近頃はPCやスマホを見ればインターネット上では、今・・

近頃PCを使えばわかるけどインターネットで見られる世界…

PCを使えばわかるけどインターネットで見られる世界では要するに「転職に役に立つサイト」に類するものが多くて困るくらい存在しています。その多くのサイトから自分自身にあった転職先と思えるのを見付けるためには、まずは情報が大事ですから収集です。このような転職サイトをしっかり利用することで効率的に転職を叶えられます。転職情報が満載で、頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される有益な「転職サイト」がある一方、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、注意しておきましょう。とりあえずは、本当に信用していいのかどうかを見極めることがポイントとなりますからよそと比較しながら厳しく確かめてみましょう。

人生で初めて転職を行うのであれば、忘れてはならない…

初めて転職を行う場合、注意すべきことはどうして今の仕事を辞めたいかを頭の中で整理しておくことです。その理由こそが根本の問題になるので、やっておくのが賢明でしょう。問題を改善できるであろう会社を選んでいくのです。卒業してからの転職活動は、在学中の就職活動とは異なり、今の仕事を続けながら就職活動しなくてはならないため、時間と体力とが必要だと考えられます。したがって理由がはっきりとわからないまま転職をしようとしたら、目標の途中で息切れしてしまいます。どんな手段を使っても転職したい、現状に変化を加えたいという強烈な気持ちがなければ、転職活動を行うのはやめておきましょう。

転職先で今までに身に付けたスキル・キャリア活かせられれ…

あたらしい職場でこれまでに身に付けた実力を最大限に活用できれば、即戦力と見られてすぐに職場で存在感を得られるでしょう。それはつまり会社サイドも、即戦力は常に必要なので、時期さえあえば、簡単に採用されるでしょう。しかも、かつての業務内容と同じような業務内容なら転職自体はすんなりいくはずです。ですが、即戦力な人材であったとしても、一流企業の事務職、公職については、時代・景気に関係なくかなりの競争率となるのは間違いないでしょう。

転職を度々しないための対策は至ってシンプルです。

転職を繰り返す日々を止めるための術が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、メンタル面で成長できれば、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。現在はネットがいつでも使えるので、精神面を鍛えるコツはたくさんあります。さらには、転職とは関係なさそうなことでも、メンタルを鍛えられます。たとえば「外国に行くこと」です。海外旅行に行くと、言葉も文化も違うので、すべてのことが良い刺激となります。ですから、帰国後変化があるのです。帰国してみると、己の視野の狭さを実感し、「世間の小ささ」というものをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま(転職のための)面接に行けば、これまでとは格段に違い胸を張った面接になるので良い方法です。しかし、退職直後は精神的に弱っていることが多いので、休みも必要です。

在職中は可能であれば、悟られないよう、(ちなみに私自身のと…

就労中は可能なかぎり会社内の人にバレないよう(私の例ですが)在職中に転身する気持ちだけをはじめのうちに社内で話して、反応を見たことがあります。けど、その後に求人誌を色々とみていったのですが、悲しいことに働く先もタイミングすら無鉄砲に進めていたので、やみくもに時間がムダになるだけでした。挙句の果てには当時所属していた会社の方は、退職に関わる諸々の手続き、私自身の退職日などが確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて就職先を決める」といった、本末転倒な事態になってしまいました。そして、予定は思うようにはいかず、失業期間を経たのち、次の就職先を探す流れになりました。

3日ほど前転職先の会社を探すために人材紹介会社へ登録に出向きました。

先週転職先を探すために人材紹介会社に登録に向かいました。そのとき登録カウンセリングの際に出てきた担当の人が見た感じ仕事の経験が少ない社員のようで、私が話したことの50%もわかっていない感じでした。そのうえ「キャリアデザインが全然ですね」とか「きちんと自分の強みと弱みをはっきりさせておく必要性があります」とか、カウンセリングの専門家であるかのように偉そうに言い散らかすのでとても不快でした。カウンセリングを担当させるのは多少は能力のある方に、するべきです。

転職をスムーズに行いたい場合、相応の準備が必要です。

再就職をスムーズに行いたい場合、準備はしなければなりません。準備といってもたくさんあるのですが、とりわけ目に見える「ファッション」は気になっている人も多いと思います。…が、現在の採用面接については形式ばらない服装が多い企業があるので、ビジネススーツを着込んで赴く必要がないケースもあります。会社の創立間もない会社などは、厳しいルールも作られてないことが多く、私服の方が相手先に印象をあたえます。加えて、堅いイメージを与えないのでフランクに話をしやすい、というメリットもあります。また、私服であれば面接中、洋服の話題で盛り上がる可能性もありますから、うまくいけば面接担当の人から気に入られる期待もできます。転職活動をする際は、企業の「創立した年」に注目してみて、(ベンチャー系などの)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

クールビズ(軽装)の格好で再就職の面接会場に行こうとする際には…

クールビズスタイルで再就職の面接に臨むときには、さすがにジャケットは着ていかなくて良いと間違いなくわかるのです。ですが、ネクタイは着用したほうが好印象を与えてくれるのでお勧めです。タイの着用はなくてもOKだと思っている企業も存在する場合もあるにはありますが、ことネクタイだけは例えクールビズであっても身だしなみとしてつけなければならないとしているところが一定数存在するわけです。そんな訳で、クールビズの恰好ではネクタイだけはしていく方がベストだということは分かっておいてほしいです。

