近頃は、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようにな…

現代では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、…

今日では、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件に対する取り締まり強化が実施されたり、悪質な会社が公開されるなど、不利益を被る流れができてきましたが、完璧とは言い難いというのが現状です。ということで、事前に面接時に「ブラック企業」を見破る方法を覚えておきましょう。とりあえず、求人票などに記載されている労働条件を見ておき、それらをもとにあれこれ質問していきましょう。「ブラック企業」が相手の場合、質問したことが嘘であれば、不自然な返答になったり、「その場ではちょっと答えられない」といった逃げ腰になります。特に「給与」「休日」「残業」の箇所については、詳細について尋ねると、渋い顔をすることが多くあります。それでもしつこく聞くとふてくされた態度を見せるので、そこで「この会社は信用に値しない」と確信できます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、見抜いた方が後々いいと思います。

安定的な人生を手に入れるために正規の雇用社員を目指している・・

安定した暮らしを欲しがり「正社員」として働きたいと考えている人は多いと思います。ですが、即戦力として働けるようにいくら頑張っても正社員として採用されることが実現しないこともあります。派遣社員の求人募集は結構あるのに正社員の求人募集以外はそっちのけで時間がムダに過ぎる、といった人が最近多いようです。万が一あなたが、正社員として希望する仕事に転職できない場合は、契約社員や派遣社員の求人募集も選択肢に加えてみましょう。契約社員や派遣社員募集の会社の中には働きぶりによって数年で正社員へのキャリアアップを狙えるところもあるからです。ですから採用面接時に、こういった可能性をヒアリングしても将来設計も組みやすくなります。

自分自身の大好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている方は注意した方が良いです。

自分の得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている方は要注意です。これは、私が経験したことなるのですが、私は、もともと食べることが好きでそれが理由で飲食の世界(レストラン)で勤務していたことがあります。その飲食店での業務は、そのお店で私が任されていた仕事内容は、シンプルな盛り付け作業やホール業務でした。この仕事内容に関しては、嫌なこともなく楽しみながら仕事ができていました。けれども、人間関係に悩まされました。ということが理由で、退職することにしたのですが、その影響で、大好きだった食べること、そしてそのレストランで提供していた食べ物すら苦手になり、類似の店には現在も行けません。当時の店の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。この仕事を始めた当初、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。大好きなジャンルの仕事に就きたいと思うのは素敵なことだとは思います。ですが、あなたの「好き」の度合いはどの程度のものか、じっくり自分自身と向き合ってから行動するべきです。

働いていることで心的な負担がかなり増え、転職しなくてはいけない状況にまで悪化したなら、…

仕事をするにあたって心的にかなり厳しくなり、職場を変えなくてはいけない状況となったなら、そのときは、職場の人に相談するよりも自身の家族と相談して、退職するかどうかの判断をした方が良いです。というのは、働くことは当事者である自分ですが、同時に身内の問題でもあるのです。毎月、納得のいく高い給料を得られたとしても、心的ダメージを負ってしまうほど、我慢しながら無理しながら働くのは健全とはいえません。昨今は、経済的なことよりも、働く当人が働きやすいことを優先で前提にする生き方も段々と増えつつあります。あなたの家族とあなたの心身をいたわりましょう。

近頃、株式・不動産投資などの不労所得、あるいは独立といった生き方も増えています。

今では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得のほか、個人経営 ・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そういったような世の中の変化に伴い、「会社員以外は不安定だしキケン」といったこれまでの考えも変わってきています。高度経済成長期に関しては株式投資や自営業よりも組織の一員であるほうが安定性にすぐれ、人生の花形として、またそれが当たり前であるかのように、一般の人々に認識されていました。そのような社会全体が等しく成長する時代は過ぎ去り、今のような時代は「成熟期」という風にも呼ばれます。近い将来では、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、仕事で人が要らなくなる社会になっていく、とも言われます。

