新卒後最初に働いた会社で相性の悪い上司に心をすり減らし、…

昔働いていた会社でのことですが嫌な上司に悩みを抱えて・・

  • 勤務していた会社で反りが合わない上司に嫌な目に合わされ、ついには仕事をする気力がなくなってその会社を退職し、同業者の他の企業に職を移しました。新しい会社では上との関係も良好で仕事ができ充実した日々が続きましたが、月日の経過とともに会社の収益が落ち込み、とある会社に経営統合されることとなりました。そしてその経営統合先の会社が驚くなかれ前いた会社で、それどころかとても嫌いだった上司がもう一度私の上司になることになりました。まったく困ったことになりましたが、どれだけ縁があるのでしょうか。言うまでもありませんがまた転職をしようと活動を開始する予定です。
  • あなたがもしも、「転職サイト」を利用して自身の可能性を広げてくれ・・

  • 今現在あなたが、「転職サイト」を利用して自らの希望条件に合った将来性のある仕事情報をあれこれ見ているのなら、絶対に「転職エージェント」も利用しましょう。なぜなら登録は簡単です。エージェントサービスの登録手続きを終え、そこで紹介してもらえる求人は、一般的に公開されていないからです。誰もが見られる公開求人とは異なります。その答えは、どう比べても、比較対象にならないほどとても高品質といえます。しかも、あなたの条件にピッタリなものを調査しつつ、紹介してくれます。ですから、あなたの理想とする求めていた職業を紹介してもらえたりします。仮に、同一の求人に出くわすとしても、あなたが独自に行き当たりばったりに探していくのと比較すると何倍も効率がいいです。そのうえ使ってみる価値は大いにあります。
  • 仕事を探すにあたっては、ウェブ上で就職斡旋してくれる業者(エージェン…

  • 就職活動には、インターネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)のお世話になることもありますが、もしあなたがその種のエージェントに登録し、幸運にも職を得ることができた場合でも、失業保険の給付を受け取ることはできないので注意しましょう。ハローワークを通さずに就業しても給付を受けられないので気をつけなければいけません。これと異なり、ハローワークを通じて斡旋された会社に就業した場合は、就業に備える準備金として一時金が受け取れることになります。ウェブ上の斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。彼らは,企業サイドから「紹介料」を受け取るだけで、失業保険とは無関係です。押さえておかなければ、失業中に給付金を手に入られないので、そうならないように注意しましょう。
  • 今、私は派遣会社に登録して仕事をしています。

  • このところ私は派遣会社に登録して仕事をしています。インターネットサイトでなんとなく自分にぴったりの仕事を見つけて問い合わせを行ってみると「残念ながらその仕事は、別の人で話が進んでいます」と返答され瞬間的にサイトから仕事の情報がなくなってしまうのですが、翌日にチェックすると元通りに掲載されています。これは結局私ではよくないのって意味ですよね。それならカドが立たない程度にはっきりと言ってほしいのですが、なかなかそうもいかないのでしょうか。それともまたもしかすると存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?
  • 最近はスマホで調べればインターネット上では、要す…

  • 世の中は便利になったものでPCを見ればネットで見られる世界では要するに「転職サイト」と呼ばれるものが無数に存在しているのをご存知でしょうか?その数限りないサイトから自分自身が欲している転職先というのを見付けるためには、なんといっても情報収集です。このようなサイトをうまく使いこなすことで、満足度の高い転職が叶えられるはずです。転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む優良なサイトがある一方で、それとは対称的なサイトもあるので、注意しておきましょう。はじめは、信用に足るサイトかどうかを見極めることが大切ですから同ジャンルのサイトと比較しながらしっかり確かめてみてください。
  • 人生で初めて転職を行う際、頭に入れておかなければいけない…

