かつての私は、転職サイトを利用するよりも、いつも「ハローワーク」を利用していました。

今までの私は、転職サイトを利用するよりも、いつも「ハローワーク」で探していました。

  • これまで私は、「転職サイト」を使うより、私はハローワーク派でした。というのも有名どころの「転職サイト」は、システム上、都会や大手の求人がほとんどだからです。そのため、求人情報を調べる時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。もちろん、多少知名度は低くなってしまいますが、地域に寄り添った企業が多く、都会以外での転職には役立ちます。ですが、「ハローワークって地味な雰囲気がある」と感じている人も多いとは思います。思いもよらず、良い求人もありますので数年以内に転職を検討しているのなら、参考までにハローワークへ1度は行ってみるのも良いと思います。有名な転職サイトみたいに大量の電話やメールが送られてくる心配もありません。
  • 転職先を決める際、むろん仕事におけるやりがいアップと一緒…

  • 転職を行うなら、むろん仕事におけるやりがいアップと共に年収が増えることも大きなポイントですから「年収サイト」というサイトに登録をして事前に研究をしています。一緒の会社でそして全く同じ職種、社歴なのに人によってすごく幅があることも少なくなく、ぶっちゃけて言うと面接の際質問したことがあります。面接をした人も同じサイトを見たことがあるようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた人物も誰かそこそこは予想できるのですが、多分格好をつけてるんですよ。低い方の年収だと覚悟しておいてください」とのことでした。
  • 転職サイトは大きなサイトの方が掲載される会社の数も多くなるので…

  • 転職サイトは大きなサイトの方が多数の転職情報が掲載されているため、2~3社ほどともかくメンバー登録しておいて、希望する勤務地や年収についてチェックを入れて、あとは条件に合う求人情報が掲載されたら自動的にメールが送られるように設定しておくと情報収集が容易になります。とはいっても、最初に限っては登録するのに非常に手間がかかるので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると手間がかかりません。登録初日は時間が多少掛かるため、案件の検索と応募だけでも大変ですが、次回以降は、新着の求人情報だけチェックすればいいので、後の応募を考えれば、最初の段階できちんと準備することを、心がけるのが無難です。
  • とある古物商の会社で、書類選考をクリアしました。すぐ…

  • ある古物商の人員募集にて、書類選考に受かりました。2、3日して先方から面接の日時を教えてもらいました。しかしながら、面接日当日、指定された場所へ行ってみると、行き違いがあったのか相手が面接の用意を一切していないことがわかりました。待っていると、責任者らしき人が面接に応じてくれましたが、終始たいへんにだらしのない態度で迎えられ、面接が終了しました。しかし、予定日になっても合否連絡が一切来ず、いてもたってもいられず、私から問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と言われました。しばらく待ちましたが、私の手に届くことはありませんでした。仕方がないのでふたたび、問い合わせたところ驚くことに、「残念ですが不採用です」、とすぐに電話を切られてしまいました。あまりの対応に呆れ返ってしまい言葉も出ませんでしたが、率直に、採用されなくてよかったです。
  • かつては割と多くの人材紹介会社に登録していのだが、その際に特に思ったの・・

  • 求職中のころかなり多くの人材紹介会社に登録していたことがあります。その時に感じたこと、それは転職のアドバイザーの質も本当に色々で大体は不満を感じる担当者でした。こちら側は人生がの大事な事なのにもっと誠意を込めて向き合ってほしいという願いが高まってきてそれが引き金となりキャリアカウンセラーになろうと考えたのです。キャリアカウンセラーとして働くための資格取得にはコストもかかりました。それに加えて勉強においてもかなりハードですが、求職中の人から信用されるキャリアカウンセラーになるべく頑張っています。
  • 派遣会社での仕事が決定しました。

