差別がしてはならないとして、応募資格の中身に「性別」の表記ができなくなりました。しかしながら、求人情報を出す会社は、男性・女性どちらでも等しく採用するとは限らないのです。実際、男手が希望の案件に女性が応募したり、その反対に女性が必要な案件なのに、男性が応募してきたり、でも不採用となる可能性が高くなります。例として、「女性が活躍できる職場です」の記載がある場合、雇い主再度が「女性」を必要としている、と考えると確実でしょう。

就職活動において、年収はとても重要な要素です。

就職活動は、年収抜きに考えることはできません。必ず現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき本当にもらっている年収よりも多めに申告し、年収をUPさせようとしても、無駄でしょう。結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、仮に一度は信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、そこでウソがバレてしまいます。最悪の場合、トラブルに発展することもあるので、現職の年収を水増しせずに申告し、それに見合う希望年収額を設定しておくのが無難です。ちなみに、現在の年収が400万円の人が、転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばよほどのことがない限りありません。仮に、今、430万円の年収であるのなら、希望額は400~450万円であると伝えておくのが得策です。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、せっかく入社した会社を退職しなければならないという事態になることを招きかねません。

転職先を探している間は、自分の好きなことに没頭することに加え・・

転職期間では、自分の好きなことに没頭することに加え、体力づくりを意識しておくと良いでしょう。勤め口が見つかり、仕事を再始動したとき、趣味に打ち込んでいたことで、知らない間に集中力がアップします。加えて、体力を補っている事で、一緒に働く人たちと比べるとスタミナがあると認識することができます。そんなわけで、退職したら好きなことに打ち込むことと、体力アップをしておくことをするのが何より良い事なのです。この先、職場であなたと同じ趣味の方とめぐりあうことができれば、会話も弾みます。ですから、今まで手を出してなかった事にチャレンジするのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

ちょっと前に転職したばかりなのに、数ヶ月しかたっていないの・・

ほんの2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたというのに、何ヶ月もたっていないのに辞めてしまう人というのもずいぶん多かったりします。何故そうかと思うと私の思うところはリフレッシュな気持ちで自分自身に合った環境を手に入れたはずなのに「自分自身の期待していた職場と大きくギャップがあって幻滅した」「職場の雰囲気が受け入れられず・・」といった感じで退職してしまうことが珍しくないといいます。でもこのような、転職先選びでの失敗を避けるためにはやはり、前もっての情報収集を欠かせません。具体的な業務内容、給与体系、などいろいろ前もって調べておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

万が一、現職からの転身の思い立ったのなら、周囲にはこっそりと…

もしあなたが、転業を決心したなら、あくまで周りの人にはこっそりとバレないように、首尾よく活動していき、転身先が決まらないうちは、可能な限り周囲に悟られないよう通常通りに仕事をするのがとても無難です。転職先が決まっていない間、その姿勢でいれば、希望通りの転職先探しにすんなり見つけられなくても、転身を遅らせながら、現職をそれまで通りに継続してもトラブルの心配がありません。そうではなくて、後先考えず「転職するつもりでいる」と言ってしまうと、会社は、その言葉に合わせた対応を取るようになります。そのうえ「辞めるつもりです」と言ったが最後、会社内では「あの人は退職する人」と受け止められます。その後で転職の気持ちがなくなり、「やっぱり退職しないことにしました」と釈明しても、周りの人間には、「一度は辞めようとした人」という目であなたを見るため、在籍中、立場が悪くなる思いををするしてしまうことになるかもしれません。

求人関連の情報をチェックする時、「事務系の仕事をしたい」と思う人ほ・・

求人に関する情報を見る際、デスクワークがしたいからと、はなから製造業に目を通さない人がいますが、そうした人のほとんどは「製造業は製造マンの求人だけだ」と間違って理解しているケースもあります。現に、製造業での求人であっても経理、総務、人事といった従業員募集に加え、購買、営業管理などの「事務系」に関する職も多数あるのです。でも、製造業の仕事場はオフィス街にはないのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはその箇所がマイナスと感じるかもしれません。ただし、自身のこだわりを捨てることによってよく考えた方が良いですね。

年内中に転職活動をする人のなかで、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合・・

近いうちに転職活動を始める際に次までの仕事にまだ期間がある方はできれば「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。現在の会社が「雇用保険」を支払っているのなら、手続きをすれば失業手当を誰でも受け取ることができます。受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。しかし自己都合で仕事を辞めた方は失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、働いている会社都合の退職、または残業時間次第で日数をおかずすぐに貰える可能性もあります。さらにもらえる「失業手当」の金額は、会社で最後に受け取った月の直近の給料を軸に失業手当の支給する額を算出されるので、勤めている会社に繁忙期や閑散期がある方はなるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

転職活動の最後の難問として、「今勤めている会社をいかにして辞めるか」という問題があります。

転職活動をする際の最後に残る厄介な問題として、「今の会社の退職」があげられます。転職先の会社から採用の内定を得ても、現在、所属している企業があなたを手放したくないとして慰留することも珍しくありません。仮にそうなったとしても、どうあっても退職する、という強固な意思を維持することが必要といえます。もしも引き留められ、一時的に残ったとしても、一度辞めたいと思った会社には、結局は愛着もなくなってきます。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を記入しておきます。そのあとに、決定権のある上司と直接話し、「退職に関する交渉は、一切拒否します」とはっきり伝えます。「円満退社」で今の職場とお別れすることも転職活動で大切な要素となります。

生涯初の失業保険を受けるケースでは、何もしなくても受け取れると考えている・・

生まれて初めて失業保険の給付を受ける場合、何もしなくても受け取れると考えている人が多数派ですが、それは誤解です。本当は、希望通りにもらうためには、求職活動を行っている必要があり、さらには、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。1ヶ月周期でハローワーク職員と面談をして、職探しに真剣に取り組んでいると信じてもらえれば翌月の給付が振り込まれるというシステムです。仮に、本気で就職活動に取り組んでいないとみなされたり、月に一度のスタッフとの面談に不参加なときは、ルールとして給付がされなかったり、以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、それを防ぐために気をつけてください。