退職・転職の囲み記事

退職・転職の囲み記事

そのうち転職を希望しているのなら、今現在の職場・業・・

来週からでも転職をするに当たっては、今いる業務で感じている不満点をリストアップしてみましょう。これは当然できていると思われますが、意外とできてないです。不平にガマンできないから転職しようと思っているはずです。が、「しっかりと現在の仕事や業務の客観的にみた不満なことを挙げる」ことを大半の人はやっていません。
退職・転職の囲み記事

転職サイトや転職エージェントを使って、転職活動を行う人は大勢います。

転職サイトや転職エージェントを用いて、転職活動すること自体、一般化してきました。としても、より転職の可能性を高めたいなら、それに加えて転職フェアを活用することをおすすめします。多くの企業が一堂に会し、参加すれば多くの企業に関する情報を得ることができ、それだけでなく、常駐するスタッフ(説明員など)から、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。
退職・転職の囲み記事

転職エージェントは大規模であるほど、様々な案件を持って・・

転職エージェントは大規模であるほど、たくさんの案件を抱えているという魅力がありますが、反面、競合する転職希望者も多いです。それゆえにあなたが、応募したい会社を探し出しても、担当スタッフが望みがないと判断すれば応募してもらえない場合もありますし、会社から見て自分よりも評価の高い人がいれば、その人を優先しやすいのです。
退職・転職の囲み記事

世の中は変化していてスマートフォンを見ればネットで見られる世界では…

世の中は便利になったものでPCやスマホで調べればインターネット上では、今では「転職のためのサイト」に類するものが多くて困るくらいいっぱい存在しています。その多くのサイトから自分自身に合った転職先を見つけたいなら、まず、情報を収集することが必要です。このような転職サイトを上手く使いこなすことで、効率的に転職が叶えられるはずです。
退職・転職の囲み記事

求人情報をチェックする際、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思う人ほど…

求人誌をチェックする折、例えば、事務系の仕事がしたいからと、製造業の項目を読み飛ばしていたりするものです。そんなことをする人は「製造業は製造マンの求人募集だけだ」と誤解しているはずです。実際に、製造業での求人でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、総務といったスタッフ募集に加え、資材、購買、営業管理などの「オフィス系」に分類されるお仕事も多数あるのです。
退職・転職の囲み記事

最近では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、…

今日では、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件についての取り締まりが強化されたり、会社名が公表されたりと不利益を被る仕組みが出来てきましたが、完全には程遠いといえます。したがって、面接で見破る必要があります。まずは求人票等に書かれている労働条件を覚えておき、怪しい点について堂々と質問しましょう。
退職・転職の囲み記事

転職の面接にとある会社に行ったときのことです。

転職のための面接にとある会社に赴きました。たまたまその会社で部屋が空きがないというわけで会社外部で面接担当の人と待ち合わせて面接をして、その場で解散し、面接担当者も会社には帰らず自宅に直帰されるとのことでしたが、ビックリしたのは自宅最寄駅が私と同じ。なので電車内においても面接官とずっとおしゃべりをしながら帰宅することになって、おかけですっかりリラックスして面接の時よりも話が弾み、それが功を奏したのか無事に採用を勝ちとることができました。
退職・転職の囲み記事

求人についての情報誌やサイトを見てみると、大部分の場合…

求人関連の情報では、ほとんどの場合、まともな企業では月収等が記載されています。だけれどもこの月収の欄をチェックする時には、注意して確認する事が大切です。額の多い少ないだけを見て納得しないほうが無難です。実は案件によっては、月収の金額の中身が月10時間残業の場合を含んでいるかもしれません。
退職・転職の囲み記事

仮に再就職しようとしても万事都合よく運ぶ確証はどこにもありません。

実際に、転職活動をはじめたとしても全部がうまくいくという保証はありません。できればそのうちに転職するつもりならあなたの年齢が若いうちになるべく早く行動に移すほうが良いでしょう。普通は、30代前半まではかなり有利ですが、残念なことに、30代後半~40代に突入すると転職活動は、厳しいものと考えておくべきです。
退職・転職の囲み記事

在職期間にあるときは、できるだけ気づかれないように…

在職中であるのなら、できれば周囲にバレないよう(私の場合)前職中に転身したいという意思表示のみを早いうちに会社内で言ってみたことがありました。けれども、その後に求人を散々探してみたものの、思いとは裏腹に転職先も時期など、無計画なまま煮詰まっていないまま知らぬ間に時間が過ぎてしまいました。そして一方の会社の方も仕事の引き継ぎや手続き、自身の退職日などが確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、就職先を見付ける」という、なんともお粗末な結果になってしまいました。