Author

退職・転職の囲み記事

転職時の面接では人事担当から「転職理由を聞かせて頂けますか?」…

転職時、必ず面接をすることになるでしょう。面接官から「転職の理由は何ですか?」という風に、ほぼ質問されます。この時、どんなに正論だと思っても、前の仕事場での人づきあいや働く環境についての愚痴やトラブルを絡めた内容などは、出来るだけ控えたほうがいいでしょう。
退職・転職の囲み記事

就業していた会社で感じの悪い上司に悩みを抱えて、我慢ができなくなり退職し…

勤めていた会社で性格が合わない上司に嫌な気分にさせられ、これ以上は無理だと思いその会社を辞め、同業者である他の企業に転職しました。その会社では居心地よく勤務することができとても満足の日々でしたが、ちょっとずつ業績が落ち込み、ついにはとある会社に経営統合されることになりました。
退職・転職の囲み記事

就職活動において、年収はかなり大事な要素です。

就職活動において、年収は大変重要なポイントです。面接の時、大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで現実の年収を偽って、多く申告し、高額な年収を獲得しようとしても、無駄でしょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要となり、もし一時的に信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的にはウソがバレてしまうためです。
退職・転職の囲み記事

長年接客関係で仕事をしていたのですが、年齢的に立ち続けなければいけない仕事・・

長く接客業で務めていたのですが、年をとったせいか立ったままの仕事は体力的にハードなため、座って仕事ができるオフィスワークへの転職を志して動き始めました。事務の経験がない場合なかなか厳しく、そこで接客の経験が役に立つ受付兼医療事務になりたいと思い資格試験にも合格し個人医院に転職しました。
退職・転職の囲み記事

今からでも転職活動しようと思うのなら、現在の業務の何に不満を感じているの・・

転職活動を希望しているのなら、現在の仕事や業務で感じている不満点をリストアップしてみましょう。できていて当然と思われますが、意外とそうでもないのです。元々不平にガマンできないから転職したいと考えているのは分かります。が、「しっかりと現在の業務や業務の客観的にみた問題なことを列挙する」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。
退職・転職の囲み記事

転職エージェント、そして転職サイトを通じて、転職活動を行うことは常識になりつつあります。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを活用して、転職活動すること自体、一般化してきました。ですが、より転職のチャンスを増やしたいのでしたら、転職フェアの積極的活動をおすすめします。転職フェアは、複数の企業が一度に集まるイベントなので、参加することでいろんな企業の情報を得ることができ、同時に、スタッフの言葉遣いやマナーから、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。
退職・転職の囲み記事

転職エージェントは大規模なものに限って、たくさんの案件が・・

大規模な転職エージェントに限って、豊富な案件を持っているという強みがあるといえますが、それと同時に転職希望登録者も大勢いる可能性が高いです。そのせいかあなたが、応募したい会社を見つけても、転職エージェントの担当者が「可能性が薄い」と判断すれば応募してくれないこともかなりありますし、企業から見て自分よりも有能なライバルがいれば、そちらの人を優先することもあります。
退職・転職の囲み記事

世の中は変化していてスマホを使えばわかるけどネットのエリアには…

どうもPCは便利でネット上には、いわゆる「転職のためのサイト」に類するものがかなりの数点在しています。サイトから自分が欲している転職先というのを見つけるためには、まずは情報を集めることをしましょう。「転職サイト」をきっちり使うことで、スムーズな転職が叶えられるはずです。
退職・転職の囲み記事

求人に関係する情報を見る際、「オフィス系の仕事をしたい」と考えている人ほど…

求人に係る情報を見る際、例えば、「デスクワークがしたい」という人は、はなから製造業をあまりチェックしていません。そんな人は「製造業は製造マンの求人だけだ」と早合点していることが少なくありません。実際に、製造業の求人であっても経理、総務、人事といった人材募集に加え、資材、購買、営業管理のような「オフィス系」に分類される役職もかなり存在します。
退職・転職の囲み記事

近年では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようにな・・

現代では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり、労働条件に対する取り締まりが強くなったり、社名が公表されるなど不利益を被るシステムができてきましたが、完全とは言い難いというのが現状です。実は、面接で見破ることが可能です。ともかく、求人票等に書かれている労働条件を覚えておき、ひとつひとつの項目について、あれこれ質問していきましょう。