就職活動において、年収はとても大切なポイントです。

就職活動は、年収抜きに考えることはできません。

  • 就職活動において、年収は大変重要なポイントです。面接の際、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。実際の年収を偽って、多く申告し、転職先の年収条件を引き上げてもらおうと考えるのはやめておきましょう。なぜかといえば、結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、仮に一度は騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、最終的には後からバレてしまいます。最悪の場合、トラブルを引き起こすこともあるので、現在の会社での年収を正直に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。例をあげると、今の年収が300万円の人が転職後に500万円となる可能性はほとんど無い、と見ておくべきです。仮に、今の年収が430万円だとすると、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが得策です。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなって、入社できたのを退職に追い込まれることもあるので、気をつけましょう。
  • 転職期間中には、自分の好きなことに没頭するほか、体力を損なわない生活をしておく…

  • 転職先を探している間は、自分の好きなことに時間を使うほか、体力の低下を招かないようにしておくと良いです。勤め口が見つかり、仕事を再始動したとき、趣味に集中していたことによっていつの間にか集中する力がアップしています。また体力を補っている事で、ほかの社員たち以上に疲れない体になっているということを自覚します。そのため、退職したら体力アップを図ることをしておくのがベストです。勤め先が決まり、その職場にてあなたと同じ趣味の方と知り合えたのなら、会話が盛り上がるので、興味のあることに積極的にトライしてみるのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。
  • 2,3ヶ月まえに、転職したばかりというのに、慣れもしないあいだ…

  • 少し前に転職をやっとしたというのに、早期に辞めてしまう決意してしまう人が意外と多いといいます。何故そうかと考えてみると私の考えでは新しい仕事環境を見つけたものの、「理想としていた仕事と違っていた」「納得行かない慣習があってウンザリしている」と考えてしまって別の仕事を探すみたいです。可能ならばこういった転職における失敗をしないためには、第一に、転職先の情報収集を徹底するほかありません。徹底して行うべきなのです。職場内の環境、職場独自のルール、給与体系、などあれこれ事前にチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。
  • 万一現職からの転職を決意したのであれば、徹底的に会社の人間に…

  • 万一あなたが、転職の決意したのであれば、まったく周囲にこっそりとその気持ちを言わないように、うまく転職活動を進めていき、転身先が決まらないうちは、なるだけ周りの人に気づかれないように平常通りに業務をこなすのが賢明です。働いている間、その点を認識していれば、たとえ条件に沿う転職先が難航したとしても、転職を先送りにしつつ、現在の仕事をそれまで通りに継続しても何も問題ありません。でもうっかり、「転職するつもりでいる」と口を滑らせてしまうと、同僚はそれに合わせて対応します。また周囲に「辞めるつもりです」と言ったが最後、同僚からは「あの人は退職する人」という位置付けになります。しかし、転職したい思いが冷めて、「やっぱ退職しない」となっても、周りの人は、「一度は退職しようとした人」とあなたを見て、在籍しているあいだ、肩身の狭いと感じるでしょう。
  • 求人情報をチェックする折、「デスクワークがしたい」と思う人ほ・・

  • 求人に関係する情報をチェックする際、「事務系の仕事をしたい」と考えている人ほど製造業に目を通さない人がいます。そんなことをする人は「製造業って、現場で製造する仕事しか求人募集しない」と間違って理解しているケースもあります。実際に、製造業であっても、経理、総務といったスタッフ募集をはじめ、資材、購買、営業管理といった「オフィス系」に準ずる役職も相当数あります。ただ、製造業の勤務場所はビジネス街のような華やかな感じではないのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそういった部分がイヤと思う人もいるでしょう。そうした事には自身のエゴをなくすことで意外な発見があったり、スキルアップのチャンスがあるかもしれません。
  • 今から転職される人で次の仕事を始めるまでに期間がある場合…