派遣会社に登録して仕事をしている人が近時増えています。

働くのに派遣会社に登録する人が近頃増加する傾向にあります。もしも自分がが派遣社員として働く場合は、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、その中で何割が自分に支払われるのかを極力面接時に聞いておきましょう。派遣業は、労働力を必要とする企業に人材を派遣し、その見返りに、手数料を天引きするシステムです。現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしている場合がほとんどです。5割以上を労働者に還元しているのであるなら、まだよい会社ということも可能ですが、あまり情報開示をしない業者が多く、ひどいケースでは、8割も自身の懐に入れ、2割しか労働者に還元しないケースもあるのです。面接時に、まじめに回答に答えてくれない派遣業者は、不都合な点を隠す体質であることが少なくないので、極力異なる派遣業者のもとで登録されることを推奨します。

転職活動をスタートする際、まずは勤務している会社を辞めて…

転職活動を始めるときに、まず勤務している会社を辞めてからという考えを持っている人もいるようですが、完全に今の仕事を辞めてから転職しようとするときにはボーナスのことを事前に確認しておきましょう。社員にボーナスを支給する企業はたくさん存在しますが、ボーナスの支給がある会社のケースだと、ボーナスが振り込まれる時期が近いときには、その後で辞めるという手も賢い方法です。ボーナスは少々額が大きいので、手に入れておいた方がいいとも言えますから、辞職する際にはボーナス支給日を最初に調べておいた方がスマートなやり方です。

もっと良い職場の社員になりたいと転職をする活動をしている…

いい企業の社員になりたいと転職を希望する場合、「少しでもはやく採用通知を手に入れたい」と思ってしまうものです。ただ、良い知らせを欲しいばかり、自身のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、あるいは逆に過小評価するかのような行動はゼッタイに止めておきましょう。そうではなくて、焦る気持ちをブレーキを掛けて、冷静かつ客観的にあなた自身の能力にあった職場探しに専念しましょう。これまでのキャリアを活用できるように、加えて、今後のキャリアアップが見込める会社を選択してみましょう。

転職する時に行われる面接のときにつける腕時計について申し上げますが・・

再就職の面接で着用する腕時計については、目立つようなタイプの腕時計はやめた方が安心です。この目立つという意味は見るからに高価そうに見えたり、といったことだけではないのです。それとは反対に安い腕時計の印象を持たれてしまうとか、そのような目立つということで真反対で目立つ、ということで覚えておいてください。転職時の面接につけていく腕時計においてはポジション的にはスーツやネクタイと一緒の考え方で、面接にふさわしいものを選ぶのが確実だと言えます。ただ、自分の歳にあった腕時計というのもとても肝心であって、新卒で受けた面接のときに着けていた腕時計よりはほんのちょっとでも値が張るものにした方が年齢に見合っているとはっきりと断言できます。

再就職先を探している間は、そんな風に過ごすつもりもないのに…

転職期間中は、ついつい時間に余裕があるため、ダラダラとした生活になりやすいですよね。だとしても、そんな状況は避けるほうが賢明です。それは、緊張感のない、だれた生活が普通になると、肉体的にだけでなく、「精神的」にも悪影響が出やすいためです。やがて、働く気力がわかず、経済的に困る状況にも・・・。このように、悪いサイクルができてしまい、転職をしたい会社をなかなか決められなくなります。次の仕事が決められなくなるのは、お金を一番に考えてしまうからです。お金を最優先に考えざるを得なくなるとやりたかった仕事を求めて転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。そのため、お金に縛られない生活をするためにも、だらけきった生活は、しないように常に意識を持ちましょう。

現代はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外にも…

今日はネット上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの専門会社も増えてきました。あなたに特許を出した経歴があるなら、コンタクトを受けやすくなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を出願した人に限らず、「研究開発論文」を発表した人や、「雑誌・テレビ」などで話題になった人など何らかのインパクトがあった人に狙いを定めて、電話・メールで接触してきて、ヘッドハンティングのための理由にしています。仮に、あなたがいかにもヘッドハンティングのような話が出てきた際には、自身の過去を振り返って、「キッカケ」を考えてみましょう。たまに、ヘッドハンティング名目で登録料を要求しようとする業者もあるらしいですが、そのような会社は間違いなく詐欺ですから気を付けましょう。ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払う形になるので転職希望者が負担するものではありません。

