雇用期間中なら、状況が許す限り、同僚にバレないよ…

就労期間中なら、可能ならば、会社内の人に気づかれないよう…

在職期間にあるときは、極力同僚に悟られないよう、(私の転職活動では)前職中に転身したいという意思表示だけを早いタイミングで社内の人間に仄めかして反応を見ました。けど、それから、求人情報を必死に色々と探してみたのですが、働く先や時期などすら計画も立てずに決まらずズルズルと時間を空費する結果に。挙句の果てには一方、当時所属していた会社の方は、退職に関わる引継ぎや手続き、私自身の退職予定日などが段々と確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、就職先を見付ける」という、お粗末な状況下で会社を辞める形になりました。実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経たあと、次の就職先を探す流れになりました。

3日ほど前転職の準備をしようと人材会社に登録に行きました。

3日ほど前転職の準備をしておこうと人材会社へと登録に向かいました。登録カウンセリングの際に現れた担当の方が見た感じ仕事の経験が少ない社員のようで、私が説明した話の半分もその社員は理解ができていない模様。おまけに「このキャリアデザインではダメですね」とか「もっと自分の強みと弱みを知っておくことが重要です」等、私のことをすべて理解しているかのように横柄に話すから大変不愉快でした。カウンセリングを担当させるのは多少は社会人の経験がある人にしてほしいと思います。

転職活動をスムーズに行いたい場合、然るべき準備は必要不可欠です。

転職活動には、準備は必要です。一言で準備といってもたくさんありますが、特に目に映る「ファッション」は、気になるところだと思います。しかしながら、近年の面接については、形式ばらない服装が多い会社があるので、しっかりスーツを着て行く必要がない場合もあります。とくに会社の創立したての新規の企業などは、柔軟性に富んだところが多く、私服で面接をした方が、良い印象を持ってもらえます。そして、正装ではないので、フランクに会話がしやすくなります。また、私服であれば面接の際に、服装について、話題が広がることがありますから、もしかしたら面接担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ということで、これから転職にトライするなら「創業年数」に注目してみて、(ベンチャー系などの)面接の際はスーツは着ずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

クールビズで再就職の面接に行く場合、さすがにジャケット・・

クールビズの格好で再就職の面接場に出向く際には、ジャケットに関しては着込まなくても大丈夫だと言い切ることができるわけです。ですが、ネクタイに関しては着用していったほうが好印象を与えてくれるのでお勧めです。タイもジャケットと一緒でなくても良いと思っている会社もあるケースもあるにはあります。ですが、ことネクタイは例えクールビズであっても必ずつけなければならないとしている会社が存在します。したがって、クールビズが良いと言われていたとしてもネクタイは絶対に着用していった方が安心だということは知っておいてほしいです。

もしあなたが転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Iターン」といった形・・

もしあなたが再就職を考える場合に「Uターン」「Jターン」のように、大都市から地方に移って転職したいと考える人が増加しています。最近は求人情報サイトを駆使すれば、郊外・地方での求人情報にも手軽にアクセスできるようになりました。しかし、郊外や地方での求人の場合、都市部のような選択肢は期待できないのが正直なところです。なので、求人サイトだけに頼り切ると機会損失が大きくなるので要注意。求人情報サイトと併せて、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトも定期的に確認しておきましょう。「地方自治体・商工会議所」といった機関が開催する転職サポートの有無も見ておくと間違いがありません。

転職活動中の面接では、勘違いしている人が多いのです・・

転職を成功させるための会社での採用面接での勘違いしている人が多いのですが採用をされたいあまり過度に猫かぶりは、正直なところ不採用となる可能性が高いです。そんな事態を避けるためには猫をかぶるよりも面接時は、「残業」といったような、普通はちょっと聞きにくいことも勇気を出し質問しておくと、最終的に自身のためになります。信じられないかもしれませんが、「そんな無遠慮なそういった質問をすることで面接で悪い結果になるのではないか」と不安がるかもしれませんが、しかし、意外なことに、プラスの結果になることは最終的にはいい場合が多いようです。こうした「お金」や「労働環境」に関する疑問点は、実際には、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。けれども、不採用を恐れるあまり、聞かないのも事実です。けれども、ほんの少し勇気を出して質問することで「こいつは他と違う」と面接官に印象づけられるのです。

