再就職する時に行われる面接を受ける時につけていく腕時計は…

転職をする際の面接につけていく腕時計は、目を惹くようなタイプ・・

再就職する時に行われる面接を受けるときにする腕時計についてですが、明らかに目を惹くタイプの時計はしないほうが最善といえます。この場合の、目立つ意味は明らかに高そうに見える腕時計とか、といったことだけではないのです。それとは逆に安物の腕時計に見えるとか、そういった目立つということで正反対で目を惹く、ということで理解しておいてください。面接の際の腕時計においてはポジション的にはネクタイやスーツのとらえかたと同様に、無難なものをするほうが好印象です。とはいえ、自身の年齢にあっているということも重要で、新卒の時に着けていたものよりはほんの少しでも高価なものにした方が年齢に見合っているとはっきりといえます。

転職の間は、無意識のうちに時間があるため、緊張感がなくなり、だらけてしまいがちです。

転職期間中は、つい時間に余裕があるため、緊張感がなくなり、ダラダラと過ごしてしまいがちです。だとしても、そんな風な生活を習慣にするのはキケンです。言うまでもなく、緊張感のない、だれた生活を続けると、「精神的」にも悪影響があるからです。徐々に、仕事をしようとする意欲がなくなり、お金に困る事態となりかねません。そうなってしまうと、すべてにおいて悪循環になり、転職をしたい会社をなかなか決められなくなります。再就職先が決められなくなるのは、給料を最優先に考えるためです。給料を第一に考えざるを得ない状況ではやりがいを求めて転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。というワケで、お金に縛られない生活を続けるためにも、ダラケタ生活は、転職活動中には必要ないのです。

近年、ネット上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングを専門に行う会社も増えてきました。

今日はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社をよく見かけるようになりました。もしもあなたが特許を出したことがあるなら、そういった会社からのコンタクト率が高くなるといいます。彼らは、特許を出願した人だけでなく、研究開発で論文を出した経験がある人や、新聞で紹介された人など、何らかのインパクトがあった人に狙いを定めて、電話・メールで接触してきて、ヘッドハンティングのネタにしようと企んでいます。仮にあなたが、ヘッドハンティングに関する勧誘をされたなら、そういったことが無かったか考えてみましょう。ここ最近は、ヘッドハンディングだと思わせて、登録料を要求しようとする業者もあるらしいですが、その手の業者は当然ながらイカサマですから注意しましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者が支払うものではありません。

以前は求人誌に募集要項の中に「性別」について、当たり前のように書かれていました。

以前は求人情報には、必要とする人材の「性別」まで明確に書かれていました。しかし最近では、男女雇用機会均等法によって、雇用において、男女差別がしてはいけない事が決まり、求人情報の条件に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。とはいえ、募集情報を出す企業側は、男性・女性どちらでも同等に雇用するとは限りません。実際問題、実は男手が希望のジャンルに女性の採用希望者がやってきたり、女性希望の企業に男性が応募してくる、といったようなトラブルが少なくありません。もしも、「女性が活躍する職場です」と記載のある求人募集の場合は、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と考えたほうが良いでしょう。

転職活動中には、「年収」の話題が必ず出てきます。

就職活動において、年収はかなり大切なポイントです。大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。このとき現実の年収を偽って、多く申告し、高額な年収を確保しようとしても、無駄でしょう。というのは、最終的には源泉徴収を提出することになるので、仮に一度は信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、どのみちウソがバレてしまうためです。トラブルに発展する可能性もあるので、現在の年収を正直に伝え、それに釣り合った希望年収を設定するのが一番良いです。例をあげると、現在の年収が300万円の方が急に年収500万になるようなことは通常あり得ません。たとえば、今、430万円の年収であるのなら、希望額は400~450万円と伝えておくことをおすすめします。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなり、せっかく入社した会社をすぐに退職せざるを得なくなるおそれもあるので、注意しましょう。

