今ではスマホは便利でインターネット上には、今では「転職のためのサイト」に類するもの・・

世の中は変わっていてパソコンやスマホを見ればネット上では、…

  • 最近スマホで調べればネットで見られる世界にはいわゆる「転職に関するサイト」と呼ばれるものが無数に存在します。その相当な数のサイトから自分の目的にあった転職先というのを見つけるためには、何よりも情報を集めることから始めましょう。転職サイトをしっかり活用することで、よりスムーズな転職先探しが可能です。最新情報が満載で、客観的なデータもしっかり掲載される役に立つ「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、注意が必要です。まずは、信用に足るサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますから同ジャンルのサイトと比較しながらしっかり確かめてみましょう。
  • 最初に転職を行うとき、忘れてはならないのはどうして今の仕事を辞めたいかを…

  • 初めて転職を行うのであれば、気を付けるべきことはなぜ今の仕事を辞めなければいけないのかをはっきりしておくことだといえます。その理由こそが根本問題なので、考えておくのが賢明でしょう。問題改善が見込める企業を選択するのです。社会人の転職活動は、在学中の就職活動とは違って、今の仕事を続けながら転職活動しなくてはならないため、時間と体力が必要でしょう。だからこそ理由がはっきりとわからないまま転職を試みた場合、途中で息切れしてしまう可能性もあります。どんな手段を使っても転職したい、現状を変えたいという強烈な気持ちがない場合は転職活動の開始は保留にしておいた方が良いです。
  • 新しい仕事で、これまでに培われてきたスキル・キャリア生かせたとした・・

  • 新しい勤め先で、あなたの過去のスキル・キャリア生かせれば、即戦力となって早々に職場で存在感を得られるでしょう。いい人を求人している会社としても、大いに助かると言うものです。タイミングさえうまくいけば、容易だといえます。それに加えてかつての業務内容と同じような仕事内容なら転職自体はすんなりいくはずです。そういっても、そこそこスキルがあるといっても大手の事務系、公務員(国家・地方ともに)といったジャンルは、時代に関係に左右されることなく中々の難関であることは間違いないといえます。
  • 退職と転職を繰り返さないための対策は至ってシンプルです。

  • 退職と転職を繰り返す日々を止めるための対策が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。今ではネットを用いて精神面を強くするための自己啓発系の情報はとてもたくさんあります。そして、転職とは関係なさそうなことでも、メンタル面は強化できます。何かと言うとズバリ「海外旅行」です。海外は、文化も言語も大きく異なるので、すべてのことが良い刺激となります。なので、心の成長を成し遂げるにはぴったりの策といえます。日本に戻ってくると、「自分の見せている世界はこんなに小さいのか」と気づき、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま面接に行けば、今までの面接とは違い自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。ただし、退職間もないあいだは、精神的に弱っていることが多いので、回復したあとで行動するようにしましょう。
  • 雇用中には、可能であれば、周囲に気づかれないよう・・

  • 就労期間中なら、できたら、悟られないよう、(私の経験談ですが)在職期間中に転業の考えを早い時期に会社内で知らせたことがあります。でも、その後求人情報を必死に色々と探してみたのですが、働き先のあても仕事を変えるタイミングも無計画なまま進めていたので、いつの間にか時間が過ぎてしまいました。挙句の果てには一方の社内では業務の引き継ぎや手続き、自らの退職日などが続々と確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、転職先を見付ける」という、お粗末な状況下で会社を辞める形になりました。予定は噛み合うこともなく、失職期間を経て次の就職先を探すハメになりました。
  • 3日ほど前転職先を探すために人材会社に登録に行きました。

  • 昨日新しい仕事先を探すために人材会社へと登録に向かいました。そのとき登録カウンセリングに出てきた担当者が見た感じ新入社員じゃないかと思う人で、私の話の50%ほども理解ができていない感じ。おまけに「キャリアデザインが緩いですね」とか「きちんとと自分の強みと弱みを理解しておくことが重要です」等、私のことをすべて理解しているかのように横柄にしゃべるので非常に嫌な気分になりました。カウンセリングを担当させるのは多少は仕事の経験がある社員にしてほしいものです。
  • 転職活動を進めるには、相応の準備は不可欠です。

  • 転職活動には、然るべき準備は不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、その中でも目に見える服装は気になりますよね。ですが、昨今の、面接では、形式ばらない服装がOKな会社があるので、スーツで決めて面接に行く必要はありません。とくに会社の設立したての新規の企業などは、柔軟な考えなので私服で面接をした方が、相手に好印象を与えられます。正装でないので、ざっくばらんに会話できるメリットも。そして私服なら、面接の際に、洋服について、相手との話が広がる可能性もあります。ですから、うまくいけば担当者へのアピールにもなります。ということから、今から転職は企業の「創業年数」をチェックしてみて、(ベンチャー系などの)面接時には正装はせずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。
  • クールビズで再就職の面接にチャレンジするときには、やっぱりジャケッ…

  • クールビズ(軽装)の格好をして転職の面接に臨むときには、ジャケットまでは着用していくことはないと言い切ることができるわけですが、ネクタイはつけている方が好印象です。ネクタイもジャケット同様になしで良いと考える企業もある場合もあるにはあります。ですが、ことネクタイについてはクールビズであっても必ずすべきだと決めている企業がある程度存在します。そういった訳で、クールビズ(軽装)が良いと言われていたとしてもネクタイだけは絶対に着用して面接した方がベストであるということをわかっておいてください。
  • 再就職をするとき、「Uターン」「Jターン」にて都会から郊外・地方に移住したうえで再就職したい、・・

