Author

退職・転職の囲み記事

転職のための採用面接に転職したい会社へ訪ねました。

転職のための採用面接にある会社に伺ったときのことです。偶然会社にある会議室が空きがないというわけで会社外で採用担当の人と待ち合わせて面接を行って、当該会場で解散をして、面接担当者も会社には帰らず自宅に直帰されるとのことでしたが、驚くことに自宅の最寄駅が一緒だったのです。
退職・転職の囲み記事

求人関連の情報を見てみると、まともな会社では月収が記載されているはずです。

求人広告には、大部分の株式会社では月にもらえるお金等が記載されています。しかしこの月収の部分を見る時には、深く確認する事が大切です。その値だけで判断しないほうが良いです。というのは案件によっては、月収の金額の内訳で月30時間残業の場合が含まれているかもしれません。
退職・転職の囲み記事

仮に再就職を考えたとしても、万事順調にいくと言い切ることはできません。

転職しようとしても全てがスムーズに進行する保証はありません。それはそのうちに転職をしなくてはならないなら歳がいかないうちにできるだけ早く変えるべきです。傾向としては、20代の若いうちは希望を見出しやすいですが、これが30代後半から40歳代に達してしまってからの転職の場合は、難しくなるのが一般的です。
退職・転職の囲み記事

在職期間中なら、極力同僚にバレないように(自身の例です…

在職中であるのなら、できれば周りの人に気づかれないように、(ちなみに私自身のときは)雇用中に「転業するかも」という気持ちのみを早いうちに周りの人に仄めかしたことがあります。しかし、その後に求人情報を見て回ったのですが、結局は転職する転職するタイミングも無鉄砲に進めていたので、ズルズルと時間だけが過ぎてしまいました。そして当時所属していた会社の方は、業務の引き継ぎや手続き、退職予定日などが段々と確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて転職先を決める」といった、お粗末な事態になってしまいました。
退職・転職の囲み記事

かつての私は、転職サイトを利用するよりも、いつも「ハローワーク」を利用していました。

これまでの私は、転職サイトを利用するよりも、いつも「ハローワーク」に相談していました。理由は、大抵の転職サイトは、いつも都会や大手の求人がほとんどだからです。このため、転職をする際は、「ハローワーク」しか利用していません。やっぱり、求人募集をする多少知名度は低くなってしまいますが、古くから地域に貢献している企業もあり、探しやすい魅力があります。
退職・転職の囲み記事

ここ最近は、株や不動産投資等の不労所得で生計を立てた…

この頃では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で収入を得たり、独立、起業等、そのような変化もあり、「会社員は安定がない」といったこれまでの考えも変わりつつあるようです。高度経済成長時代においては、株式投資、個人事業といった稼ぎ方よりも組織の一員のほうが大いに堅実であり、人生のもっとも正しい道としてまたそれが当たり前であるかのように、一般の人々に認知されていました。
退職・転職の囲み記事

政治による影響がでつつある転職を取り囲む状況についてですが、…

転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。今の安倍政権下では「アベノミクス」や「三本の矢」といった新たな経済政策を次々に打ち出し、内閣が打ち出した経済政策に連れ立って日銀による金融政策と、たがいに作用しあって、財界・民間企業間でも今までとは違う社会的な変化が現れ始めています。
退職・転職の囲み記事

楽しく再就職と付き合う事が出来れば、精神的な重荷が減少するので、…

楽しみつつ、再就職に向けての転職活動と付き合う事が出来れば、メンタル面での重荷も少ないので、転職期間中の堕落も避けられるでしょう。またメンタル面が健全な状態であれば、すぐ、転職先も見つかるはずです。おすすめは、やはり、休職期間を作らずに新しい職場を見付けることです。
退職・転職の囲み記事

再就職の際の面接は、小企業だったら概ねは人事担当者です…

再就職の際の面接では、小企業であれば、ほとんど、そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、その他にも例えば、今後仕事を一緒にしていく作業部署の一番偉い人、かいつまんで言えば部長・課長などの中間管理職が面接を担当する可能性も考えられます。また営業系や事務系といった部署に転職する場合は、資格による見極めが難しいですから、しっかり自分自身を売り込んでいくことが必要であります。
退職・転職の囲み記事

再就職をする場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった形・・

再就職を考えた場合、「Uターン」「Iターン」にて都市部から地方に移って転職したいと考える人も多いです。一昔前とは違い求人情報サイトを活用すれば、地方・郊外での求人情報にも閲覧できるようになっています。ただ残念なことに、地方や郊外での求人の場合、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある企業が少ないのが事実、難点でもあります。