以前は、職探しをする場合は「転職サイト」より、「ハローワーク」を活用していました。

以前の私は、求人情報は「転職サイト」よりも、「ハローワーク」を使っていました。

  • 前は「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」に通っていました。というのも大手「転職サイト」は、構造上、都心の求人しかないからです。そのため、求人情報を調べる時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。もちろん、大手転職サイトに掲載されている求人より企業も、給料などの労働条件も若干見劣りはしますが、古くから地域に根ざした企業もあり、安心できます。また、「ハローワークは地味なイメージがある」とイメージしている方も多いかと思います。思いもよらず、理想的な求人を発見できるかもしれないので、この先転職するべきか検討中の方は、参考までにハローワークへ1度行ってみるのも手です。有名な転職サイトのような多くのニュースレターが来ることもありません。
  • 転職先を選ぶのに、むろん仕事におけるやりがいのアップと…

  • 転職するなら、言うまでもなく仕事におけるやりがいアップも大事だけどそれにとどまらず給料アップも大事なポイントですから「年収サイト」に登録をして事前に研究しています。全く一緒の会社でそして全く同一の職種、社歴なのに人によって無視できないほどの違いがあることも多くあって、正直なところ面接で質問をしたことがあります。面接をした人も同じサイトをよく見ていたみたいで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた者について誰か予測がついているんですけどね、多分見栄をはってるんですよ。低い方の年収だと覚悟しておいてください」とのことでした。
  • 転職サイトは大手のサイトであるほど掲載数も豊富なた・・

  • 転職サイトはメジャーなサイトの方が案件が多いので、興味を引く2つか3つの会社を、サイトに登録し、勤務地や年収にチェックマークをいれておき、加えて条件に合った求人情報が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと情報が集めやすくなります。ただ、最初は登録するのに本当に労力を要するので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を準備して、そのコピー&ペーストをする形で登録すると手間がかかりません。登録を行う初日は、少し時間がかかりますし、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、次回以降は、新着情報だけチェックすれば良いので、後のことを考えれば、初回の準備に手を抜かないことを心がけましょう。
  • ある古物商の人員募集にて、書類選考をパスしました。2、3日して…

  • ある古物商の人員募集に応募したところ、書類審査を通過し面接の日時について先方から連絡をもらい、しかし、面接日当日、指定場所へ行ってみると、なぜなのか相手が面接の用意を一切していないことがわかりました。しばらく待たされたのち、責任者らしき人が面接担当をしてくれましたが、驚くほどやる気のなさそうな態度を見せて、ひとまず面接が終わりました。予定日を過ぎているのに、採用結果もまったく告げられず、しびれを切らし、私のほうから問い合わせてみると、「結果は郵送で本日送付しました」と告げられました。心待ちにしていたのですが、しかし、これも未着でそんなわけで改めて質問したところ、「結果は不採用でした」、とそう言われてすぐ、電話を切ってしまいました。私は呆れて何も言えませんでしたが、ハッキリ言って、不採用で良かったとホッとしています。
  • 仕事を探していた時期に何社かの人材紹介会社に登録していたのです・・

  • 私はかつて割と多くの人材紹介会社に登録していました。その時に感じたこと、それは転職アドバイザーの質においても色々でほとんどの場合、納得のいく対応をしてくれない担当者ばかり。私にとっては、とても大切なことなのにもっと心して向かい合ってほしいという気持ちが膨れ上がりそのことが契機となってキャリアカウンセラーになりたいと考えるようになりました。資格を取得するためにはお金がかかりました。それに加えて資格取得のための勉強面も大変なわけですが、就活中の人たちから頼りにされる存在になるために頑張っています。
  • 派遣でのお仕事が決定しました。

  • 派遣先の会社が決定しました。仕事開始の初日に派遣会社の営業の担当の方と勤務先の近くのコンビニエンスストアで落ち合うことになっていたところ、彼がどうしたことかコンビニの前にいなかったので店の中にいるのかもしれないと考え店内に入ったところ、営業担当者は驚くことに雑誌売り場の所でしゃがみ込んで18禁の雑誌のグラビアページを開いて見ているところを発見!こんな担当の方の仕事なんて我慢できないことだと感じ、その場で声をかけることなく店の中から出て速攻派遣会社に辞退する旨の連絡を入れました。
  • 再就職を近いうちにするつもりなら、こまめに多種多…

  • 転職を近いうちにするつもりなら、労を惜しまずに多様な会社の採用情報を調べておくと転職した後の見る目に大いに役立ちます。現在の仕事にやりがいを感じられないと思っている場合、実際に転職活動をするときに、どんな会社でも魅力的に見えてしまいます。そのような状況下では、どこを選べばいいのか判断できなくなり、どんな会社でも飛びついてしまいます。その結果、短期間で退職の道に進んでしまうので、事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておくのがベストです。会社の雇用に関する情報だけ見るのではなく、その会社の「取引している会社」も要チェックです。透明性ある会社は、取引先情報を公開していますし、逆にそうでない企業は、広告宣伝ばかりに注力しがちなので、その点もチェックしてみましょう。そのうえ、企業によっては、個人でのグループに入っている企業があるので、グループの名前を調べて内容を把握しておくのも良いと思います。
  • 再就職の際の面接についてですがクールビズでもOKとと伝えられることもあるようです。です…

  • 再就職の時にする面接での身なりは会社側からクールビズ可とと事前に連絡が来る場合もあります。ですが、クールビズで伺うのは本当は良くないのでは?と考えてしまいます。そういうことで悩みを抱え込んでしまっている人たちにアドバイスしておきたいのは、企業側からクールビズを指定された面接なら、言われたことをそのまま行動に移したほうが無難です。迷うことによって、汗をかく時期にクールビズでないと相手に暑苦しいと思われますから、企業側からクールビズでお越しくださいと事前に聞かされたのならクールビズの格好をおすすめします。
  • 働いていた会社で反りが合わない上司に頭を抱え、とう…

