就職活動において、年収は非常に大切な要素です。

就職活動において、年収は極めて大事な要素です。

就職活動において、年収はとても大事なポイントです。必ず現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。このとき実際もらっている年収よりも多めに申告し、多額の年収を確保しようと試みても、無駄な努力でしょう。というのは、結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、もし一度は騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局は虚偽の申告をしたことがバレていまいます。トラブルの原因になることもあるため、現在の会社での年収を正確に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。なお、今の年収が400万円の人が、転職後に500万円となる可能性はないものと考えておくべきです。たとえば、今、430万円の年収であるのなら、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくとよいでしょう。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に入社できたとしても、退職を余儀なくされる状況も考えられます。

転職先を探している期間中は、趣味に没頭したり、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れ…

転職期間中は、自分の好きなことに没頭することに加え、体力を低下させないようにしておくとベストです。新たなスタートを切ったとき趣味に打ち込んでいたことで、いつの間にか集中力が養われているのです。そしてまた、体力アップが図れていることで、他の社員と比較すると疲れにくい身体になっているということを自覚します。というわけで、退職後は自分が興味のあるなこと趣味に時間を充てることと、体力アップをしておくことをしておくのがおすすめです。勤め先が決まり、その会社であなたと共通の趣味の人と出会えれば、友達になれるキッカケにもなるので、これまでしてこなかったことに挑戦してみるのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

このあいだ転職をやっとしたばかりだというのに、何ヶ月もたっていない・・

このあいだ転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、慣れもしないあいだに退職を選択してしまう人がなんとなく少なくないのです。何故そうかと思うとたぶん素晴らしい仕事に飛び込んだものの、「自分の思っていた職場環境とだいぶギャップがあって幻滅した」「こんなはずが・・・」と考えてしまって退職を決意することが珍しくないといいます。可能ならばこのような、転職における失敗を未然に防ぐためには、まずは前もっての情報収集を欠かせません。職場環境、通勤時間、などあれこれ事前に調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

例えば、転業を決意したなら、周囲の人にはこっそりとその意思を悟られないよう…

仮に、転身を決めたのであれば、徹底的に周囲にその意思がばれないように、首尾よく活動していき、働いている間は可能なだけ周りの人間に気づかれないように通常通りに業務をこなすのがとても妥当です。働いている間、この状態を維持していれば、万一条件に沿う転職先がすぐに見付けることができなくても、転職の予定を見送って現在の職をそのまま残っても何も問題ありません。でも「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、会社の人は、その言葉に合わせた対応を取るようになります。それに社内の人間に「辞めるつもりです」と言ったが最後、社内では「あの人はもうじき辞める」と広まります。しかしもしも、「やっぱり退職しないことにしました」となっても、同僚たちは、「一度は退職しようとした人」とあなたを見て、仕事中ずっと、身の置き所がないと感じるリスクが高いです。

求人に係る情報を見る場合、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」と思っている人ほ・・

求人に関係する情報をチェックする折、例えば、「デスクワークがしたい」と考えている人ほど製造業を見ようとしないものですが、そういったことをしている人の多くは「製造業は現場で製造する求人募集しかやっていないだろう」と勘違いしていることが少なくありません。実際に、製造業の求人であっても現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、総務などのスタッフ募集をはじめ、資材・購買や営業管理等の事務系のお仕事もたくさんあります。けれども、製造業の勤務場所はビジネス街にはないのでそういった点が受け入れられないと思う人もいるでしょう。けれど、自分のエゴをなくすことで意外な発見があったり、スキルアップのチャンスがあるかもしれません。

近いうちに転職される人で次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのな・・

転職活動を考えている人で、次の仕事をする前にまだ期間があるのなら、必ず「失業手当」を受け取っておきましょう。勤めている会社で「雇用保険」を払ってくれている場合は、必ず誰でも失業手当を受け取ることができます。また、手続きに関しては「ハローワーク」で行います。自己都合で仕事を辞めた方は失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、場合よっては会社都合の退職だったり、残業時間次第ですぐに受け取れることもあります。このときの、もらえる「失業手当」の金額については、辞めた月の直近の給料を基に計算するので現在の会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、理想なのは繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

転職活動をする上での最後に残る壁として、現在勤務している会社の退職があげられます。

転職活動の最後の問題として、「現職の退職」があげられると思います。転職先の企業から採用の内定をもらえても、現在勤務している会社があなたを引き留めるというのもよくあることです。もしそうなってしまったら、「何を言われようとも絶対に退職する」という強い信念を保つことが大切でしょう。引き留められて、一時的にとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社には、やがて愛着もなくなってきます。会社の規定をチェックし、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届を書いておきましょう。そうして、決定権を持つ上司と面と向かって話し合い、「退職に関する交渉は、一切拒否します」と毅然とした態度で相手に伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動には必要です。

生まれて初めて失業保険を受けるケースでは、じっとしていれば給付されると思っている・・

生まれて初めて失業保険を受ける場合、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える人が少なくありませんが、それは誤りです。実のところ、失業保険の給付を希望通りに受け取るためには、「就職活動」をしていないと駄目で、加えて、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。一か月おきにスタッフに就職活動の状況を報告して真摯に仕事を探していることを信じてもらえれば次の月の給付が振り込まれるという仕組みです。一方、本気で就職活動をしていないと思われたり、毎月一回の職員との面談にも顔を出さない場合は、問答無用で給付を一時的に止められたり、ときにはそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、そうならないよう十分注意しましょう。