  • 派遣会社での仕事が決定しました。お仕事開始の初日に派遣会社の営業の担当者と会社の近くのコンビニエンスストアで待ち合わせをしたところ、彼がなぜか約束したお店の前にいないので中にいるのだろうと思いコンビニの中に入ってみると、担当者は大胆にも雑誌コーナーにしゃがみ込んで成人雑誌のグラビアページを開けてじっと見ているのを発見しました。こんな人が自分を担当するなんて我慢できないことだと感じて、その場で声をかけることなく気付かれないように店の中から出て即座に派遣会社へ辞退する旨の連絡を入れました。
  • 再就職を考えているなら、労を惜しまずに多くの企業の募集…

  • 再就職を予定しているのなら、まめに色々な会社の募集案内を定期的にチェックしておくと転業時の選択にとても役立ちます。今現在の仕事に不満足だと、転職活動する際に、どんな企業でも魅力的です。そうなってしまうと、どこを選択すべきか迷ってしまうので判断を誤る可能性が高くなります。ヘタをすると、短い期間で退職しなくてはならなくなるので、事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておくべきなのです。良い方法は、会社の雇用面だけ見るのではなくその企業の「取引先」にも目を向けてみましょう。良い企業は、取引先を公開していますし、反対にそういった企業ではない場合、宣伝ばかりに力を入れる傾向があるので、その点をおさえて求人情報を見るようにしてみてください。さらに、会社によっては、個人グループに入っているものもあったりするので、グループ名で中身をチェックしておくのも良いでしょう。
  • 転職の時にする面接ではクールビズでお越しくださいと事前に連絡が来るケースもあります。しか・・

  • 転職の面接においてクールビズで来てくださいとと事前に連絡が来る場合もあります。しかし、クールビズで面接するのは実際は減点対象になるのでは?と思ってしまいます。クールビズの悩みを懐に感じている方々に進言したいのは、クールビズで来ても良いとされた面接なのであれば、伝えられていることをそのまま行動に移したほうが安心できます。悩みすぎて、真夏なのにしっかりとスーツを着ると自然ではありません。ですから、会社側からクールビズ可と伝えられたらクールビズで良いのです。
  • 新卒で採用された会社で相性の悪い上司に嫌な気分にさせられ…

  • 在職していた会社で感じの悪い上司の存在に悩まされ、結局やっていくのは難しいと判断してその会社を辞め、他の同業者の企業に転職をしました。転職先の会社では上との関係も良好で仕事ができてとても満足した毎日でしたが、緩やかに会社の収益が落ち込み、最後にはとある会社に経営統合されることとなったのです。その統合した先の会社が驚くなかれ前に働いていた会社で、おまけにとても嫌いだった上司がもう一度私の上司になることに。まったく困ったことになりましたが、なんでこんな縁があるのでしょうか。当然ながらもう一度転職活動をやり始めています。
  • 現在あなたが、「転職サイト」を利用して自らが新たなチャレンジので…

  • あなたがもし転職サイトを活用して自らの希望条件に合った魅力的な仕事情報をあれこれ見ているのなら、お勧めなのが転職エージェントです。必要情報を入力し、エージェントサービスの登録手続きを終え、エージェントが紹介してくれる求人情報は、一般的に公開されていないからです。誰でも見ることのできる公開求人とは違ってどう比べても、比較対象にならないほどとても質が良いといえます。また、あなたの条件にピッタリなものを調査しながら紹介してくれます。だから、かなりの精度で希望する理想に近い業種の求人を教えてもらえる可能性があります。もし仮に同じ求人に行きつくとしても、自分の力で最初から探すのと比べればとても効率はいいです。ですからたいへん試しておく価値はあります。
  • 就職活動をするとき、ネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)…

