社会的な転職事情ですが、安倍総理による現政権によっ…

政治によって変化の兆しが出始めている転職事情ですが、…

  • 転職を取り囲む状況は、政治によって左右されつつあります。現在の安倍内閣によって、「アベノミクス」や「三本の矢」といった経済政策が次々と打ち出されています。内閣が打ち出した新たな経済政策が金融政策ともあいまって財界・民間企業ともに新時代となる社会的な変化が現れ始めています。その影響を受け、企業伸長とともに若い世代の減少と現役世代の大量退職による人手不足が社会的な問題として取り上げられています。将来、「外国人労働者」の比率を増やして人材確保に務めていくと安倍政権は方針として掲げています。外国人労働者の増加に伴い、雇用や転職問題についてもかなり幅が広がりそうです。こうした社会的変化によって日本国内の雇用状況や転職状況も大きな影響を及ぼすことは間違いありません。

    昔から日本には”石の上にも3年”という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。

  • 昔から日本には”石の上にも3年”というコトワザがありますが、昨今、定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、転職というのは当たり前になりつつあります。ただ、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、甘い考え方は禁物です。再就職するつもりなら、適した時期というのも有るでしょう。とりあえず、現在の職場・仕事、職場に関して、不服に思っている点を10個程度、メモしてみてください。こうすることによって、再就職に役立ちます。そして、もし決断したら尻込みせず、今より良い仕事ができるように頑張っていきましょう。

    再就職しようとする際に絶対に準備しなくてはいけない履歴書や職務経歴書に関して…

  • 転職をしようとする時に絶対に準備しないといけない履歴書については、たいていはパソコンで作るというのが多いです。今の日本では履歴書はパソコンを使わず自筆で準備するのが普通だと捉えられているようですが、それは新卒の人たちに関する就職活動やアルバイトやパートの際に準備する履歴書であって、転職においては100%手書きじゃないといけないとまでは断言できません。自筆の方を良しとする場合もありますけど、違うところがずっと増加してきますから、パソコンを使って作成した履歴書や職務経歴書でも大丈夫な場合は意外にもたくさんあるのです。

    これはシフト制の仕事に関する話です。

  • 「シフト制」のある仕事についてです。決まった曜日に仕事できる人を募集している求人をよく見ますが、もし、応募しようと考えているならシフトの提出方法や休み方について、面接の際に確認しておいたほうが良いです。過去に私は産休で休む人の代役として、正社員として仕事をすることになったのですが、私のシフトが「土曜、日曜」固定のシフトで、新入社員の私以外、誰も現場にいない状態という職場でした。前にいた女性が「土曜、日曜」にかならず出られる人だったので、私もそのような人と思われていたようです。実際「土日」に休まざるを得なくなると、シフトを変わってもらうときは、同じ部署の先輩方に「日曜日に休みたいのです」と私自身が頭を下げなくてはいけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。思い返してみるとよく我慢したなと思います。

    転職したいと考えている会社で会社見学しておけば、すごく勉強になります。

  • 転職先での見学に参加するとすごく参考になります。会社見学できる会社の中でも、「職人」さんがいる会社では、職人技を間近で見られて楽しいものです。しかしながら残念なことに「職人」がいる会社見学では絶対に見学者には、通常通りの仕事現場を見せてくれることはまずありません。典型的な例を挙げると、「ブルーワーカー」(肉体労働)です。個人のクセが強い業種であるため、入社した後でないと、本来の姿はみえません。そのため、見学内容がそのまま仕事、と思わないことが大切です。また、見学の時に実際に仕事体験させてくれる会社は危険ですし、正直言って、良い会社とは言えません。入社していない段階では万が一問題が発生したとしても、保証など一切ありません。仕事体験を勧められても角が立たないように断りましょう。