  • 仮にあなたが転職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」にて大都市から地方に移り住んで再就職したいと興味を持っている人も、実践している人も増えています。この頃は求人情報サイトを見れば、郊外や地方の求人も容易に知ることができますが、郊外や地方での求人情報は、大都会の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないのが事実、痛いところでもあります。なので、求人情報サイトを使用するのは当然ですが、転職サイトに加え、その地方の自治体や商工会議所のサイトもきちんと確認しておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった機関が主催する転職サポートの関連情報も確認しておくとよいでしょう。
  • 転職候補となる企業での採用面接でのやめておいたほうがよいの・・

  • 転職先での面接では、やめておいたほうがよいのは採用をされたいあまり無理に猫かぶりすることは、思いのほか悪い結果を招くおそれがあります。そんな事態を避けるためにはその場を繕うのではなく面接時は、「育休」など、多くの人がかなり聞きづらいことも勇気を出し率直に訊いておいた方が、結果的に自分のためになります。意外に思うかもしれませんが、「採用前の段階で、ずけずけとそういった内容を無神経に尋ねたら、結果が採用されないのではないか」と危惧する人もいるかもしれません。ところが、かえってマイナスの結果をもたらす直結するといいます。このようなお金や労働環境に対する内容は、実際には、多くの人が気になっています。その反面、不採用を恐れるあまり、なかなか聞けないものです。けれども、逆手に取って、「正直な人だな」と思わせることができます。
  • 現実に失業保険を給付してもらうためには、職を探していることが条件になります。

  • 実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職を見つけようとしていることが条件になります。だとしても、「会社に行く必要もなくなったし、しばらくはのんびりしたい」と思う人が多いはずです。というワケで、真面目に働き先を探しているように見せる方法があるので紹介しましょう。月一回の「ハローワーク」での面談はパスできませんが、その場にて、「求人票」を確認することを最低限やらなければいけません。本気になって探したくないときは、求人票で職探しをしているフリをして、ハローワーク職員との面談の際に、「自分の属性にあう仕事や、希望していた求人が確認できませんでした」と言って、次の機会を狙っておけば大丈夫です。
  • 転職のため職探しをするときに注意したほうがよい求人情報…

  • 就職のため職探しをする際に気を付けるすべき募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高く、拘束される時間が長めというものです。このような求人内容の場合、給料に『みなし残業代』を含んで算出している場合が多いのです。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、例えばですが、30時間、45時間という感じで求人の内容に時間の併記があるはずです。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、あらかじめ給料に残業代を含んでおく、といった仕組みです。(なお、これは合法です)もしも『みなし残業代30時間込』と記載されていれば、「記載時間分の残業代も含めてこれだけの給料になります」という求人になるわけです。ただし、悪質なブラック系の求人では告知しておくべき『みなし』を意図的に表記してない可能性もあるので充分に注意を払っておきましょう。
  • 転職時の面接では担当者から「転職理由を聞かせて頂けますか・・

  • 転職時、必ず面接をすることになるでしょう。担当者から「転職理由をお聞かせください」と高確率で質問されます。この場合、どのような理由であれ、「人づきあい」「労働環境」についての内容は、できる限り控えることをお勧めします。此の様な内容の話は、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスを逃してしまうことになります。ですから面接では「前向き」な返答に徹するのがかなり大事で、まずは「新しい職場で、自身の能力を十分に発揮し、戦力として必要不可欠な人材になる所存です」のような内容で自分を売り込むことが良い印象を持ってもらえるのです。
  • 将来転職活動をされるなら、気になった求人(または業・・

  • これから転職活動をするという時は、良いと思う求人(または職種)を見た際に忘れず「〇〇業(気になる業種)、ブラック」とインターネットで検索を掛けてみましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントの情報では、業界のマイナス部分について、教えてもらえない、と思っておくべきです。もしブラックな面があるなら簡易的なインターネット検索によっていとも簡単におおまかな実態を理解できます。そういった検索をしないまま、入社してしまうと、あとでしっぺ返しを食らうおそれがあります。その求人募集が出ている理由が「内容がキツイから人がなかなか定着してくれない」ということも多いので気に入った案件や業種については、納得できるまでチェックして応募するようにしましょう。
  • 転職エージェントに登録した場合、電話やメールでしつこいくらい連絡が入ってきます。

  • 転職サイトに登録すれば必ず、電話やメールで嫌になるぐらい連絡が入ってきます。これについて初めて利用された人はとてもびっくりするケースがよくあります。「転職エージェント」は、転職を成功に導くことが仕事なので、かなり積極的にかまえています。その中でも大手エージェントは、転職を成功させることによって企業側から報酬がもらえる仕組みであることから、転職者の都合よりも企業側を優先的に考えることが珍しくありません。加えて、彼らは、契約数を増加させたいがために、内定がでた瞬間に、入社を積極的にすすめてくることが少なくありません。自身の気持ちをハッキリしておき、妥協した形の転職とならないように注意を払わなければいけません。
  • 女性が転職するに当たり、数年前と現在と若干、違ってきている点があります。

  • 女性が転職する場合、一昔前と近年とでは若干、状況が変わりつつあります。以前は、結婚観や出産後の方針に関して、当たり前のように女性に質問していました。ところが、現在の流れとしては、そのようなデリケートな内容は、セクハラと捉えられるのを恐れて、聞くのを避ける企業が増えています。また、名の知れた大企業ほど、露骨に避けるようになっています。しかし実際、会社側は、はい・いいえ、の2択ではなく、その人の価値観、結婚した後は退職するのか、出産後の細かい予定を知っておきたいと思っています。あなたの価値観を理解しておいてもらうためにも、志望した動機や自己ピーアールと併せて言い表すことで、面接担当官にも認識してもらえ、また、疑問も解消できると考えます。そういうわけで、たとえ、質問されていない箇所についても、あなたの側から率先して話をしておくのが良いでしょう。