Author

退職・転職の囲み記事

再就職を目指そうとしても、万事首尾よく運ぶワケではありません。

仮に転職活動をしたとしても、全部が順調にいくというわけではありません。もしも転職するのなら、そう遠くない将来、転職をしなくてはならないなら若いうちになるべく早く行動しておくべきです。普通は、20代の若いうちはとても有利ですが、30代後半~40代を迎えると転職活動全般は、相当に難しいといえます。
退職・転職の囲み記事

就労期間中なら、状況が許す限り、周りの人にバレないよう・・

雇用期間中なら、なるべく周囲にバレないように(自身の転職活動では)在職中に「転社するかも」という気持ちのみを早い段階で会社内で知らせたことがありました。ところが、その後求人を必死に探してみたものの、予想に反して就職のあても転職時期すら計画も立てずに決まらないまま、ズルズルと時間がムダになるだけでした。
退職・転職の囲み記事

これまでの私は、職探しは「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」で仕事を探していました。

これまで私は、求人情報は「転職サイト」ではなく、主に「ハローワーク」が中心でした。どうしてかというと、大手「転職サイト」は、やはり都心の求人情報しか掲載していないからです。であったため、転職をする際は、「ハローワーク」ばかり使用していました。やはり、有名な転職サイトに掲載されている求人よりも多少企業数や給料などでは、若干の見劣りがあるものの、古くから地域に根ざした情報がとても信頼性が高いです。
退職・転職の囲み記事

近頃、株式・不動産投資の不労所得のほか、個人経営 ・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。

近年では、株・不動産投資の不労所得で生活資金を得たり、起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そういった背景もあり、「雇用されて働く道こそが正義」といったこれまでの見解も変わりつつあるようです。1960年代ごろの高度経済成長時代においては、将来が不安定な個人事業といった稼ぎ方よりも雇用されて働いているほうが安定していてました。
退職・転職の囲み記事

政治により変化の出始めている転職を取り囲む状況について・・

近頃の転職事情については、政治による変化の兆しが出始めています。今の安倍内閣ではアベノミクスや三本の矢で経済に関係する政策が打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策ともに日銀による金融政策と、たがいに作用しあって、財界や民間企業間では新しい明るい動きが顕著に現れてきております。
退職・転職の囲み記事

楽しみつつ、再就職に向けての転職活動と向き合っていけば・・

将来に目を向け、楽しい気持ちを持ちながら転職活動と向き合っていけば、メンタルに重荷を感じることもないので、転職期間中の堕落も避けられます。おまけに精神的な部分が健全な状態のままであれば、転職先も早くに見つかるはずです。一番良いのは、休職期間を作らずに新しい職場を見付けることが大切です。
退職・転職の囲み記事

転職の際に行われる面接というのは、規模の小さい企業だっ…

再就職の際の採用面接では、中小企業であれば、おおよそは、そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、別のケースもあります。例を挙げるとしたら、これからともに仕事をする責任者、わかりやすく言うと管理職クラスである課長や部長が面接の場に居合わせる可能性もあるのです。
退職・転職の囲み記事

仮にあなたが再就職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」など・・

もしもあなたが再就職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」において都市部から地方へと移住したうえで再就職してみたいと検討している人、実践している人が増えています。一昔前とは違い求人情報サイトを用いれば、地方の求人でも手軽に知ることができますが、ですが、地方での求人情報は、どうしても大都市よりも少ないので、その点がマイナスといえます。
退職・転職の囲み記事

かつてかなり複数の人材紹介会社に登録していたのですが、…

昔はかなり何個かの人材紹介会社に登録していたことがあります。その時に感じたこと、それは転職のアドバイザーの質に関してもまちまちでその多くは物足らないと感じる方ばっかりでした。こっちは人生がの大事な事なのにもっと真摯に臨んでほしいという欲が募って、そのことが契機となって自らキャリアカウンセラーになりたいと思うようになりました。
退職・転職の囲み記事

再就職する時に行われる面接を受ける時につけていく腕時計は…

転職時の面接につけていく腕時計についてですが、明らかに目を惹くようなタイプの時計の着用は避けたほうが最善です。この場合の目立つ腕時計と言うのは明らかに高価なものだったり、といったことだけではなくそれとは真逆で完全に安物である腕時計に見えるとか、そういう正反対で目を惹く、ということで覚えておいてください。