求人情報を見る際、例えば、デスクワークがしたいからと・・

求人誌をチェックする際、例えば、「デスクワークがしたい」という人は…

  • 求人に関係する情報を見るとき、例えば、デスクワークがしたいからと、製造業をチェックしていなかったりしますが、そんな人は「製造業での募集は、現場の製造マンだけ募集している」と誤解している場合もあります。製造業での求人募集でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、総務などの人材募集をはじめ、資材、購買、営業管理といった「オフィス系」に分類されるお仕事も多数あるのです。ただ、製造業の多数はオフィス街のような雰囲気はないので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そういった部分がイヤと感じる人もいるでしょう。でも、自らのこだわりを捨ててみることで思いがけないチャンスにつながる可能性があるかもしれないのです。

  • 今年中に転職活動をする人のなかで、次までの仕事にある程度期間がある…

  • 今年中に転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでに時間があるのなら、ぜひ「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。これは今働いている企業側が社員に「雇用保険」を払ってくれている場合は、だれでももらえます。手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。自己都合で仕事を辞めた方は失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、今の企業の都合での退職や、残業時間によっては、ただちに受け取れる可能性もあります。このときの、もらえる「失業手当」の金額は、会社で最後に働いた月の直近の給料を軸に失業手当の金額を計算されるため、勤めている会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

  • 転職活動における最後に残る厄介な難問として、現在勤めている企業からの退職があります。

  • 転職活動を行う上での最後に残る厄介な問題として、今勤務している会社の退職があります。転職先の会社がOKしても、現在勤務中の会社があなたを引き留めようとするかもしれません。もしそうなってしまったら、何があっても退職する、という強固な意志を貫くことが大切といえます。引き留められ、一時的に残ったとしても、一度辞めたいと思った会社は、最終的には辞めることになるでしょう。会社の規定を確認し、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を手元に用意しましょう。それから、決定権のある上司と相談し、退職を考え直すことは絶対にありませんと、遠慮せずに伝えましょう。円満退社を目指すのも転職活動で大切なポイントとなります。

  • 生まれて初めて失業保険をもらう際に、じっとしていれば給付されると考えている人が…

  • 生まれて初めて失業保険をもらうケースでは、何もしなくても受け取れると思っている人が極めて多いですが、それは誤解です。本当は、きちんと受け取るためには、「就職活動」をしている必要があり、さらには、月に一回以上はハローワークに行く必要があります。1ヶ月ごとにハローワーク職員との面談を経て、きちんと就職活動をしていることを信じてもらえれば翌月、保険が下りる仕組みになっています。仮に、本気で就職活動をしていないとみなされたり、毎月の職員との面談を拒否している場合は、有無を言わさずに給付が一時停止となったり、場合によっては以降の給与資格をなくしかねないので、注意が必要です。

  • 以前は、新しい職場を探すときは「ハローワーク」で探していました。

  • 以前は、求人情報は「転職サイト」よりも、いつも「ハローワーク」で探していました。その理由は、大手「転職サイト」は、システム上、都心部にある会社の求人情報が多いからです。であったので、求人情報をリサーチする際は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。やはり、大手転職サイトに掲載されている求人より多少知名度は低くなりますが、古くから地域密着タイプなので安心できます。「どんな求人があるかわからない」とイメージしている人が多いとは思います。思いのほか、思いがけず理想の企業もあるかもしれないのでもし転職しようと思うのなら、お近くのハローワークに行って相談してみてください。大手転職サイトのようなこれでもかというくらいのニュースレターが来ることもありません。

  • 転職を行うにあたって、当然仕事のやりがいアップと一・・

  • 転職先を選ぶとき、仕事におけるやりがいのアップと共にさらに手取りが増えることも大きなポイントになるので「年収サイト」に登録をして前もって調べています。全く同一の会社でしかも一緒の職種、社歴なのに人によって無視できないほどの幅がある場合も数多くあって、ぶっちゃけて言うと面接を受けた時に質問したことがあります。面接をした人も一緒のサイトをよく見ていたようで「その高い年収で書いてるのは、書いた人も誰かだいたい予測はついているんですけどね、おろらく格好をつけているのでしょう。低い方の収入だと考えておいてください」とのことでした。

  • 転職サイトは、大手であるほど案件が多いため、興味を引く2~3社を、…

  • 転職サイトは大規模なサイトの方が多数の案件が掲載されているため、2~3社ほどまずはサイトに登録し、勤務地などにチェックマークをいれておき、さらに条件に適合する案件が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと情報が集めやすくなります。しかしながら、初回は登録するのにとても手間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をしっかりと作成しておき、それらをテキストアプリに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら、登録を進めると楽になります。初めの登録のときは多少時間がかかることから、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、その後は新規案件のみ確認するだけでよいので、次回以降の応募を楽にするめにも、最初の準備を怠らないことを心がけるのが無難です。

  • とある古物商のお店で、書類選考に合格したので、担当者から面接日時を告げられました。

  • とある古物商の求人にて、書類選考をクリアしたため、先方から、面接日時を教えてもらいました。にもかかわらず、当日、指定場所へ行ってみると、相手が、面接準備を一切していないと知りました。しばらく待つと、責任者らしき人が面接担当をしてくれたのですが、非常にだるそうな対応の状態のままひとまず面接が終了しました。でも、予定日を過ぎているのに、合否結果も告げられず、しびれを切らし、自ら問い合わせてみると、「郵送で本日送付してあります」と告げられました。心待ちにしていたのですが、結局届かず、そんなわけでまた電話した結果、どういったわけか、「今回はご縁がなかったということで」と勝手に電話を切られてしまったのです。私はしばらく何も言えませんでしたが、正直なところ、採用されなくて良かったと感じています。