失業保険の給付に関して、仕事を探していることが必要なのです。

きちんと失業保険の給付を受けるためには、仕事を見つけようとしていることを理解してもらわなければいけません。が、現実的には「会社に行かなくて良いし、暫くは遊びたい」と考えるのが現実でしょう。そこで、真剣に次の仕事を探しているように、見せる方法があるので紹介します。毎月のハローワーク職員との面談は必要ですが、求人票のチェックは少なくともしておきましょう。真剣に探したくないときは、閲覧だけしてハローワークスタッフとの面談にて、「納得できる条件の仕事や自分に合った仕事、希望する仕事が残念ながら無かった」と話して、次の機会を狙いましょう。

転職のため仕事探しをするときに気を付けるすべき募集内容は、…

就職活動に気を付けて欲しい求人の募集内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料が高く、拘束される時間が長いものです。このような案件は、給料に『みなし残業代』を含んでいるケースが多いです。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ例えばですが、30時間とか45時間といった感じで求人の内容に時間が併記してあります。これは、毎月これくらいの残業が発生するため、あらかじめ給料に残業代を組み込む、といった仕組みです。(合法です)もし『みなし残業代25時間込』と表記されていれば、「記載時間分の残業代を入れると、これだけの給料です」という求人になります。ですが、悪質な求人には告知しておくべき『みなし』を記載していないこともあるので気をつけましょう。

転職時の面接では面接官から「転職理由をお聞かせください」…

転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。面接担当から「転職理由を聞かせて頂けますか?」という風に、100%の確率で質問されます。この場合、いくらあなたが正しくとも、「人づきあい」「働く環境」についての不満に受け止められる返答は、絶対に口にしないようにしましょう。なぜかというと、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、印象が悪くなってしまい、チャンスを無駄にしてしまうことになります。面接では「ポジティブ」な人物であると印象づけるのがとても重要で、まずは「新しい職場ではこれまでの自分のキャリアをしっかり生かし、御社に貢献していきたいと考えています。」といった未来に目を向ける形が求められます。

転職活動の最中、気になった求人(もしくは業界)を見付けるたびに…

転職活動のとき、良いと思う求人(または業界)を見た際にしっかり「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネット検索し目を通しておくべきです。求人票や転職サイトの担当者の言葉からはその業界のデメリットなどは、知らせてもらえません。仮にブラック案件が蔓延している業種であれば、インターネット検索ですぐに現実を知ることができます。そのような現実を知らずに会社に入ると、のちに痛い目に合うおそれがあります。その求人募集が出ている理由が「内容がきつく、人がすぐに辞めてしまう」というケースがかなり多くあります。目に留まった案件・業種については、下調べをした上で応募しましょう。

「転職エージェント」は一度登録したあとに、電話やメールでの連絡が頻繁に来ます。

転職サイトでは、登録後、電話・メールがしつこく掛かってきます。このことに対して「転職エージェント」の利用が初めての人は非常に驚くケースが少なくありません。「転職エージェント」は、利用者の転職に協力することが仕事だといえるので、大変積極的にかまえています。大手エージェントは、転職を成就させることで企業から報酬が支払われる仕組みのため、転職する側の都合より企業側を優先的に考えることが珍しくありません。加えて、彼らは、契約数を増加させたいがために、内定がとれた瞬間に入社を積極的にすすめてくることが珍しくありません。自身の気持ちを明確にしておき、転職に妥協しないように注意を払うことが必要です。