  • 勤務していた会社で嫌な上司の存在に心をすり減らし、最後には耐えることができなくなり退職し、同業者である他の企業に転職をしました。居心地よく仕事ができて満足のいく毎日でしたが、じわじわと会社の売上が悪化し、結局はとある会社に経営統合されることになったのです。偶然にも経営統合の相手はなんと前にいた会社で、その上転職のきっかけとなった上司が再び私の上司になることになりました。いったいこれはどれだけ縁があるのでしょうか。当たり前ですが新たな転職活動を始めようと思っています。
  • あなたが今現在、「転職サイト」で自らにぴったりのストレスを感じずに働け・・

  • もしあなたが転職サイトを利用して自身のライフスタイルに合った将来性のある仕事を探しているならば、絶対に「転職エージェント」も活用しましょう。登録は簡単です。エージェントサービスの登録のあと紹介してくれる求人というのは、一般的に公開されていないからです。誰でもチェックできる公開求人とは違ってどう比べても、比べ物にならないほどにかなり高品質といえます。さらに、あなたの条件に相応しいものを調査して紹介してくれます。ですから、かなりの精度で希望するあなたの理想に近い業種の求人を教えてもらえる可能性があります。もし仮に同じ求人に行きつくとしても、ひとりの力で手当たり次第に調べていくよりも効率は良いです。ですから試してみる価値は大いにあります。
  • 転職する時にネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェン・・

  • 新しい職を探す際、ウェブ上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」のお世話になるケースもありますが、もしあなたがそういったエージェントに登録し職を得ることができた場合でも、失業保険とは何の関係もありません。ハローワークを経ずに就職しても給付してもらえないので後々、後悔しないように注意しておきましょう。一方、ハローワーク経由で斡旋してもらい、就職できたときは、就職用の準備金として、一時金を受け取ることができます。ネットを拠点にする就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。彼らは、企業から「紹介料」を手にするだけで、失業保険の手続きについては、ビジネスの対象外となります。これを知らないでいると、失業中にお金が手に入らなくなるので、注意が必要です。
  • 今、私は派遣会社に入っています。

  • 今、私は派遣で働いています。サイト内で何の気なしによさそうな仕事を見つけ問い合わせを行ってみると「そのお仕事はもうすでに別の方でお話が進んでいます」と断られて一瞬サイト上からもお仕事の情報がなくなるのですが、翌日に閲覧すれば情報が閲覧可能になっています。それって結局私ではよくないのってことですよね。そうであればカドが立たない程度に正直に教えてほしいのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。そうでなければ客寄せのための存在しない仕事を載せているのでしょうか?
  • この頃スマホを使えばインターネットで見られる世界では…

  • PCを使えばネットで見られる世界には要するに「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものが数限りなくあります。サイトから自身の目的に合った転職先と思えるのを見いだすには最初は情報を収集することです。このような「転職サイト」をしっかり使うことで、効率的かつ満足度の高い転職を叶えられます。転職情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報満載の有益な「転職サイト」がある一方、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。使い慣れないうちは、実際に信用していいサイトであるかをよそと比較しながら厳しくチェックしてみてください。
  • 最初に転職を行うのであれば、大切なのは「現在の仕事を辞める理由」・・

  • 最初に転職をするにあたって、気を付けるべきことはどうして現在の仕事を去らなければいけないのかを頭の中で整理しておくことだと断言できます。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておく必要があります。その後現在の問題を解消できそうな会社を選ぶことになります。社会に出てからの転職活動は、新卒時の就職活動とは異なり、現在の仕事を続けながら転職活動をするので、時間と体力を消耗します。そのため理由が明確にならないまま転職活動を始めると、途中で挫折したり、息切れしてしまいます。絶対に転職したい、現状に変化を加えたいという強い気持ちがない場合は、転職活動を本格的に始めることは待っておいたほうが良いでしょう。
  • 転職した会社で自身のこれまでの実力をフル活用できれば…

  • 新しい勤め先で、今までに身に付けた実力を活かすことができれば、即戦力として認められ、割と早く職場にも馴染めるし、いい人を求人している会社サイドしても、大いに助かると言うものです。時期さえ合致すれば、容易だといえます。更に今までの仕事と似た仕事内容なら転職は非常に容易になります。とはいえ、なかなかの実力があるといっても大手の事務系の仕事や、公務員などは、いつの世になっても、相当な難関ですから、覚悟を決めておきましょう。
  • 退職と転職を繰り返す日々を止めるための方法が一つだけあります。

  • 転社を繰り返さないための対策は、とてもシンプルです。スキルを向上させることもそうですが、精神的なスキルを磨くと転職を繰り返しません。現在はネットもあるので、精神面を鍛えるのには良い情報は満載になっています。また、転職とは違う行動をすることもメンタル面を強化することが可能です。何かと言うとズバリ「海外に行くこと」です。外国は、文化も言葉も大きく異なるので、どんな瞬間も勉強になります。ですから、帰国後変化があるのです。日本に戻ってくると、自分のこれまでの視野の狭さに驚き、世間はこんなにも狭かったのだということを実感することができます。その気持ちを携え、(転職のための)面接に向かうと、これまでの面接とは比べ物にならないほどに自信満々に自己アピールができるはず。ただし、退職間もないあいだは、精神面が弱くなっているので、休みも必要です。