  • 生まれてはじめて転職を行う際、気を付けるべきことは現職を辞めたい理由をはっきりしておくことです。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておく必要があります。そして問題を解消できるであろう会社を選択してみてください。既卒者の転職活動は、在学中の就職活動とは違って、現在の仕事を続けながら就職活動をしていくため、時間と体力が必要です。そのため明確な理由が頭にない状態で転職活動を行えば、途中で挫折してしまう可能性もあります。「必ず転職したい!」「現状をなんとか変えたい!」といった強固な意志がない場合は、転職活動を始めるのは、保留にしておいた方が良いです。
  • 新たな勤め先で今までに身に付けた資格やキャリアをフル活用できれば…

  • 新たな職場でそれまでに身に付けた能力を存分に発揮できれば、即戦力として周囲から高く評価されて、割と早く仕事場にも馴染めるようになるでしょう。また雇い主側も即戦力となる人材は常に必要なので、時期さえ良ければ、うまく事が運びやすいといえます。それに加えてこれまでの仕事内容と同じジャンルであれば転職すること自体すんなり行くはずです。ですが、まずまずの実力があるといっても大手の事務職系や公務員(国家・地方ともに)の募集については、時代に関係なく、相当な難関ですから、楽観視は禁物です。
  • 転社を繰り返す日々を止めるためには、少しコツがいります。

  • 転職を繰り返す日々を止めるための対策は至ってシンプルです。スキルアップもそうですが、精神面を鍛えると、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。今現在は、インターネットがあるので精神面を強くする自己啓発系の情報は容易に知ることができます。そんな、時に転職とは全然違う行動によっても、精神面を強化することが可能です。それは、海外に行くことです。外国は、文化、生活様式、言語など、違うことばかりなので、とにかく刺激が山ほどあるのです。なので、心の成長を成し遂げるにはぴったりの方法といえます。帰国してみると、「自分の視野の狭さ」に驚き、「世間の小ささ」というものを実感することができます。この状態のまま、(転職のための)面接に臨めば、これまでの面接とは違い自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。ただ、退職直後は精神的に弱くなりがちなので、今後のために休業期間も必要です。
  • 就労期間にあるときは、できるだけ周りの人にバレないよ…

  • 在職中はできたら、会社内の人に気づかれないように、(自身の転職活動では)在職期間中に「転業するかも」という意図だけ、早い時期に社内で話してみました。とはいうものの、それから、転職情報を散々探してみたものの、思いとは裏腹に就職する仕事を変えるタイミングさえも無計画なまま決まらないまま、時間がムダになるだけでした。会社の側は、退職に関わる手続き、退職予定日などが確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、転職先を見付ける」という、本末転倒な状況下で会社を辞める形になりました。その後、予定が順風満帆とはいかず、失業期間を経たのち、次の就業先を探すハメになりました。
  • 転職活動の一環として人材紹介会社に登録に出向きました。

  • 転職先を見つけるために人材紹介会社へと登録に出向きました。登録するときのカウンセリングに出てきた担当の方がどうも入社間もない新入社員のようで、こちらが説明していることの50%ほども彼はわかっていない様子。それなのに「キャリアデザインに問題があります」とか「もっと自分の強みを知ることが重要です」等、大上段から偉そうに言うからとても不愉快でした。カウンセリングを担当させるのはある程度カウンセリングのスキルがある人にしてほしいものです。
  • 転職活動では、然るべき準備はやらなくてはいけません。

  • 転職活動では、それなりの準備は必要です。そのなかでも、目に映る「ファッション」は、誰しも気を遣う部分ではないでしょうか。…が、最近の採用面接では私服が多い会社があるので、スーツでなくては、と考えて面接に臨まなくても良い場合があります。会社の創設したての企業などは、柔軟性に富んだところが多く、私服の方が相手先に印象をあたえます。そして、正装ではないので、堅いイメージを与えないのでフランクに会話がしやすい、というメリットもあります。そうして、私服ですと面接の際に、ファッションについて、話が広がることもあります。ですから、うまくいけば担当の人から気に入られる期待もできます。というワケで、転職活動をする際は、企業の「創業年数」を事前確認し、(ベンチャー系などの)面接時には正装はせずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。
  • クールビズスタイルで転職の面接に行くときには、ジャケットはさす…