女性の転職については、数年前と現在と少し状況が変わりつつあります。

女性の再就職に関しては、一昔前と今とで若干の変化があります。以前は、結婚観や結婚後の予定に関して、ごく当たり前に女性たちに質問していたのですが、現代では、その手のデリケートな内容は、セクハラと企業側が捉え、質問しない企業が増えています。そしてまた、名の知れた大きな会社ほど、NG質問として露骨に避けるようになっています。が、企業側としては、〇か×の2択でなく、その人の価値観、結婚した後は退職するのか、出産後は時短で働きたいなどを把握しておきたいとは思っています。あなたの将来設計を理解しておいてもらうためにも、志望動機・自己PRと並行して表現することで、相手側にも考えが伝わり、また、疑問も解消できると思うわけです。そういうわけで、質問されていない箇所についても、先にあなたの方から配慮し、話をしておくのが良いでしょう。

「就職エージェント」の大手になると、多種多様な案件を取り扱って・・

転職エージェントは大規模であるほど、潤沢な案件を抱えているという長所があるといえますが、その反面、転職を希望する競合者もたくさんいる可能性が高いです。それゆえあなたが、応募したい会社を探し出しても、担当スタッフのほうで見込みが少ないと判断すれば応募してもらえないことも少なくありませんし、企業から見てあなたよりも有能なライバルがいれば、そちらの人を優先することもあります。大手エージェントの場合、サイトに掲載されない案件をデータ宝庫として扱っており非常に難しいので、考えを変えて中小クラスのエージェントたちに対し、会社や案件を伝えてみて、応募できないものでしょうか?と話しをすると自分のために働きかけてくれることもあるので、そのような感じで利用してみるのも良いと思います。

転職の際に現在勤めている会社を辞める時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが…

転職に先立って今務めている会社を辞める時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりませんが、もし自分のほうから退職願を出して退職する、いわゆる「依願退職」のケースでは失業保険はすぐに受け取れません。手続きを行い、失業したことが認められてから3か月待たないともらえないのです。よく勘違いして退社した日の翌日から3か月経過すればもらえると信じている人がいますが、この規則に無理解な人が、ハローワーク側に落ち度があると思い込んでその結果としてハローワークの担当者と口論になっているのを見たことがあります。例外として、リストラのように、「会社都合」での解雇のケースでは、、失業認定を受けて即座に失業保険が給付となります。

転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書を準備することが必須だとされています。

転職活動時には、履歴書と職務経歴書がポイントとなってきます。会社の大多数は履歴書に加えて職務経歴に記載されている内容を考慮して面接するかどうかを決めるため、ともかくこれらの書類の作成が大事になってきます。単に穴埋めするだけでなく、内容の充実を図ることも重要です。職務経歴書には、自分の職務の詳細な内容、できる限り自分のできること記入します。また、過去だけでなく現職で挙げた実績なども有効です。売上を過去○年の平均を△パーセントアップさせた、など分かるように書いておきましょう。もしも、作成が難しいと思うなら、「転職エージェント」に職務経歴書の推敲を手伝ってもらい、上手な言い回しのヒントを聞いたりしましょう。自分にプラスになるように転職エージェントを利用してみるのも転職を成功させるための有効な手段だといえます。

転職によって職場を新しく換えるということは、自分に…

再就職によって勤め先を新しく替えるということは、自分自身に合う自分の理想に近い、今よりもずっと心地良い場所に転職したいものです。勤務先を変えることによって、あなたにうってつけの仕事に出会うかもしれません。が、現実に行動に移すとなると、相応の努力やスキルが必要です。言い換えると、あなたのスキル次第で天職に就くことができるチャンスがある、ということです。今の時代は「職業選択の自由」が社会的に普通に受け入れられているので、転職しても偏見を持たれてしまうリスクもありません。事実、終身雇用がなくなりつつある今現在では「スキルのある人材が欲しい」と感じている企業も増加傾向にあるので、今の良い時期を有効に使ってみてください。