  • 職探しをするにあたっては、ウェブ上で就職斡旋してくれる「エージェント」を利用することもあるでしょうが、そこに登録し、運よく転職に成功した場合でも、失業保険とは何の関係もないので要注意です。ハローワークを使わずに就職が決まったとしても失業保険は給付されないので気をつけなければいけません。これに対し、ハローワークにより斡旋してもらった会社に就職した場合は、就業用の準備金として「一時金」を受け取れたりもします。ウェブ上のエージェントは、私的機関です。斡旋の報酬として企業から紹介料をもらうだけで、失業保険とは無関係です。このような点を押さえておかなければ、失業中に給付金をもらえなくなるので、気をつけておきましょう。
  • 派遣会社に入っています。インターネットサイトでなにげ・・

  • このところ私は派遣で働いています。インターネットサイト内で自分にぴったりの仕事を探し出して聞いてみると「そのお仕事はもう別の方が採用されました」と言われてしまい瞬間的にウェブサイトからお仕事の情報が消えるのですが、その次の日になれば消えたはずの情報が掲載されています。これって結局私ではダメって意味ですよね。それなら初めからカドが立たないくらいに正直に伝えてくれれあありがたいのですが、なかなかそういうわけにいかないでしょうか。はたまた客寄せのためのダミーのお仕事なのでしょうか?
  • この頃はPCやスマホを見ればネットで見られる世界に…

  • 世の中は変化していてスマホは便利でインターネットのエリアには、今では「転職のためのサイト」に類するものが数限りなくあります。その多くて困るくらいのサイトから自分が欲している転職先というのを見つけたいなら、何よりも情報を集めることが欠かせません。このような転職サイトをしっかり使うことで、スムーズな転職先探しができます。更新頻度が高く、さらには客観性と正確性を持ち合わせた優良なサイトがある一方で、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから充分に注意しておきましょう。まずは、信用できるサイトかどうかを見極めることが大切ですから類似サイトと比較しながら厳しく確かめてみましょう。
  • 初めて転職を行うとき、注意しなければいけないのはなぜ現在の仕事を去らなければいけないのかについ・・

  • はじめて転職を行う場合、心がけるべきことはなぜ現在の仕事を辞める必要があるのかについてクリアにしておく必要があります。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておきましょう。その後問題解決ができる会社を選択しましょう。転職活動は、新卒の就職活動とは大きく異なり、今の仕事を行いながら就職活動をしていくことから、時間と体力とが必要だと考えられます。そのため明確な理由もない状態で転職活動をした場合、途中で息切れしてしまうおそれがあります。どんな方法を使ってでも転職したい、現状を変えたいといった強固な意志がない場合は、転職活動を行うのは待っておいたほうが良いでしょう。
  • 転職した会社でそれまでに培われてきた資格やキャリアを活かすことができれ・・

  • 新たな職場でこれまでに培ってきたキャリアが生かせれば、即戦力として周囲から高く評価されて、すぐに仕事場で存在感を得られるでしょう。それはつまり会社サイドしても、スキルを持つ人材は常に必要なので、タイミングさえあえば、そんなに難易度は高くありません。更に今までの仕事内容と同じような環境の職種なら転職すること自体すんなり行くはずです。とはいえ、即戦力となる能力があったとしても一流企業の事務系の仕事や、公務員といったジャンルは、時代背景に左右されることなく中々の競争率を勝ち抜く必要があるので楽観視は禁物です。
  • 転職を度々しないための術が一つだけあります。

  • 退職と転職を度々しないための方法が一つだけあります。スキルアップもそうですが、それとは別に精神的なスキルを磨くと転職を繰り返さなくなります。今現在は、ネットがあるので精神面を鍛えるコツは誰でもカンタンに拾えます。加えて、転職と異なる行動をする事も精神面を鍛えられます。その行動とは、海外旅行です。海外は、日本とは異なった様々な文化があり、刺激をたくさん受けることができます。なので、帰国してからも心境の変化を実感できるはずです。帰国してみると、「自分の視野の狭さ」に驚き、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま(転職のための)面接に向かえば、今までの面接とは違い自信に満ち溢れた態度を示すことができます。でも、退職後は精神的に弱っている人が多いので心の回復のために休みも必要です。