仮にあなたが転職をするとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」のよう…

もしもあなたが再就職をするとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」など、都市部から地方に移り住んだ上で再就職したい、と考えている人が、ここ数年で増加傾向にあります。今のネット社会では転職サイトを用いれば、地方・郊外での求人情報にも簡単にアクセスできます。ですが、地方や郊外での求人は大都会ような選択肢がないのが事実、痛いところでもあります。そのため、転職サイトを利用するのは当然ですが、転職サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」の情報サイトなどもよくチェックしておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に主催している転職サポートの情報も確認しておくとよいでしょう。

転職候補となる企業での採用面接でのしてはいけないの…

転職の際に必須となる採用面接では、よく思い違いがあるのですが良い印象を与えたいと度を超えた猫かぶりすることは、思いのほか逆効果です。そうなる前にその場を繕うのではなく面接の際は「育休」といったような、多数の人が触れにくい内容を勇気を出し質問しておいた方が、最終的に間違いなく自身のためにもなります。信じがたいかもしれませんが、「入社前の段階でそういった質問をすると面接結果に良い結果が期待できないのではないか」と気にする人もいるかもしれませんが、ですが、意外なことに、悪い印象を持たれる可能性が高いといいます。これらのことは労働環境やお金に関連する疑問点は、実のところ、誰もが聞きたい事項ではあるのに、とはいえ、面接で緊張していると、普通は質問できません。なので、あえてそんな状況で踏み込んでおくと、「ほかの人とは違うな」ということで自己アピールになるのです。

きちんと失業保険を給付してもらうためには、職探しをしていることの証明が必要になりますが・・

現実に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、求職活動をしているという証明が必要となります。そうはいっても、「会社に行かなくて良いし、暫くは遊びたい」と考えるのが現実だと思います。なので、真剣に次の仕事を探しているように、見せる方法があるので紹介します。月一回のハローワークスタッフとの面談は言うまでもなく必要ですが、求人票の閲覧は最低限必要です。本気になって探す気力がないときは、求人票を熱心に閲覧しているふりをして、ハローワーク職員との面談で、「納得できる条件の仕事や資格を生かせる仕事や、希望する求人が確認できませんでした」と告げて次に期待しましょう。

転職のため仕事探しをする際に注意が必要な求人の募集内容は、…

転職活動をする際に特に注意したほうがよい求人の募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料がよく、拘束される時間が長めというものです。こういった募集内容の場合、給料に『みなし残業代』を入れて告知している場合が多いです。みなし残業代は、通称『みなし』とも表記し、例えばですが、30時間、45時間といった感じで求人の記載内容に時間が併記されているものです。これは、毎月これくらいの残業が想定されるため、あらかじめ給料形態に残業代を入れて計算しておくという仕組みです。(違法ではありません)例えば『みなし残業代20時間込』と記載されていれば、「記載時間分の残業代を含めると、この給料です」という意味になるわけです。が、悪質な求人には『みなし』という言葉がこともあるのでよく注意をしておきましょう。

転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に担当者から「転職理由は…

転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。人事から「転職理由を聞かせて頂けますか?」といった形で、ほぼ訊かれます。そのとき、どれだけあなたが間違っていなくとも、「人づきあい」「労働環境」についての不満に受け止められる返事などは、可能な限りしないことをお勧めします。なぜなら、仮にそういった不満を回答すると、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスを棒に振ってしまいます。ですから面接時は、「前向き」な内容に徹底することが正義なので、とりあえず「新しい職場で、自分のキャリアを十分生かし、さらにアップして自分および会社の戦力になるように努力します」、のような売り込みの形が担当者には受けます。

今から転職活動をするのなら、気になった求人(業種)を見つけた際に・・

今後転職活動をするのなら、気になった求人(もしくは業界)を見た際に絶対「〇〇業、ブラック」でネットで検索してみましょう。求人票・転職エージェントでは、その業界に関するマイナス面について知ることができる確率は低いです。ネットで調べれば簡易的なネット検索によって瞬時に多くの事例に触れられるはずです。そのような現実を知らずに入社すると、後々に痛い目に合うおそれがあります。そもそも求人募集が出ている理由が「仕事がキツイから人がなかなか定着してくれない」という場合が少なくないのです。気になる業種や案件に関しては、きちんと調べ疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

転職サイトに一旦登録すると、呆れるくらい電話やメールをしてきます。

転職サイトでは、登録後、電話・メールが嫌になるぐらい掛かってきます。これに対して何も知らずに利用しはじめた人はとてもびっくりする場合が多いです。転職エージェントは転職を推進することが仕事ですので、大変積極的な姿勢を見せます。特に大手エージェントは、転職を成就させる対価として企業からお金を受け取るシステムであることから、転職活動される人の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが珍しくありません。また、彼らは、契約数を増やしたいために、内定が取れるとすぐに、入社を積極的にすすめてくることが少なくありません。対抗策として自身の希望や意思を明確にしておき、無理に転職しないように気を付けなければいけません。

女性が転職するに当たって、数年前と現在とでは若干、違ってきている点があります。

女性が再就職する場合、今現在と一昔前では若干、違いがあります。かつては面接の際に、「結婚観」や「出産後の仕事」などに関して、質問されることが多々ありました。ですが、現在はセクハラと会社側が捉え、聞かれないことのほうが多くなってきています。また、とりわけ大きな会社ほど、あからさまに避ける傾向にあります。そうではあるものの、面接する側は〇か×の2択でなく、その人の人生観結婚後も働きたい、出産後の具体的な予定を把握しておきたいとは思っている事でしょう。自分の価値観を理解してもらうためにも、志望の動機や自己PRの中に織り交ぜながら言い表すことで、企業側にも考えが伝わり、安心できると考えられます。ですので、質問されてない箇所についても、あなた自身から気遣いながら話をしておくのが良いです。