転職先を探している間は、自分の好きなことに時間を費やすことに加え、…

転職先を探している間は、自分の好きなことに時間を費やしたり、体力を低下させないようにしておくとベストです。勤め口が見つかり、いざ仕事を始めた時に、趣味に没頭してたことによって気付かない間に集中する力が身に付きます。さらに体力アップしていることでその場の社員さんと比べると疲れにくいということを認識することができます。そのため、休職中は自分が興味のあるなことに打ち込むことと、体力を落とさないようにしておくのがおすすめです。将来、同じ会社内で同様の趣味を持つ人と知り合えたのなら、仲良くなるキッカケになります。ですから、趣味を極めることが転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

少し前に転職をやっとしたというのに、すぐに辞めてしまう人という・・

3ヶ月まえに、転職したばかりだというのに、少ししか仕事もしてないのに退職届を提出する人がわりとよく見受けられます。それは私見ですがリフレッシュな気持ちで素晴らしい仕事環境で勤務を始めてみたものの、「自分の想像していた職場環境と堪えられほどかけ離れていた」「職場の雰囲気にどうしても馴染めない」ということがワケで退職してしまうのだとか。こういった、転職先選びで未然に防ぐためには、初歩として、前もっての情報集めは徹底するほかありません。徹底して行うべきなのです。職場内の環境、職場独自のルール、通勤にかかる時間、など多角的に前もって調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

万一あなたが、転職を決意したのなら、徹底的に会社の人に・・

万一とらばーゆの決定したなら、周りにひそかにそれが広まらないように首尾よく活動を進めていき、現職中はできれば周囲に知られないように淡々と仕事をする方がもっとも無難です。働いている間、その点を認識していれば、万が一転職先探しが見つけられなくても、転職を延長しながら、現職にそのまま継続しても心配がありません。でも迂闊にも「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、会社の人間は、その言葉に合わせて応対し出します。そのうえ社内の人間に「辞めるつもりです」と言ってしまうと社内では「あの人は辞める人」と受け止められます。そのようなシチュエーションになってから、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と心境が変わっても、周りの人は、「一度は辞めようとした人」という目であなたを見るため、在籍中は、身の置き所がない思いををする可能性が高いです。

求人に関係する情報を見る場合、例えば、事務系の仕事がしたいから・・

求人に関する情報をチェックする時、「オフィス系の仕事をしたい」と考えている人ほどはなから製造業に目を通さない人がいます。そうした人のほとんどは「製造業は製造マンの求人募集だけだ」と誤解しているはずです。製造業の求人であったとしても、現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、人事、総務などのスタッフ募集をはじめ、資材、購買、営業管理のような「事務系」に分類されるお仕事もたくさんあります。とはいえ、製造業の職場はビジネス街のような環境とは違います。ですから、その点がデメリットに感じる人もいるかもしれません。そうであったとしても、自分のエゴをなくすことで将来の可能性を高めてくれる機会になるかもしれません。

転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうなら…

転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでに期間がある場合は、ぜひ「失業手当」を受け取っておきましょう。失業手当は今働いている会社が「雇用保険」を払ってくれている場合は、必ず誰でも失業手当を受け取れます。ハローワークで手続きをしてくれます。しかし自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、今の企業の都合の退職、残業時間の内容次第で日数をおかずすぐもらえる場合があります。支給される「失業手当」の金額については、会社で最後となる勤務月の直近の給料を軸に支給する額を計算されるため、会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

転職活動を行う上での最後の難関として、現在の会社の退職があります。

転職活動において最後にクリアしなければいけない難問として、「現在勤務している企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先の企業から採用の内定をゲットしたとしても、現在勤務している企業があなたを手放したくないとして慰留しようとするかもしれません。そういったケースでは、どうあっても退職する、という強固な気持ちをもつことが必要です。引き留められて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたい、と思った会社は長続きしないでしょう。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を用意しましょう。そのあとに、決定権のある上司と直接、話す機会を設け、「退職に関する交渉は、一切拒否します」と正直に伝えます。「円満退社」で去ることも転職活動において重要な要素になってきます。