何年か前までの求人情報には、募集条件の中に「性別」ま…

数年前は求人情報では、募集条件の中に「性別」まで、きちんと書かれていました。しかしながら最近では、1986年に施行された男女雇用機会均等法の影響によって、男女の求人・採用差別をしてはいけないルールができて、応募資格の中身に「性別」の表記ができなくなりました。そういった時代になったのですが、求人側は、男性・女性のどちらでも良い、とは心のうちでは考えていません。実際問題、実際は男手を必要な案件に募集に女性がやってきたり、女性が必要な案件に男性がエントリーしてきたり、といった問題もひとごとではないのです。例として、「女性が活躍している仕事場です」という内容の求人募集は、雇用主が「女性」を必要としている、と読むのができます。

就職活動において、年収は極めて重要な要素です。

転職活動をしていると、「年収」に関しての話題は必ず出ます。面接の際、必ず現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき実際の年収を偽って、多く申告し、転職先で高額の年収を得ようと試みても、無駄でしょう。というのは、最終的には源泉徴収を提出することになるので、一時的に信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的にはウソがバレてしまいます。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現在の会社での年収を正直に申告し、それに釣り合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。なお、現在の年収が300万円の方が転職後に500万円となる可能性はほぼあり得ません。仮に、現在の年収が430万円としたら、希望額は400~450万円と伝えておくべきでしょう。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、一時的に採用されたとしても、直後に退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので注意が必要です。

転職先を探している期間は、趣味に打ち込んだり、体力を低下させないようにしておくと…

転職先を探している期間は、「趣味」に没頭することに加え、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れると良いでしょう。いざ仕事を始めた際に、趣味に打ち込んでいたおかげで知らない間に集中力がアップしています。また体力を補っている事で、その場の社員と比べるとスタミナがあるということを認識することができます。なので、休職中は好きなことに没頭することと、体力を落とさないようにしておくのがベストです。この先、その職場にて同様の趣味の方と知り合えたなら、親しくなれるきっかけになります。ですから、趣味をとことんまで極めることも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

数ヶ月ほどまえに、転職したばかりというのに、慣れもしないあいだ・・

ほんの2ヶ月まえに、転職したばかりであるにも関わらず、数ヶ月しかたっていないのに辞めてしまうことを決断する人がわりと多いものです。何故そうかと思うとたぶんリフレッシュな気持ちで素晴らしい環境に飛び込んだものの、「自分の思っていた職場環境と大きく違っていた」「独自のルールにどうしても慣れなかった」というワケで退職してしまうのじゃあないかと思います。でもこういった、転職先選びで未然に防ぐためには、とにかく前もっての情報収集を欠かせません。職場内の環境、通勤にかかる時間、給与システム、などいろいろ前もって調べておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

一度あなたが、とらばーゆの決断したのであれば、完・・

もしも、現職からの転業の思い立ったのなら、完全に同僚にはこっそりとその気持ちを伝えずにうまく転職活動していき、転身先が決まっていない間は、可能なだけ同僚に気づかれないように通常通りに仕事をする方がとても賢明です。転職先が決まっていない間、そのスタンスでいけば、もし転職先探しが難航したとしても、転身を延長しながら、現職にそれまで通りにし続けてもトラブルがありません。そうではなくて、うっかり、「転職するつもりでいる」と口を滑らせると、社内は、その言葉に合わせた応対を取るようになります。おまけに周囲に「辞めるつもりです」と口にしたら、会社内では「あの人は退職する人」と受け止められます。そうなると、転職したい思いが薄れ、「やっぱり仕事は辞めない」となっても、周りは「一度は退職しようとした人」といった目であなたを見るので、在籍中ずっと、立場が悪くなると感じるでしょう。