転職のための採用面接に転職したい会社へ訪ねました。

転職のための面接にある会社に赴いたときのことです…

  • 転職のための採用面接に伺ったときのことです。偶然その会社で部屋がすべて他の客でつまっているということで社外の会場で待ち合わせて採用面接が行われて、当該会場で解散し、面接を行った方もそのまま自宅に直帰されるとのことでしたが、ところが自宅最寄駅が同じ。結局は電車の中でも彼とずっと会話をしながらいっしょに帰ることとなり、そのため緊張が解け面接しているよりも話が弾んで、それがプラスに働いたのか幸運にも採用を掴むことができました。

  • もしも将来、転職をするつもりなら、事前に資格を取得することでステップアップできます。

  • もしもあなたが転職を予定しているのなら、事前に資格を取るとステップアップします。また、現在の仕事をしているあいだに資格を取っておくのがベストです。転職活動の際にあたって幅が広がるので、仕事を見つけやすくなります。ですので、資格取得は、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が良いタイミングです。あなたが未来を見据えて、社会的にニーズの高い資格を取得しておけば、会社を辞めた後も心残りなく仕事を探せます。しかも、資格を手に入れることで転職先の面接の場では面接担当者に即戦力になる人材だと認められ、以前の職場より待遇アップも期待できるでしょう。

  • 転職した際には、大体の場合、以前の会社の仕事の記憶は美化されます。

  • 転職したケースでは、だいたいの場合はそれまでの会社の仕事のほとんどは美化された記憶となります。本当のところ現在の待遇に満足できないから、それをどうにかするために、どうにか退職を決め、転職したはずにも関わらず、時間の経過とともにどうしてかわからないけれど新しい会社よりも「前のほうがよかった」と感じるのです。というのも至って自然のことで、以前の職場では仕事を把握していて、わけなくやるべき仕事がこなせていたのが、一番の理由にあると思います。その一方、「やっぱり退職するんじゃなかった」と思うほど、前の職場のほうが職場環境や環境がいい可能性もあります。

  • これまで20代前半で転職を数回した為、今現在は資格を取るべ…

  • これまで20代前半の時点で転職を数回し、今現在は資格取得のために「派遣社員」を選択しています。常勤の勤務とは異なるため、どうしても手取りは以前よりも少ないです。心と時間に大きな余裕が生まれました。たまに、学生の頃に資格を取り、就職できれば良かったのに、とは思います。資格を活かしている人を見るとなんだか羨ましく感じてしまいます。前までの私は、今の自分と他人をどうしても比べてしまい、落ち込む日もありました。現在は結婚を契機に私の生活そのものが大きく変化し以前よりもその中で将来の目標も定まったので私も新たな目標に向かっています。

  • 社会的な転職を取り囲む状況についてですが、今の安倍政権では、…

  • 転職を取り囲む状況は、政治によって左右されつつあります。今の安倍政権によって、アベノミクス「三本の矢」といった形で新たな経済に関係する政策が打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策が日銀の金融政策とあいまって、財界・企業間でも次世代の明るい動向が著しく現れてきています。そういった変化が加わったことで、民間企業サイドでも今度は労働人口減による「働き手が足りないこと」が社会的な問題として取り上げられています。将来的に「外国人労働者」の総数を現状よりも増やしていく、と現内閣は宣言しています。転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした社会的変化のなかで国内の雇用・転職事情も大きな影響が出てくるのは間違いないでしょう。

  • 日本には昔から「石の上にも三年」といわれる諺もあります…

  • 昔から「石の上にも三年」という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。昨今、定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが身近なものとして捉えている人も多いはずです。が、転職と言っても誰でも彼でも、何時でも、何処でも、というようなやたらと仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。再就職したいなら、適したを的確に捉える必要があります。初歩として、今現在の職場、全般的に、例えば仕事内容や待遇面について不服点を5~10個ほど、リストアップしてみてください。この作業が、転職活動がスムーズになるはずです。そして、おおまかな進路が見いだせたら、できるだけ手早く、今よりも良い仕事ができるよう、頑張っていきましょう。

  • 転職をする時に絶対に書かなければいけない履歴書や職務経歴書についてですが、…

  • 再就職する時に絶対に準備する必要のある履歴書などにおいてですが、大方は自筆ではなく、パソコンを使って作成するのが主流となっています。現在の日本では履歴書や職務経歴書についてはパソコンによるものではなくペンを使って作るというのが当たり前だと思われる面も多々ありますが、それは新卒時の人たちの就職活動やアルバイトやパートの時の履歴書であって、実は、転職をする時については100%必ず手書きでないといけないとは言えないのです。手書きの履歴書を高く評価するところもあるようですが、違う場合がだんだん増加してきますから、パソコンで作った履歴書でも良いケースはたくさんあるのです。

  • これはシフト制の業務についてです。

  • 「シフト制」の仕事についての話なのですが、毎週、一定の曜日に仕事できる人を募集している求人をけっこう見るのですが、もしも応募しようと思っているならシフトの出し方や休み方について、面接の際に確認しておくべきです。それはなぜかというと、私は以前産休で抜けた人の代理として正社員として勤めることになったのですが、「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、他に誰も来ず、新入社員の私一人だけで現場を任されるだけでした。前任の女性が土曜、日曜に必ずでれる人だったので、私も出勤できる人と思われていたようです。ですから「土日」に外せない用事が入ると、シフトを変えてもらう必要があり、同じ部署の先輩方に「代わりに出ていただけませんか?」と自分で連絡を入れなくてはいけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い返すと本当によくやってこれたなと思います。

