退職・転職の囲み記事

転職エージェントは大規模なものに限って、たくさんの案件が・・

大規模な転職エージェントに限って、豊富な案件を持っているという強みがあるといえますが、それと同時に転職希望登録者も大勢いる可能性が高いです。そのせいかあなたが、応募したい会社を見つけても、転職エージェントの担当者が「可能性が薄い」と判断すれば応募してくれないこともかなりありますし、企業から見て自分よりも有能なライバルがいれば、そちらの人を優先することもあります。
退職・転職の囲み記事

世の中は変化していてスマホを使えばわかるけどネットのエリアには…

どうもPCは便利でネット上には、いわゆる「転職のためのサイト」に類するものがかなりの数点在しています。サイトから自分が欲している転職先というのを見つけるためには、まずは情報を集めることをしましょう。「転職サイト」をきっちり使うことで、スムーズな転職が叶えられるはずです。
退職・転職の囲み記事

求人に関係する情報を見る際、「オフィス系の仕事をしたい」と考えている人ほど…

求人に係る情報を見る際、例えば、「デスクワークがしたい」という人は、はなから製造業をあまりチェックしていません。そんな人は「製造業は製造マンの求人だけだ」と早合点していることが少なくありません。実際に、製造業の求人であっても経理、総務、人事といった人材募集に加え、資材、購買、営業管理のような「オフィス系」に分類される役職もかなり存在します。
退職・転職の囲み記事

近年では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようにな・・

現代では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり、労働条件に対する取り締まりが強くなったり、社名が公表されるなど不利益を被るシステムができてきましたが、完全とは言い難いというのが現状です。実は、面接で見破ることが可能です。ともかく、求人票等に書かれている労働条件を覚えておき、ひとつひとつの項目について、あれこれ質問していきましょう。
退職・転職の囲み記事

転職における面接に転職したい会社へ訪ねました。

転職における面接に転職希望の会社へ行きました。会社の部屋がすべて他の客でつまっているということで外のとある場所で待ち合わせて採用面接を行って、その場で解散をして、面接をした方もそのまま自宅直帰されるとのことでしたが、偶然にも下りる駅が私と同じだったのです。
退職・転職の囲み記事

求人についての情報を見てみると、大部分の職場では月の給与が明記されています。

求人についての情報を見てみると、まともな会社では月の収入の記載に目が行きますよね。ただしこの月収の欄を調べれる時には、値だけでわかってしまってはいけません。というのは場合によっては、月収の中に「毎月10時間の残業」が条件になっているかもしれません。何が問題かというと残業代の金額を含めて魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしているケースも少なくないのです。
退職・転職の囲み記事

再就職をしようと考えていても全部が順調に運ぶという保証はありません。

仮に再就職を目指そうとしても、全部が首尾よく運ぶと断言はできません。可能であれば、いつか転職するつもりなら出来るだけ早い時期に変えてしまった方が良いです。それには少なくとも30代前半までは有利に働きますが、30代後半~40代に入ってしまうと転職活動は、相当に厳しくなります。
退職・転職の囲み記事

在職期間にあるときは、出来るだけ周りの人間にバレないように…

在職期間中は、できるだけ周囲にバレないように(私のときは)在職中に転業したいという気持ちのみを早期に会社内で言ってみたことがあります。だが、その顎、転職サイトを色々とチェックしてみたのですが、思いとは裏腹に就職する仕事を変えるタイミングさえも計画も立てずに決まらないまま、時間を空費する結果に。そしてその傍ら、社内では業務の引き継ぎ、諸々の手続き、退職日などが決定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で就職先を探していく」という、お粗末な状況になってしまいました。
退職・転職の囲み記事

今まで私は、「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」に通っていました。

今までの私は、「転職サイト」を活用するより、いつも「ハローワーク」に通っていました。どうしてかというと、有名な「転職サイト」は、構造上、都心の求人情報しかないからです。そのため、新しい職場を探す時は、いつも「ハローワーク」を使っていました。やっぱり、人気の転職サイトに掲載されている求人よりどうしても知名度は低くなってしまいますが、古くから地域に寄り添った企業が多く、自分に適した職が探しやすくなります。
退職・転職の囲み記事

今の時代は株や不動産投資等の不労所得で生活資金を得た…

この頃では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得、あるいは個人事業や起業を目指す人も増えています。そのような移り変わりもあり、「雇用されて働くこと以外は不安定だしキケン」といった常識も変わってきています。高度経済成長の頃には、将来が不安定な株式投資、自営業といった稼ぎ方よりも組織の一員のほうがはるかに安定性があり、人生の正しい進路として、またそれが自然のことのように一般の人々に広まっていました。