  • クールビズのスタイルで再就職の面接場に出向く場合、さすがにジャケットまでは着なくても安心であるとはっきりと言えますけど、ネクタイに関してはつけて行った方がイメージが悪くなりません。ネクタイなしでもOKだと考えている企業も存在する可能性はありますが、ネクタイにおいては例えクールビズだろうとするべきだとする会社がいくつかは存在します。そのような訳で、例えクールビズのスタイルであってもネクタイは必ず着用していった方が悪い印象を与えることがないということを知っておいてそんはありません。
  • もしあなたが再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」といった形…

  • 転職をする場合、「Uターン」「Iターン」といった具合に、大都会から地方へと移住したうえで再就職してみたいと考える人も多いです。ネット社会の今では転職サイトを見れば、地方や郊外の求人も簡単にアクセスできます。けれども、地方での求人情報では、大都会のそれよりも内容が薄く、数も少ないので、それがマイナスといえます。そのため、求人情報サイトだけに頼り切ると機会損失が大きくなるので要注意。求人情報サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」の情報サイトなどもきちんと確認しておきましょう。「地方自治体・商工会議所」などの行政が開催している転職サポート系のイベントについても見ておくと間違いがありません。
  • 転職先での採用面接では、多数の人が考え違いをしているので・・

  • 転職のための採用面接では、多数のひとが思い違いをしているのですが採用を勝ち取りたいあまり過度に猫かぶりすることは、正直に言って悪い結果につながります。そんな事態を避けるためには猫をかぶるよりも面接時は、「報酬」などの、普通であればかなり質問しにくい内容を勇気を出し尋ねておくと、最終的に自身のためになります。意外に思うかもしれませんが、「面接の段階でずけずけと質問をすると、最終選考に良い結果が期待できないのではないか」と気にする人もいるかもしれません。けれど、意外なことに、マイナスに作用することは最終的にはいい場合が多いようです。こうした労働環境やお金に関する内容は、実際には、多くの人が知りたいと思っています。しかし、多くの人が気を遣って聞かないのも事実です。そこで、あなたが一歩踏み込む勇気があれば「正直な人だな」ということで思わせることができます。
  • 実際に失業保険の給付を受けるためには、「就職活動」していることを証明しなくてはいけません。

  • 実際に失業保険の給付を受けるためには、客観的な意味で、職を見つけようとしている姿勢を見せる必要があります。しかし、現実的には「会社に行く必要もなくなったし、しばらくは自由に過ごしたい」と考えるのが現実だと思います。そこで、心から求職活動をしているように見せかける方法があるので紹介します。月に一度のハローワークスタッフとの面談は当然ながら必要ですが、そこで、「求人票」を閲覧することを最低限やらなければいけません。まじめに探すモチベーションがわかないときは、「求人票」をチェックするだけで、ハローワークスタッフとの面談にて、「続けられそうな仕事が見当たりませんでした」と告げて次の機会まで待つという方法もあります。
  • 転職活動中に気を付けるすべき求人内容は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料が高く…

  • 就職活動する際に特に注意が必要な求人の募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高めで、拘束時間が長めであるというものです。このような求人の場合、給料に『みなし残業代』が含まれているケースがとても多いのです。みなし残業代とは、『みなし』とも言い、30時間・45時間という風に(時間は例えです)求人の記載内容に時間の併記があるはずです。毎月この程度の残業が想定されるので、前もって給料形態に残業代を組み込んで計算しておくということです。(なお、これは違法ではありません)例えば『みなし残業代45時間込』という表記は「記載時間分の残業代を入れれば、この給料がもらえます」という求人になるわけです。でも、悪質な求人では、『みなし』をわざと記載していない場合もありますので気を付けてください。