  • 転職したい会社で会社見学などがあれば、すごく勉強になります。

  • 転職したいと考えている会社で会社見学しておけば、たいへん参考になります。とりわけ、職人さんのいる会社ではスキルを近い距離で見られるので気持ちが高ぶります。しかし、「職人」がいる会社見学は、見学者にはほぼ例外なく、日常の仕事風景とは違っているものです。例を挙げるとブルーワーカー(肉体労働)などの業種です。この業種では、癖の強い人が多いので入社してからでないと、実際の姿は伺えません。ですから、見学だけの仕事だと解釈しないことがたいへん大切です。それに加えて、見学時に仕事体験ができる会社はとても危険ですから良い会社とは言えません。入社してもいない人には万が一ケガなどのトラブルに見舞われたとしても、保障が一切ないので、スタッフから勧められてもていねいに断りましょう。

  • 職を変えようとしようとしている時に見る募集事項は、通常のものと…

  • 仕事を変えようと考えている時に目を光らせることになる募集事項は、おおまかなものとして記載されている確率もあり得ますので、記載内容が必ずしも正確であるとはあてにするのはやめておいたほうが賢明でしょう。そのなかでも生活に大きくかかわってくる給料の額などに関しては、全社員を平均した給料なのか?最低保証の金額であるのか?最も高く見込んだ給料であるのか?という判断ができる人は少なく、自分の勝手な判断で考えてしまうと、今後、嫌な思いをする可能性もあり得ます。そのため、嫌な思いをすることになる前に、募集事項は、うのみにせずに、そういった重要な内容は会社の方に直接問い合わせた方がベストでしょう。

  • 転職をする際は、事前にウェブサイト、求人票、企業パンフレットな…

  • 転職活動では、前もって、ウェブ上の求人サイトを見たりして転職したい会社を調べるはずです。ところが、当該会社が情報を載せる際には、専属「コンサルタント」の指導が入っている、という事実を理解しておいた方が良いでしょう。コンサルタントは、会社にマイナスになる情報を隠す傾向があります。仮に公表するとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。その種の会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などの話は、すべてを事実だと考えるのではなく、半信半疑で聞いている方がいいです。情報を信じて入社してしまった場合、期待していたことと全く違うと後々、後悔したり、場合によってはトラブルに遭遇するおそれもあります。悪徳会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後、あれこれと難癖をつけて辞めさせないように画策しています。このようなことは、いわゆるブラック企業に多いです。

  • 友人の紹介をキッカケにして転職先を見つける人もいます。

  • 知っている人からの紹介を通じて転職の先を見つける人もいます。とはいってもそこでの労働環境や、それから労働条件に関する情報について、友人からの口コミ情報のみで鵜呑みに判断してしまうと後々トラブルになることが多いです。というのも、そういう口コミ情報というものは誤解・齟齬が多くなってしまいます。要するに友人・知人にとっては、今よりずっとベターな職場環境だとしても、自分の価値観に照らし合わせたときには、ストレスだらけの環境、、、という可能性かもしれません。でもその逆も然りです。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミを過剰に信用しないように、自分自身の決断を信じるしかありません。

  • 長年接客関係で働いていたのですが、加齢とともに立ったままの仕・・

  • ずっと接客関係で勤務してきましたが、年齢的に立ったままのお仕事は体力的にきついため、座って仕事を続けられる事務系のお仕事への転職を視野に入れて行動を起こしました。事務の経験がないと少々厳しくて、そうであれば接客業の経験も活かせる受付兼医療事務になろうと資格も合格して個人クリニックに転職しました。周りはベテランである先輩パートさんだらけで人間関係に関しても難しい。夜間のシフトばっかり押し付けられて、接客業時代より帰る時間も遅いのですが、最初はキャリア形成の時期だと考えて仕事に励みます。

  • 転職をする際でかなり高い確率で追求されることが会社を辞職し・・

  • 転職をする際に面接で絶対といっていいほど問われるのは辞職したわけです。このような質問に答える場合には話題を前職からそらしたほうが安心です。会社を辞めた理由に焦点を当てると必然的にマイナス要素を伴った話題になってしまうので。どのように進めればいいかというとなぜ前職を退職したのかという事をこの職場にぜひとも入りたかった理由があるといった話の中身にすべきということで、自己アピールもかねて今自分が入りたいと思っている方の会社に話の方向をもっていくべきなのです。その会社の話であれば、悪い面ではなく積極性を前面に押し出した以前の会社を辞めた訳にすることができます。

  • 転職のための活動を行う際は、とにかく自分の心のう・・

  • 転職をする活動を成功させるには、何よりもあなたの内心が落ち着いていることを重要視したいものです。在職中に転職をするための活動では、それほどそうでもありませんが、退職後に行う際は、やはり焦りが出てしまいます。その点を踏まえ、冷静になりつつ、活動してみましょう。将来、あなた自身でしてみたい仕事や、理想とする職場の雰囲気を明瞭にしてみましょう。実際の職場とのそれらが合致しているかどうか、しっかり、冷静に確かめてみましょう。しっかり考えることで転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。

  • 転職で、「派遣社員」を選択しようと考えている人に注意してほし・・

  • 転職を、「派遣社員」を選択しようと思っている人にチェックしてもらいたい点がいくつかあります。まず派遣社員に関しては、お茶出し、データの入力などの雑務、雑用等をといった仕事内容をなんとなく考えた方が多いかと思います。はじめは私も現在働いている職場に入るまでは「電話対応がメインです」と入社前に派遣会社の担当者からも聞いていました。が、業務に掛かると、「電話対応」以外に、退職した正社員の業務の穴埋めを要求されました。とくに何をしていいのかもよくわからず、はじめに説明された内容とは全く違うので毎日全くわからないような内容でしたので、今は、「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。