生涯初の失業保険を受けるケースでは、何もしなくてももらえると思っている人…

生まれて初めて失業保険の給付を受ける場合、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている人が大部分ですが、それは間違いです。実際は、失業保険をきちんと受け続けるためには、「就職活動」をしていないと駄目で、さらに、月に一度はハローワークに行く必要があります。1ヶ月間隔で職員に求職活動の状況をきちんと説明してきちんと仕事を探していることをわかってもらえれば翌月、保険が給付されるシステムです。もしも、きちんと就職活動に取り組んでいないと思われたり、毎月の職員との面談欠席したときは、決まりとして給付がされなかったり、酷い場合は以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、十分注意しましょう。

今までは、「転職サイト」に頼るより「ハローワーク」を優先していました。

これまで私は、「転職サイト」を活用するより、私はハローワーク派でした。その理由は、大抵の転職サイトは、構造上、都心部にある企業の求人しかないからです。そのため、求人情報を探す時は、「ハローワーク」しか利用していません。もちろん、掲載される多少企業数や、給料などの条件は若干見劣りするのですが、地域密着という点では探しやすい魅力があります。「ハローワークを利用したことがないから不安」とイメージしている人も多数いるはずです。ですが、良い求人情報もしっかり掲載されていたりするので、もし転職しようと思うのなら、参考までにハローワークへ1度行ってみることをお勧めします。大手転職サイトみたいに大量の電話・メールに悩まされる心配もありません。

転職にあたっては、当然やりがいのある仕事をすることも重要だけ…

転職するならば、むろんやりがいを考慮することも大切だけど加えて給料アップも大事なポイントなので「年収サイト」に登録して前もって調査をしています。同じ会社でそして同じ職種、経歴なのに人によって無視できないほどの違いがあることも少なくなく、ぶっちゃけた話面接を受けた時に質問したことがあります。面接をした方も一緒のサイトをチェックしていたみたいで「その高収入で書いているのは、書いた人間について誰であるのかだいたい予測がついているんですけどね、多分格好をつけてるんですよ。低い方の年収だと考えておいてください」とのことでした。

転職サイトは、大手であるほど豊富な量の転職情報が掲載されているため…

転職サイトは大規模なサイトであるほど多数の案件が掲載されているため、2~3社ほどとりあえずはサイトに登録し、勤務地や年収などの条件を設定しておき、条件に合う求人情報が自動的にメールで送られるように設定しておくと簡単に転職情報を集めることができます。だとしても、初めに限っては登録するのに非常に労力を要するので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」を忘れずに準備しておき、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。初めの登録のときは少し時間がかかることから、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、その後は、新規案件のみチェックするだけで良いため、最初の準備をしっかり行うことを頭に入れておきましょう。

とある古物商にて、書類選考をクリアしたため、面接の日時について先方から連絡をもら・・

とある古物商の求人に応募し、書類選考に合格しました。すぐに面接の日時について先方から連絡をもらい、面接日当日、指定場所まで行ってみると、どうしたものか相手が面接の用意を一切していないことに気づきました。ようやく、所長らしき人が面接中も半ば聞きというか、終始驚くほどやる気のなさそうな態度を見せて、グダグダな状態で面接は終わりました。ところが、約束の日を過ぎても、合否結果は告げられず、気になったので、自ら問い合わせてみると、「郵送で本日送付してあります」と返答されました。しばらく待っていましたが、ですが、これも来ず、そこで再度電話をしたところ、どういうことなのか、「残念ですが不採用とします」、と勝手に電話を切ってしまいました。あまりの対応に呆れ果てて絶句してしまったのですが、とりあえず不採用で良かったと痛感しています。