  • 転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合は、必ず「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。この手当てはあなたが働いている会社側でもし「雇用保険」を支払っているのなら、申請をすれば誰でも失業手当を手にできます。また、手続きについては「ハローワーク」で行います。しかし自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、今の企業の都合の退職、または残業時間次第で日数をおかずすぐに受け取れる可能性もあります。このとき、「失業手当」の額は、最後となる月の近々の給料を基準に失業手当の金額を割り出されるのでもし、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、なるべく繁忙期の後に辞めたほうがいいです。
  • 転職活動を行う際の最後に残る厄介な問題として、「今勤務している会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

  • 転職活動をする上での最後に残る厄介な問題として、今の会社の退職があります。転職先の企業が採用の内定を出したとしても、今いる企業が、あなたを離したくないと引き留めようとするはずです。そういったケースでは、「何を言われようとも絶対に退職する」という強固な信念を維持することが重要といえます。仮に引き留められて、一時的に収まったとしても、一度辞めたいと思った会社には、最終的には愛着もなくなってきます。会社の規定を確認し、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届をきちんと作成しましょう。その後、決定権のある上司と直接、話す機会を設け、「退職に関しての交渉はご遠慮ください」とキッパリと伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動の大事な要素です。
  • 生まれて初めて失業保険の給付を受けるケースでは、じっとしていれば受け取れると考えている・・

  • 生まれて初めて失業保険の給付を受ける際に、何もしなくても給付されると思っている人が多数派ですが、それは間違いです。実際には、もらうためには、仕事探しを行っていなければならず、それとは別に、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。一か月おきに担当者に求職活動の状況を報告して真摯に仕事を探していることを信じてもらえれば翌月の保険給付が行われるシステムです。もしも、きちんと就職活動に取り組んでいないという心証を与えたり、月に一度の職員との面談に不参加な場合は、決まりとして給付がされなかったり、場合によっては以降の給付資格を失うことになるのでそれを防ぐために注意が必要です。
  • 今まで私は、職探しは「転職サイト」よりも「ハローワーク」を使っていました。

  • 今まで私は、職探しをする場合は「転職サイト」より、主に「ハローワーク」が中心でした。理由は、大抵の転職サイトは、どうしても都心の求人情報だけだからです。そのために、新しい職場を探す時は、いつも「ハローワーク」を使っていました。もちろん、求人募集をしているいくらか企業の数や給料といった点は見劣りするのですが、昔から地域密着なので、安心できます。ですが、「ハローワークを利用したことがないから不安」という先入観がある方もいるかと思いますが、ですが、有名な転職サイトには掲載されない求人があるので、これから退職後にすぐ転職活動したい方は、ハローワークに1度行ってみると意外な発見があるかもしれません。大手転職サイトのような大量の電話・メールに悩まされる心配もありません。
  • 転職先を決めるのに、言うまでもなく仕事におけるやりがいアップと一緒…

  • 転職先を考えるにあたって、言うまでもなくやりがいのある仕事か考えるとも大事だけどそれに加えて手取りが増えることも大きなポイントですから「年収サイト」というサイトに登録して前もって調べています。一緒の会社でそして全く同一の職種、社歴であるにも関わらず人によって大きな違いがある場合も多くあり、ぶっちゃけて言えば面接の時質問をしたことがあります。面接官も一緒のサイトをよく見ていたようで「その高収入で書いているのは、書いた方も誰かそこそこ察しがつくのですが、おろらく格好をつけているのでしょう。低い方の収入だと覚悟しておいてください」とのことでした。
  • 転職サイトは大手サイトの方が掲載される数も多くなるので、…

  • 転職サイトは大規模なサイトであるほど多くの企業が掲載されているため、だいたい2~3社ほどとりあえずはサイトに登録して、勤務地などにチェックマークをいれておき、次に自動の案件紹介設定をしておくと楽に転職情報を集めることができます。ですが、最初に限っては登録するのにそこそこ手間がかかるので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」を忘れずに準備しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。登録初日はけっこう時間がかかることから、案件の検索と応募だけでも大変ですが、その後は、新着の求人情報だけ確認すればいいので、後々のためにも、最初の準備をしっかり行うことを心がけるのが得策です。
  • とある古物商の求人に応募したところ、書類選考に受かったの…

