転職をする際の面接でする腕時計についてですが、明らかに目を惹くタイプ…

再就職する際に行われる面接のときにつける腕時計についてですが…

転職時の面接につけていく腕時計は、ビジネスの場らしからぬ目立つようなタイプの腕時計はやめた方が悪い印象を与えません。この場合の目立つ腕時計とは高そうに見えるデザインだったり、といったことだけではなく反対に安物の印象を持たれてしまうとか、そういった目を惹くということで真反対の目を惹くのだと認識しておいてください。再就職の面接の際に付けるべき腕時計についてもポジションとしてはスーツやネクタイと同様に、面接に適切なものを選ぶのが良い印象を与えます。ですが、自身の歳にあったものというのも重要で、新卒で受けた面接のときにしていたものよりは多少なりとも値段が高いものにした方が好ましいと言えるでしょう。

転職期間ではそういう風にしたいわけではないのにだれた生活になりやすいですよね。

転職の間は、そういう風にしたいわけではないのに時間が有り余っているため、だらけてしまいがちです。・・であったとしても、そのような過ごし方を習慣にするのは危険です。人間というのは、緊張感のない、だれた生活を習慣化してしまうと、「メンタル面」にも問題が出てくるからです。いつの間にか働く意欲を失い、お金が回らなくなって苦しくなり困ってしまいます。そうしているうちに、生活も仕事も悪循環になり再就職先をなかなか決められなくなります。次の仕事を決めることができないのは、もらえるお金を第一に考えるからです。お金を第一に転職先を探すことになるとキャリアアップのために転職しようと思っていたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。そんなわけで、お金に縛られない生活をするためにも、だれた生活は、転職活動中にしないようにしましょう。

最近はインターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社もたくさんあります。

近年、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングの専門会社も増加しています。あなたに特許を出した経歴があるなら、そういった会社からのコンタクト率が高くなるといいます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を出願した人のほかに、「研究開発」における論文を出した人や、「マスコミ」によって注目を浴びた人など、「功績」ある人に狙いを定めて、電話やメールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのためのネタとしています。仮にあなたが、ヘッドハンティングらしい話が出てきた場合は、そうなったきっかけを考えてみましょう。めったにないことですが、ヘッドハンディングを装って、登録料を要求しようとする業者もありますが、そのような業者はたぶん詐欺といえるので騙されないように注意しましょう。ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払う形になるので転職希望者がお金を出すことはまずありません。

何年か前までの求人情報には、雇用主が求める人材の「性別」ま・・

一昔前の求人情報には、募集条件の中に「性別」について、記載されているのがほとんどでした。でも、男女雇用機会均等法の施行等により、男女の求人や、採用での差別をしてはいけない事となり、応募条件に「性別」の表記ができなくなりました。そんな変化があるものの、働き手を募集する雇い主としては、本来はどちらが希望と言う想いがあってもおかしくはありません。なので、実は男性が必要とするジャンルに、女性が応募したり、女性が必要なのに男性がエントリーしてきたり、といったトラブルも無関係ではありません。もし、「女性が活躍している仕事場です」と紹介されていたら、希望しているのは女性だと捉えておく良いです。

就職活動において、年収はとても大事なポイントです。

転職活動では、「年収」が話題に上がります。面接では、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき実際の年収を偽って、多く申告し、多額の年収を確保しようと試みても、無駄でしょう。なぜなら、源泉徴収票が必要となるため、仮に一度は騙せたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ず後からバレてしまいます。ヘタをすると、トラブルになりかねないので、現職での年収は正直に申告し、それに釣り合う希望年収額を設定しておくのが無難です。現在の年収が400万円の方が、転職して500万円となる可能性は通常あり得ません。現在の年収が430万円であれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくとよいでしょう。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、せっかく入社した会社をその後、退職しなくてはいけなくなる恐れもあるので、気をつけましょう。

転職先を探している間は、自分の好きなことに没頭することに加・・

転職先を探している間は、趣味に没頭したり、体力を損なわない生活を習慣化しておくと良いでしょう。採用が決まり、仕事復帰した際に、趣味に打ち込んでいたおかげで無意識の間に集中する力が高まります。そしてまた、体力を補っている事で、その場の社員と比較すると体力が持続するということを認識します。そのため、退職してからの生活は、興味のあることに没頭することと、体力を落とさないようにしておくのがベストです。今後、職場であなたと同じ趣味を持つ人と知り合えたのなら、直ぐに親しくなることができるので、趣味を極めることが転職期間中の時間の有効活用となります。

ほんの2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというのに、…

ほんの3ヶ月まえに、転職したばかりであるにもかかわらず、何ヶ月もたっていないのに辞めてしまうケースが意外とよく見受けられます。リフレッシュな気持ちで自分自身に合った職場を手に入れたはずなのに「自分自身の想像していた仕事とかなりギャップがあって幻滅した」「納得行かないのでウンザリしている」といった感じで退職してしまうことが多いようです。可能ならこういった転職における失敗を繰り返さないためには、とにかく前もっての情報集めは欠かせません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、通勤時間、給与体系、など調べておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

一度、現職からの転業を決めたのであれば、徹底的に同僚…

万一転業の決心をしたのであれば、社内の人には内密にそれを言わないように、首尾よく転職活動を進め、現在の会社に所属している間は、できるだけ同僚に知られないように通常通りに業務をこなしていくのが合理的です。その姿勢を保っていれば、希望通りの転職先探しがうまくいかなくても、転職予定を見送って現職をそれまで通りに続けることもトラブルがありません。そうではなくて、思わず口にしてしまったら周囲はそれを受けた対応をし始めます。「辞めるつもりです」と一言でもいえば、「あの人は辞める予定の人」と確定します。その後で転職の気持ちがなくなり、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」となっても、会社内の人間は、「一度は退職しようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、仕事を続けている間、立場が悪くなる思いををする可能性が高いです。