今までの私は、「転職サイト」よりも主に「ハローワーク」を利用していました。

前は職探しは「転職サイト」よりもいつも「ハローワーク」を利用していました。理由は、大きな「転職サイト」は、システム上、都心部にある企業の求人しかないからです。であったため、求人情報をチェックする時は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。掲載されているどうしても給料や労働条件で差がありますが、地域密着型なため、都心部以外での転職をするときには重宝します。しかし、「ハローワークってなんだか古臭いイメージがある」とイメージしている方も多くいるかもしれません。転職サイトとは違った求人もあるので、勤めている会社を辞めたい場合は、お近くのハローワークに行って、相談するものいい案です。人気の転職サイトのようなたくさんのニュースレターが来ることもありません。

転職をするにあたって、むろんやりがいを考慮することも大事だけ・・

転職を行うにあたって、もちろん仕事のやりがいアップも大切だけど手取りが増えることも大切なポイントですから「年収サイト」に登録して前もって調査をしています。一緒の会社でしかも同一の職種、社歴であるにも関わらずずいぶん人によって幅がある場合も多く、正直に言うと面接で質問をしたことがあります。面接をした方も同じサイトをよく見ていたみたいで「その高収入で書いているのは、書いた方も誰なのかだいたいは予想はついているんですけどね、多分格好をつけてるんですよ。低い方の給料だと思ってください」とのことでした。

「転職サイト」は、大手が運営しているもののほうが掲載される会社も多いの…

「転職サイト」は、大手が運営しているものほど多数の転職情報が掲載されているため、関心のある2,3の会社を、とりあえずは転職サイトに登録して、希望する勤務地や年収に対して条件を設定しておき、次に条件に合う案件が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと簡単に情報収集を行うことができるようになります。しかし、最初は登録が少々面倒くさいのでサイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をきちんと作成しておき、それらをテキストアプリに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら、登録を進めると楽になります。登録初日は少々時間がかかることから、案件の検索と応募だけでも大変ですが、その後は新着の求人情報のみチェックすれば大丈夫なので、次回以降の応募を楽にするめにも、最初の準備をきちんと行うことを心がけるのが得策です。

ある古物商の社員募集にて、書類選考に受かりました。すぐ…

とある古物商の求人に応募したところ、書類審査を通過しました。その後担当者から、面接予定日を連絡してもらいました。けれど、当日、行ってみると、どうしてか相手が、面接準備を一切していないと知りました。ようやく、所長と思しき人が面接中も半ば聞きというか、始終けだるい表情を見せ、かろうじて面接が終了しました。しかしながら、予定日を過ぎても結果連絡が一切なく、気になったので、自ら問い合わせると、「郵送で今日送った」と返答されました。しばらく待っていましたが、しかし、これも未達なのでそんなわけで改めて問い合わせたところ「残念ですが不採用」ということで、勝手に電話を切られてしまいました。あまりのことに呆れ返ってしまい言葉を失いましたが、内心、不採用で良かったと痛感しています。

かつてはたいへん多くの人材紹介会社に登録していたのです…

かつていくつかの人材紹介会社に登録していました。その時に感じたこと、それは転職のアドバイザーの質に関しても色々で大方は物足らないと感じる人でした。こっちは人生がかかっているのにもっと一生懸命に臨んでほしいという感情が募りました。それが引き金となりキャリアカウンセラーになろうと思い立ちました。資格を取得するためにはお金もかかりましたし資格取得のための勉強においても大変なわけですが、就活中の人たちから頼りにされる人になるべく頑張っています。

派遣での仕事が決定しました。就業1日目に派遣会社で営業を担当している・・

派遣のお仕事が決まりました。お仕事開始の初日に営業担当の方と派遣先の会社に近いコンビニエンスストアで合流することになっていたところ、営業担当者がコンビニの前にいないから中にいるのかもしれないと考え店内に入ったところ、彼はあろうことか雑誌売り場に座り込んで女性の裸が載ったグラビアページを開いてみているではないですか。こんな担当の人のお仕事なんて絶対嫌だと思って、そこで声をかけずにコンビニを出てすぐさま派遣会社へ辞退する旨の連絡をしました。

転身したいなら、労を惜しまずに色々な企業の情報の詳・・

転身するつもりなら、労を惜しまずにさまざまな企業の採用情報をチェックしておくと再就職先を選びやすくなります。現在の仕事に満足していないと、いざ転職活動をする際、どんな企業でも魅力的です。そんな状態に陥ると、どの企業を選択すべきか判断できなくなり、会社選びに失敗してしまいます。そうすると、最終的には直ぐに転職しなくてはいけなくなるかもしれないので事前に正しい判断ができる目を養っておいたほうが良いのです。方法としては、会社の雇用面だけを見るのではなく、会社の取引している会社を見る事です。良い企業は、取引している会社を公表していますし、反対にそういった会社ではない場合、宣伝に力を入れる傾向があるので、求人チェック時に見ておきましょう。さらに、会社によって個人グループに入っていたりもするので、グループ名で中身を調べておくのも良いでしょう。

転職の時に行われる面接時の身なりはクールビズでもO・・

転職の時にする面接では企業側からクールビズでもOKとと記載されているケースもあるようですが、なかには、クールビズで赴くのは悪い印象を与えるのでは?と思ってしまいます。そのような考えを心に抱えている方々にアドバイスしておきたいのは、企業側からクールビズで来るように言われた面接なら、書かれている内容を守った方が無難です。疑心暗鬼になり、汗がでる時期にクールビズではなくスーツを着込んでいくと面接担当者にに不自然に思われますから、クールビズ可と伝えられたらクールビズで行く方が好ましいのです。