  • ある古物商の社員募集に応募したところ、書類審査に受かったので、担当者から、面接日時を教えてもらいました。ところが、面接日当日、指定場所に向かうと、なぜなのか相手が面接の準備を全くしていませんでした。待たされたのち、所長らしき人が面接担当をしてくれましたが、最初から最後まで、だるそうな対応の状態のまま淡々と面接を終えました。予定日を過ぎているのに、合否結果も告げられず、私から問い合わせると、「郵送で今日送った」と返答されました。しばらく待っていましたが、しかし、これも未着でそこでもう一度連絡をしたところ、意味が分からなかったのですが、「結果は不採用でした」、とその直後、電話を切られました。あまりのことにしばらく言葉も出ませんでしたが、内心、不採用でよかったです。
  • 何社かの人材紹介会社に登録していたのですが、転職アドバイザーの質に関して・・

  • 自らが求職中のころかなり何個かの人材紹介会社に登録していました。その時に特に感じたのは転職のアドバイザーのレベルもまちまちでほぼいまいちな人ばかりでした。私にとっては、とても大切なことことだからもっと真摯に向き合ってほしいという感情がこみ上げました。それが引き金となり自らキャリアカウンセラーになりたいと思うようになりました。キャリアカウンセラーとして働くための資格を取得するためにはお金もかかりましたし勉強もハードではありますが、求職者からあなたがアドバイザーでよかったと言ってもらえる人になるために頑張っています。
  • 派遣会社での仕事が決まりました。

  • 派遣社員としてある会社で働くことになりました。勤務1日目に派遣会社の営業の担当者と派遣先の近くにあるコンビニで落ち合うと約束をしていたのですが、営業担当者がどうしたことか約束したお店の前にいないので中にいるのかもしれないと考え店の中に入ったところ、担当者はあろうことか雑誌の所で座り込んでいやらしいグラビアページを開けて見ているではないですか。こんな担当の方のお仕事なんて願い下げだと思って、挨拶もせず気付かれないようにお店を出てすぐに派遣会社へ仕事を辞退する旨を電話で伝えました。
  • 転身を視野に入れているなら労を惜しまずに多くの会社の情・・

  • 転業を念頭に置いているなら多くの企業の募集案内をチェックしておくと転業先の選択をするときに大いに役立ちます。今現在の仕事にやりがいを感じられないと思っているケースでは、本格的に転職活動を始めたときに、どの企業も魅力的です。そんな状態に陥ると、どの会社を選択したら良いのか選ぶ会社に迷いが出てしまう結果になり、選択をしくじりかねません。その後、ごく短期間で不満が募ってしまうこともあるのでどんな会社か見極める目を養っておくべきなのです。企業の雇用面だけを見るのではなく、その会社の「取引している会社」を見るのがオススメです。良い会社は、取引している会社の情報を公開していますし、逆にそうでない企業は、広告宣伝ばかりしている傾向が強いので、求人チェック時に見ておきましょう。そのうえ、企業によっては、個人グループに入っているものもあったりするので、グループの名前をチェックし、詳細に目を通してみてください。
  • 転職の時に行われる面接時の身なりは会社側からクールビズで来てください…

  • 転職時の面接に関してですが会社側からクールビズで来てくださいとと連絡が来る場合もあります。しかし、なかには、クールビズで伺うのは実際は減点対象になるのでは?と思ってしまいます。そのような考えを心に持っている方にアドバイスしておきたいのは、会社側からクールビズOKだと言われたのであれば、伝えられていることをそのまま行動に移したほうが無難です。色々考えすぎてしまい、汗がでる時期にびしっとスーツを着込んでいくと逆に不自然です。ですから、会社側からクールビズで来てくださいと伝えられたらクールビズで良いのです。