求人に係る情報をチェックする場合、「デスクワークがしたい」と考えている人ほど…

求人関連の情報を見るとき、例えば、「事務系の仕事をしたい」と考えている人ほど製造業の項目を読み飛ばしていたりするものですが、そうした人のほとんどは「製造業での募集は、現場の製造マンだけ募集している」と勘違いしているケースもあります。製造業であっても、経理、総務といった従業員募集に加え、資材、購買、営業管理といった「オフィス系」の職もたくさん存在します。でも、製造業の仕事場自体、ビジネス街からやや離れたエリアにかまえていることが多いので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そういった点が受け入れられないと思う人もいるでしょう。しかし、自身のエゴをなくすことで仕事の選択肢が拡がるはずです。

年内中に転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうな…

今年中に転職活動を考えている人で、次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は、可能ならば「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。あなたが働いている会社側できちんと「雇用保険」を払っているのなら、必ず失業手当を誰でも受け取ることができます。そして受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。しかし自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、企業の都合や残業時間によっては即、受け取ることが出来たりもします。なお、もらえる失業手当の金額は会社で最後に受け取った月の給料を基準に失業手当の支給する額を算出されるため、現在の会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

転職活動をする上での最後の壁として、「今の会社の退職」があげられます。

転職活動をする際の最後にクリアしなければいけない難問として、「今勤務している企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先が採用の内定を出したとしても、現在勤務している会社があなたを手放したくないとして引き留めるというのもよくあることです。そのようなケースでは、「何が何でも退職する」という強固な気持ちでいることを大切でしょう。会社に残るように説得されて、残ったとしても一時辞めたいと思った会社は、遅かれ早かれ関係が終わることになります。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届をつくっておきましょう。その後、決定権のある上司と直接話し、「退職にあたって、いかなる交渉も受け付けません」と(毅然とした態度で)伝えましょう。「円満退社」で去ることも転職活動において大切な要素となってきます。

生まれて初めて失業保険の給付を受ける場合、じっとしていれば給付されると思っている…

生涯初の失業保険の給付を受ける際に、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える人が少なくありませんが、それは間違いです。実は、希望通りに受け続けるためには、職探しを行っていなければならず、その上に、月に一回以上はハローワークに行く必要があります。1ヶ月間隔でハローワークの職員と話し合いをして、真剣に就職活動をしていることを理解してもらえれば翌月の給付が振り込まれるというシステムです。対称的に、本気で就職活動に取り組んでいないと判断されたり、毎月の職員との面談に顔を出さないときは、強制的に給付をストップされたり、ときには以降の給付資格を失うことになるのでそうならないよう気をつけておきましょう。

以前は、「転職サイト」を利用するより、「ハローワーク」を優先していました。

これまで私は、「転職サイト」を利用するより、「ハローワーク」で探していました。というのも大きな「転職サイト」は、構造上、都心部を中心にした求人しか見当たらないからです。そのために、求人を探す時は、いつも「ハローワーク」を使っていました。やっぱり、大手転職サイトに掲載されている求人より企業の数や、給料といった点は見劣りするのですが、昔から地域に寄り添った企業が多く、とても信頼性が高いです。しかし、「どんな求人があるかわからない」という先入観がある方も多くいるかもしれません。思いのほか、転職サイトにはない求人があるかもしれないので、数年以内に勤めている会社を辞めたい場合は、ハローワークへ1度は行ってみるのも良いと思います。大手転職サイトみたいに執拗なニュースレターの心配もありません。

転職先を決めるにあたって、当然仕事のやりがいアップと一緒…

転職先を探すにあたって、当然仕事のやりがいアップと共に加えて年収が上がることも大きなポイントですから「年収比較サイト」というところに登録していろいろと調査をしています。全く同じ会社で加えて全く同一の職種、社歴であるにも関わらず人によってかなりの違いがあることも複数あり、ぶっちゃけて言えば面接で質問をしたことがあります。面接官も同じサイトを見たことがあるようで「高い収入で書かれているのは、書いたのは誰であるのかそこそこ予想がついているのですが、多分格好をつけているのでしょう。低い方の年収だと考えておいてください」とのことでした。

転職サイトは、大手が運営しているものであるほど案件が多いの…

転職サイトは有名なサイトであるほど掲載される求人情報がたくさんあるため、2社か3社くらいとりあえずは転職サイトに登録し、勤務地や年収などの条件を設定しておき、条件に合った案件が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと情報収集がラクになります。しかしながら、初めだけは登録するのになかなか時間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると手間がかかりません。登録を行う初回時、時間が多少掛かるため、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、次回以降は、新規案件をチェックするだけでOKなので、次回以降応募するときのことを考えれば、初回の準備を怠らないことを心がけるのが賢明です。

ある古物商の会社で書類審査に受かりました。その後担当者から、面接予定日を連絡してもらいました。

ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考をクリアして面接の日時について先方から連絡をもらい、しかしながら、面接日当日、指定された場所へ行ってみると、どうしてか相手の面接の用意が全くできていない状況でした。しばらく待たされたのち、所長らしき人物が面接担当をしてくれたのですが、始めから終わりまで、非常にだらしのない態度で迎えられ、かろうじて面接が終了しました。しかし、2週間後と言われた結果の連絡がまったくもらえず、待っていられず、私の側から問い合わせると、「郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未着で仕方がないのでもう一度質問したところ、どういうことなのか、「今回はご縁がなかったということで」と勝手に電話が切られてしまいました。私は呆れすぎて言葉も出ませんでしたが、素直に、採用されなくて良かったと感じています。