  • 私が転職を考えていた時期にいくつかの人材紹介会社に登録していたのですが、…

  • 仕事を探していた時期にいくつかの人材紹介会社に登録していました。転職アドバイザーのレベルが本当に様々でほとんどは物足りないと感じる方ばっかり。私にとっては、とても大切なことことだからもっと一生懸命に向かい合ってほしいという欲がこみあげていてその事がきっかけとなって自分がキャリアカウンセラーになりたいと考えるようになりました。その資格を取るのは経済的な負担も増えましたし勉強においてもヘビーだったわけですが、仕事を探している人たちからあなたが担当者でよかったと言ってもらえる人になるために努力しています。

  • 派遣社員として働くことになりました。

  • 派遣社員として働くことになりました。就業の初日に営業担当の方と派遣先の近くにあるコンビニエンスストアで合流することになっていたのですが、担当者が約束したお店の前にいないので店の中にいるのではないかと考えお店の中に入ってみると、営業担当者はなんとまあ雑誌コーナーに座り込んで18禁の雑誌のグラビアページを開いて読んでいるのを発見!こんな人が担当者だなんてとてもじゃないけどできないことと判断し、声をかけることもなく気付かれないようにお店を出て速攻派遣会社へ辞退する旨の連絡をしました。

  • 転身を検討しているのなら、労を惜しまずにいろいろな企業の情報の詳細…

  • 転身を考えているなら、小まめに色々な会社の募集案内を普段からチェックすることが、転身時の選択に大いに役立ちます。今の職場に何か不満や納得いかないことがある場合、本格的に転職活動をする際に、どの会社もいいように見えます。そういった状態になってしまうと、どの会社を選択すべきか判断できなくなり、会社選びに失敗してしまいます。雑な行動を取ると、最終的にはあっという間に退職の道へまっしぐら、なんてことになるかもしれないので、前もって会社を見る目を養っておいたほうが良いのです。方法としては、会社の雇用に関する情報だけ見るのではなく、その会社の「取引している会社」を見るのがオススメです。透明性ある良い企業は、取引先情報を開示していますし、反対にそういった企業ではない場合、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、覚えておきましょう。さらに、企業によっては、個人でのグループに入っている企業があるので、グループの名前でチェックし、確認しておくのも手です。

  • 再就職の面接に関してですが企業側からクールビズで来てくださいと…

  • 転職の時に行われる面接時に企業側からクールビズ可とと書かれている場合もありますが、クールビズの格好は良くない印象になるのでは?と思いがちです。クールビズの悩みを抱えている方に伝えたいのは、企業側からクールビズOKだと言われた面接の場面では言われた内容を実行したほうが良いです。色々考えすぎてしまい、汗がだらだら出る季節にしっかりとスーツを着用すると相手に不自然に思われますから、会社側からクールビズでも大丈夫ですよと記載されていたらクールビズのスタイルで行く方がいいですよ。

  • 昔務めていた会社で嫌な上司に悩まされ、とうとう耐えることができなくなり退職・・

  • 勤務していた会社で性格が合わない上司に頭を抱え、その結果我慢ができなくなりその会社は辞め、同じフィールドの別の企業に転職しました。転職先の会社では会社に行くのが楽しく本当に充実した毎日でしたが、ゆっくりと会社の売上が落ち込んで、とうとうある会社に経営統合されることになりました。そしてその統合した会社が驚くなかれ前働いていた会社で、まったく反りが合わない上司が再び私の上司になることになりました。こういう悪いめぐり合わせとは、どれだけご縁があるのでしょう。当然ながら新たな転職先を探す活動を開始しています。

  • 可能性を広げたいと考え、転職サイトで自分の可能性を広げてくれ…

  • 新たなことにチャレンジしたいと考え、転職サイトを活用してあなたの可能性を広げてくれる将来性のある企業情報を見ているのなら、転職エージェントは絶対利用したほうがいいです。どうしてかというと、登録は簡単です。エージェントサービスの登録手続きを終え、そこで紹介される求人情報は、誰もが見られる公開求人とは違ってどう比べても、比べ物にならないレベルでとても良質といえます。そのうえ、あなたの希望にに合ったものを調査しつつ、紹介してくれます。そういうわけで、かなり高い精度で理想に近い職種の求人にめぐり逢えることが多々あります。仮に、同一の求人を見つけたとしても、あなたが自力で行き当たりばったりに調べていくのと比較するととても効率がいい。そのうえ使ってみる価値はあります。

  • 新しい仕事を探す際、ネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント・・

  • 転職活動をするとき、ウェブ上で就職斡旋してくれる「エージェント」を利用する場合もありますが、もしあなたがその業者に登録し、めでたく就職できたとしても、「失業保険」は給付されません。失業保険は、「ハローワーク」にて手続きしないことには給付してもらえないので覚えておきましょう。他方、ハローワーク経由で斡旋してもらって就職したのなら、就職用の準備金として、一時金が支払われます。インターネットで展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険の給付手続きは扱っていません。この点について踏まえておかないと、失業中に給付金が他に入らない状況になるので、就職エージェントを利用する際は、気をつけておきましょう。

  • このところ私は派遣会社を通じて働いています。

  • 今、私は派遣で働いています。ウェブサイトでなにげなく気になる仕事を見つけ出して問い合わせをしてみると「その仕事はすでに別の人に決まりました」と答えられ一時的にサイトからもお仕事の情報がなくなるのですが、なぜか翌日見るともう一度載っています。これは結局私ではよくないのだっていうことですよね。そういうことであるならば最初からカドが立たないように正直に言ってくれればありがたいのですが、なかなかそういうわけにもいかないでしょうか。それともまた客寄せのための存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?