    再就職をする際に注視する募集事項に関しては、通常のものと・・

  • 転職を考えている際にマークする募集要項は、おおまかなものとして載せている確率があります。なので、記載されている内容はすべて正確なことだとはあてにするのはやめておいたほうが良いでしょう。なかでも生活に大きくかかわってくる報酬面に関しては、社員を平均した値なのか?最低保証の金額であるのか?一番高い給料なのか?というような評価ができない場合が多く、自らの勝手な判断で判断してしまうと、今後、後悔する事も少なからずあるでしょう。したがって、悔しい思いをしなくて済むように、求人情報というのは、だいたいのものだと考えて、そういったようなたいへん大切な事は直に連絡を取ってみた方が妥当です。

    転職活動を始めるとき、前もって、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはネット上の求人情報を閲覧したり…

  • 転職を行うにあたっては、事前にウェブサイト、求人票、企業パンフレットなどで関心のある会社を調査するはずです。ところが、その会社が実際にそのようなところに情報を出す場合には、専属「コンサルタント」の手が入っている、と理解しておくべきです。コンサルタントは、会社に都合の悪い情報を隠す達人です。さらに、不都合な内容は、言い回しを変えて表現をマイルドにしようと試みます。そのような類の企業の「社長インタビュー」や「社員情報」については額面通りではなく、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。もしも言葉を額面通りに受け止めてしまうと、「聞いていた話とまったく違う・・・」とあとで後悔するかもしれません。たちの悪い会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後は、いろいろと言いがかりをつけて辞めさせないように仕向けてきます。このようなブラック企業には注意が必要です。

    人からの紹介を通じて転職する先を見つけている最中の人もいるでしょう。

  • 友人や知人の紹介をキッカケにして転職する先を探す人もいるでしょう。そうはいっても転職した先の労働環境、また労働時間などの大切な部分を友人知人からの口コミ情報を判断してしまうと後々面倒なことになることが多いです。そういうのはそういう口コミというのは、主観的な色合いが強く、客観性に乏しいためです。友人の立場では居心地の良い働く場所に映っても、あなたの価値観に照らし合わせたときには、まったくそう思えない可能性だってあるのです。ということで、職場環境については口コミを過剰に信用しないように、しっかり自分の目でしっかり確認しておきましょう。

    長く接客業で働き続けてきましたが、年齢を重ねると・・

  • 長年にわたって接客業で勤め続けてきたのですが、年のせいか立って行わなければいけない仕事は体力的にきついため、座って仕事ができる事務の仕事へ転職することを目標にして行動にうつりました。事務の経験がないとなるとけっこう厳しく、接客業の経験も活かすことができる受付兼医療事務をしようと資格も獲得し個人医院に転職することができました。周りはベテランのパートさんばかりで人間関係を築くのに手間がかかる。夜間のシフトばかり押し付けられ、接客業をしていた頃より帰宅も遅いのですが、まずはキャリアを形成する時と思って仕事に励みます。

    転職をする場合でかなり高い確率で投げかけられる質問・・

  • 転職で面接で決まっているかのように聞かれるのが退職したわけについてですが、このような質問に答える場合には前職にスポットを当てない方が最善です。前職を辞めるに至った経緯が話題の中心になってしまうと必ず悪い印象を与える要素を含んだ面接になってしまいます。ポイントとしては、なぜ以前働いていた会社を退職したかという点をこの職場に絶対に入社したい理由があったからといった話に進めるべきであり、自己アピールもかねて自分が入りたい会社の方に焦点を当てるべきなのです。転職理由でも、自分が行きたい会社の話になるのでマイナス面を隠し良い印象を与えることができる前職を辞めた理由になります。

    転職の活動中はとにかく、なにはともあれ必ずあなたの心のう…

  • 転職の活動を行う際は、まず必ず自分自身の心のうちが静かであるということをとても大切にしたいものです。まだ会社の仕事を辞めないで転職をするための活動をする場合はあまりそうでもありませんが、退職してしまってからするのであれば、人というものは心のうちが焦燥感が出るものです。ですので、気持ちを抑えつつ、活動するように意識しましょう。将来、自分がやってみたい業務や、理想と思える職場のイメージを明確にしておき、そして、希望する職場と比較してみて、それらが合致しているかどうか、改めて冷静に考えてみてください。時間を掛けて判断することで満足いく転職が実現します。

    これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人・・

  • 転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人にチェックしてほしいポイントがいくつかあります。まずはじめに派遣というと、データの入力、その他雑用等をなどの仕事内容を想像してしまう人が少なくないとは思います。私自身もまさにそう思っていました。今、働いている企業に入るまでは「派遣社員」の求人に応募した際に、「担当してもらう業務は電話対応になります」と入社前に派遣会社からも説明も受けてました。ところが、実際に業務に掛かると、まさか「電話対応」だけでなく、欠員した正社員の穴埋め役を任されてしまいました。毎回振り回されますし、当初の説明と大きな食い違いがあるので毎日とても困惑しています。今は、ひたすら派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

    最近では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようにな…

  • 最近は、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件違反の取り締まりが強くなったり、悪質な企業の場合は公開されるなど、厳罰を処する流れにありますが、パーフェクトとは言い難いのが現状です。そこで、面接で見破る必要があります。はじめに、求人票などに記載された労働条件をチェックし、不安に思う項目について色々質問してみることからやってみましょう。相手がブラック企業であれば、求人票の記載が嘘の場合、明確な返答ができなかったり、「その場では答えられない」みたいな逃げ腰になるでしょう。中でも給与と残業、休日に関しては、詳細について尋ねると、渋い顔をする場合が多くあります。それでも食らいつくと、ふてくされたような態度を見せ始めるため、ブラック企業だということに気づきます。このような会社は、嘘をつく体質であるといえるので、何か違和感を感じたら、見抜いた方が後々いいと思います。

    安定した人生を願って正規の雇用社員になろうとしている…

  • 安定した生活を送りたいと正社員として働こうと考えている人は少なくないでしょう。けど、即戦力として働けるように資格を取得するなどしていくら努力しても、中々正社員のためのキャリアアップが叶わないこともあるでしょう。非正社員の求人があっても、正規雇用の求人以外には目も通さず応募しない人も少なくないでしょう。万が一、中々転職先が正社員枠を用意してくれていないのなら、契約社員の募集もチェックしてみましょう。企業の一部は、成果次第で数年で契約社員から正社員への転身を狙える可能性もあるからです。採用面接を受けているあいだに、こういった可能性を尋ねておけば、今後の役に立ちます。

    好きなことを仕事にしたいという風に思っている方は気をつけた方が良いです。

  • 自分自身の大好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている人は注意が必要です。これは、私が実際に体験したことなるのですが、私は、もともと食べることが好きだったのですが、それが理由で、以前は、飲食業界(レストラン)で仕事をしていた期間があります。そのレストランでの業務内容は、その飲食店で私が担当していた仕事内容は、盛り付けやホール業務でした。この業務内容に関しては、嫌なこともなく楽しんでいたのですが、人間関係のいざこざにとても悩まされました。そのことが引き金になり、仕事をやめましたが、そのせいで、食べること、そしてその店で提供していた食べ物さえも嫌いになってしまい、よく似た飲食店はしばらく経った現在も行く勇気がありません。当時の匂いを思い出すのも苦手です。仕事に就いた当初、大好きだった店が嫌いになってしまいました。自分の大好きな分野の仕事に就きたいと願うのは素敵なことです。ですが、「好き」は、どのくらいすごいのか、まじめに判断する必要があります。

    仕事をするにあたり、心的に相当につらくなってしま・・

  • 仕事のなかで回復が難しいほど精神的なダメージが蓄積されてしまい、転職せざる負えなくなってしまった時には、そんな時は、会社(の関係者)に相談するよりも自身の家族と相談して、その後の進退を判断した方が良いです。というのは、仕事をするのは当事者であるあなた自身ではあります。が、しかし身内の問題ともいえます。毎月、どんなに高給を得られたからといって、心的ダメージを負ってしまうほど、働くのは良いとは言えません。現在では、物質的なことよりも、仕事のしやすさを大事にしたって良いはずです。ですから、あなたの家族や、あなた自らの心も大切にしましょう。